年収100万円未満で幸せに暮らす方法【生活費を抑えましょう】

お金を稼ぐ

働くことが苦痛すぎる。昇級や出世にも興味はないし、自分で起業しようとも思わない。なるべく仕事をしないで生きていく方法ってないのかなぁ?

こんにちは!Risaです。

FX歴10年の管理人が、年収100万円未満でも幸せに暮らす方法について解説します。

結論からいうと、生活費を抑えましょうということです。

本記事で分かること
・年収100万円未満で暮らす方法
・年収100万円未満で生活している人の体験談
・年収100万円を稼ぐ方法

結論:生活費を抑えた生活にすれば良い

生活費を抑えると下記のようなメリットがあります。

・無理に働く必要はない
・投資も必要ない
・貯金も必要ない
・思いっきりダラダラできる
・生きるための全てのハードルが下がる

 

学校では教わらない内容ですが、会社にしがみついて働く必要はありません。

生きていくためには年収100万円くらいあれば十分なのです。

実際に年収100万円未満で幸せに暮らしている人も大勢います。

今回はそういう人たちがどんな暮らしをしているのか見ていこうと思います。

 

そもそもなぜお金を稼がないといけないのか?

生きていくために何かと交換するために、お金が必要です。

家賃・食事・光熱費・服・通信費・交通費などですね。

お金が全てだとは言わないですが、とても大切なものです。

お金がないと不便で困っちゃいますよね。

やっぱり生活に必要な物が買えないから。

だからお金を稼がないといけないのです。

 

生活費を抑えると収入が低くてもOK

収入より生活費の方が低い状態を作り出せば、とにかくOKです。

毎月の収入の方が多いだけで良いのです。

その収入はなんでもOKです。給料・事業所得・配当金・FX投資・不動産の家賃・年金などなんでも大丈夫です。

 

ここで生活費が高い場合を考えましょう。

下記のようなデメリットがあります。

・週5で働かないといけない
・残業しないといけない

 

さらに深掘りすると、週5で働くから時間が無くなりますし、残業をするから体も心も疲れて更に時間が無くなる状態になります。

だから経済的にも時間的にも自由を達成するために、生活費を下げることが重要になるのです。

例えば、生活費が月8万円だとすると、収入は月9万円で大丈夫なのです。

このように生活費を下げるだけで、働く必要が無くなっていきます。

 

生活費を抑えることのメリット

下記のようなメリットがあります。

・稼ぐ金額が少なくて済むから、たくさん働かなくて良い
・不労所得で生活費を賄えれば、働かなくて良い
・特別なスキルを学ばなくても良い
・起業するなんて難しいことをしなくて良い
・すぐに自由な時間が手に入る

 

生活費を抑えるだけで、たくさん働く必要が無くなります。

その分、自由な時間が増えるので、趣味に時間を使ってもよし!ダラダラと過ごしてもよし!副業で稼いでもよし!

人生の自由度が高まります。

実は、「絶対に欲しい物」がなければ、そこまでお金が必要ないことが分かると思います。

 

生活費を抑えるにも限界がある

そうは言っても、生活費を抑えるにも限界があります。

人によっては「ドケチ生活は嫌!」「現実的に無理でしょ?」と思っていると思います。

田舎に住んでも、家賃は1万円以上はするでしょう。

家に住んでいる限り、光熱費も発生しますよね。

スマホで友人と連絡をとるために通信費もかかるでしょう。

しかし、実際に年間100万円以下で暮らしている人もいます。

ここからは、その仙人のような人たちを紹介しましょう。

 

年収100万円のモデルケース

年収100万円未満で生活している人の考え方を、少し覗いてみましょう。

 

大原扁理さんのケース

・25歳から東京で週2バイトで隠居生活
・年収100万円未満で6年間暮らす
・必要なだけ働けば満足という考え方

年収90万円でハッピーライフ (ちくま文庫) | 扁理, 大原 |本 | 通販 - Amazon.co.jp
Amazonで扁理, 大原の年収90万円でハッピーライフ (ちくま文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。扁理, 大原作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また年収90万円でハッピーライフ (ちくま文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

年収90万円で、誰よりもハッピーに暮らす方法が書かれています。しかも東京で。

ハッピーライフの基本とは、自分の暮らしの実感を大切にすること。

今より少し楽に生きるためのカンペです。

ポイントは下記の通りです。

・物欲を減らしましょう
・工夫して生活しましょう
・欲しい物ではなく、必要な物を買いましょう
・必要最低限働きましょう。

この本の中で一番好きな言葉は、「好きなことで生きていくんじゃなくて、嫌なことで死なない」です。

これからの生き方のヒントが多いと思います。

 

人生よよよさんのケース

・高校卒業後、すぐに就職
・投資元本1700万円を11年かけて貯めてセミリタイア スタート
・月5万円以内で生活するときもある
・嫌なことは全部世間の大人に押し付けて一生ダラダラする

セミリタイア老師 人生よよよのゆったり余生セミリタイアブログ
後進の育成も終わり、ひたすら死を待つブログ

 

ブログで生活の様子を公開されているので、読みやすいと思います。

セミリタイアした1年目の現実が分かります。

また人付き合いが苦手な人の苦悩だったり、セミリタイアに踏み切った理由が参考になるのではと思います。

 

生活費を抑えた暮らしとは?

経済的豊かさよりも、時間的豊かさや心の豊かさを重視した暮らし方です。

「目の前にある物を受け入れて、それを大切にして暮らす」という考え方です。

例えば、、、

・野道を散歩する
・友人とおしゃべりする
・図書館で本を借りる
・畑を耕す
・植物を育てて自給自足する
・時間が余れば創作活動をする

 

時間が余ってくるので、自分の好きなことをやることができます。

人生でやりたい事があっても、お金がかからない事なら、「自分の幸せに本当に必要な物」を見極めると良いです。

そのためには、生活費を抑えて働く時間を減らしましょう。

すると時間が増えてやりたい事ができるようになります。

ハッピーですね!

 

まとめ

まずは自分が「何のために稼ぐのか」を明確にしましょう。

・自由に暮らしたい
・家族との時間を大事にしたい
・良い物を食べたい
・幸せになりたい

いろいろあると思いますが、生活費<収入を実現できているなら問題ないです。

ですが、生活費を抑えるのはやり方の一つにすぎません。

収入を増やせば生活費を抑える必要はないですし。

王道ステップは、労働で得た収入を不労所得(投資)に回すことです。

各々の人生観に合わせて工夫すれば良いので、まずは「何のために稼ぐのか」を考えると良いでしょう。

 

 

コメント