年収1000万円でも幸福度が上がらない理由3選【非地位財の重要性】

お金を稼ぐ

転職がうまくいって、年収1000万円に到達した!副業でも300万円稼げているのに、あんまり幸せに感じない。資産を増やして行って、本当に幸せになれるのかモヤモヤする

こんにちは!Risaです。

FX歴10年の管理人が、年収1000万円でも幸福度が上がらない理由3選について解説します。

結論から言うと、下記の罠に引っかかっています。

・税負担が多くなる
・お金が増えても生活の質は向上しない
・地位財に振り回されている

本記事で分かること
・年収1000万円でも幸福度が上がらない理由3選
・日本の罠
・罠から抜け出す方法

稼げば稼ぐほど幸せになると言う勘違い

日本では稼げば稼ぐほど、税負担が多くなります。

年収別に比較してみましょう。

・年収400万円の手取りは、320万円程度
・年収1000万円の手取りは、740万円程度

年収600万円の差があるのに、手取りの差は420万円しかありません。

なぜなら、所得税・社会保険料で給料を吸い取られてしまうからです。

そのため、思ったより生活は楽にならないのが現実です。

 

資産が増えても生活の質は上がりません。

年収が伸びれば伸びるほど、幸福度の伸びは緩やかになります。

例えば、年収100万円の人が年収300万円に上がると、幸福度はめちゃめちゃ上がります。

一方で、年収800万円から年収1000万円に増えても、幸福度は大して上がりません。

先進国である日本では、所得の絶対額が増えても、幸福度はそれほど上がりません。

アメリカや日本の研究では、年収800万円くらいから幸福度が上がらないと言う結果も出ています。

 

地位財と非地位財について

下記の例で比較してみてください。

・Aの世界線:あなたは年収800万円
       みんなは年収1000万円
・Bの世界線:あなたは年収600万円
       みんなは年収300万円

 

いかがですか?どっちの世界線が良いでしょうか?

私はBの世界線が良いです。

なぜなら、周りと比較して、Aの世界線だと、私は低所得者になります。

Bの世界線では、みんなの2倍の収入があるため、勝ち組ですよね。

このように、数字の絶対額だけでみると、Aの世界線の方が良いのですが、Bの世界線の方が幸せに感じます。

これは、「年収」と言うものの価値が、他者との比較によって決まるからです。

「他者より多いことに意味・価値がある」資産のことを、地位財と呼びます。 

 

もう一つ例を出してみます。

・Aの世界線:あなたの休暇は年4週間
       みんなの休暇は年6週間
・Bの世界線:あなたの休暇は年2週間
       みんなの休暇は年1週間

どちらが良いでしょうか?

こうなると、先ほどの例とは違って、Aの世界線の方が幸せだと言うと思います。

つまり、休暇に関しては、周りと比較することはなく、絶対的に多いかどうかが重要なのです。

休暇だけでなく、健康・自由・愛情なども同様です。

このように、「他社との比較で決まらない」資産のことを非地位財と呼びます。 

 

年収1000万円でも幸せを感じられない理由

ずばり、「地位財の競争にハマってしまっているから」です。

年収1000万円に人の周りには、年収1000万円くらいの人がたくさんいるのです。

同じ会社の同僚・上司、居住地の御近所さんなど。

生活水準が似た人が集まると、年収1000万円は普通になってしまいます。

それどころか、周りに合わせて、子供を良い学校に通わせたり、良い車に乗ったりします。

そうしないと「貧乏人扱い」されるからです。

 

さらにその中で抜きんでた金持ちがいると、自分の格付けはさらに下がります。

例えば、一般的には高級車扱いのベンツやBMWは、港区とか高級タワマン界隈では、「貧乏人の乗り物」とすら言われています。

本当に金持ちが乗っているのは、ロールスロイスやベントレーと言った超高級車です。

庶民界隈だと、ベンツは高級車ですが、高級住宅街ではベンツは普通の車と言うことになります。

 

地位財の獲得競争には終わりがない

本能の赴くままに生きると、競争は永遠に終わりません。

なぜなら人間には、本能的に「マウンティング」するように仕込まれているからです。

マウントされて嬉しい人はいますでしょうか?

普通はいないです。気分が悪くなりますよね。

気分が悪くならないように、「競争」するのです。

つまりコミュニティの中に「マウントを取りたがるひと」がいると、生活のコストが上がります。

 

だからお金持ちの中には、あえて高級住宅街に住もうとしない人もいます。

競争に巻き込まれずに済むから。

もちろん本人も自分がお金持ちと言うことを隠して、生活しています。

このように平穏にまちに溶け込んでいる、お金持ちもいらっしゃるのです。

 

地位財の競争に巻き込まれるとどうなるのか?

非地位財を手に入れるための時間・お金がなくなって幸福度が下がります。

非地位財とは下記の通りです。

・しっかり休暇をとる
・健康のために活動する
・家族・友人と遊ぶ
・自分らしく自由に生きる

 

こう言ったことを追求できなくなります。

年収1000万円以上の人でも、非地位財を持っていない人は、幸福度が低いのです。

年収1000万円のゆとりを感じられないほど、競争し続けないといけない状況になっているのかもしれません。

その上、時間はないのですから、非地位財は手に入りません。

だから幸福度が高まる訳がないのです。

 

まとめ

年収1000万円でも幸福を感じられない理由についてまとめました。

主な理由は下記の通りです。

・税負担が多くなる
・お金が増えても生活の質は向上しない
・地位財に振り回されている

特に地位財の競争に巻き込まれてしまうと、幸せの源である非地位財を手に入れられなくなるため、幸福度は下がります。

そのため、他人と比較できる地位財を追求するのではなく、他人と比較できない非地位財を追求することに全力を尽くしましょう。

そうすることで、幸福度が高まり人生のゆとりが生まれてくるでしょう。

 

 

コメント