適切な生活とは?【身の丈に合わない生活をしている人の末路】

お金を稼ぐ

高級な車に乗りたい!時計とか靴とか買いたい!でも収入がそんなにないから、身の丈にあった生活を続けた方が良いと思うんだけど、どうなんだろう?

こんにちは!Risaです。

FX歴10年の管理人が、身の丈に合わない生活をしている人の末路について解説します。

本記事で分かること
・適切な生活とは
・身の丈に合わない生活をしている人の末路

1990年代の「身の丈にあった生活」とは

1990年代くらいの身の丈にあった生活と言うのは、収入=支出の生活です。

収入を全て使い切っても、人生設計が成り立った時代です。

しかし現代はそれが通用しません。

1990年代の身の丈にあった生活と、現代の身の丈にあった生活は、全く別物になっています。

 

つまり、収入の範囲内に収まる生活をするのが、「身の丈にあった暮らし」なのです。

借金をして生活をするのは身の丈にあっていません。

また、逆に収入を大きく下回る生活も身の丈にあっていないと言えます。

これが世間的な1990年代の「身の丈にあった暮らし」です。

 

少子高齢化時代になり、人生設計が変わってきている

老後生活を支えてきていた、終身雇用や退職金がなくなってきています。

なぜなら、お金が高齢者に集まっているからです。

さらに高齢者はどんどん増えていくだけなので、考え直す必要があります。

あるだけ使っていると、必ず崩壊する時がきます。

つまり、収入=支出だと通用しなくなるのです。

 

そのため、昭和時代の生活をするのが、もはや無理です。

❌収入以上の生活を送るのもダメ
❌収入=支出の生活を送るのもダメ
⭕️収入の80%未満で暮らすのが、現代版身の丈にあった生活

収入の100%を使って生活するのが、当たり前の人には辛いかもしれません。

しかし、実践している人は、無理に生活しているのではなく、必要な物だけお金をかけているのです。

そのため、満足度は高いまま、今までの生活を送ることができています。

 

あまりの20%はどうする?

余った20%は投資に回しましょう。

例えば、本を買って、スキルアップしたり、副業の元手にしたり、不動産投資の頭金にしたり、株に投資したりすると良いでしょう。

 

世の中の価値観は、この考え方とは相反します。

そのため、批判も大きいと思います。

なぜなら「消費額が大きい人は偉い・すごい・羨ましい」と考えているからです。

また、個人資産を溜め込もうとする行為(不動産をたくさん保有するなど)も反発を受けるでしょう。

しかし、お金を金庫に預けているだけではなく、キャッシュフローが回るため、経済的に貢献しています。

なので、これからの日本で暮らすには、収入の80%で生活をし、20%を投資に回すことで、身の丈にあった生活を送ることができますし、経済に貢献することもできます。

 

身の丈に合わない生活をした人の末路

下記のことが起きるでしょう。

・一生漠然とした不安に襲われる
・想定外のことが起きたら人生終わり
・死ぬまで働き続ける

それぞれ解説します。

 

一生漠然とした不安に襲われる

人間は直感に優れた生き物なので、漠然とした考えには、何かしら理由があります。

うまく言語化できないだけで、「このままではまずい」と言うことが本能的に分かります。

・雇用が保証されなくなる不安
・雇用を失った時、仕事がなくなると言う不安
・働くのをやめたら、今の生活を維持できないと言う不安
・死ぬまで働き続けないといけない不安

 

このようにお金と雇用とは関係があります。

もし、好きな仕事(もしくは嫌いじゃない仕事)で食べていける保証ができたのなら、お金の心配をする人は一気に減ります。

しかし現在はそのような保証はありません。

だから「身の丈にあった生活」をして、お金をためながら不労所得を増やす必要があるのです。

 

想定外のことが起きたら人生終わり

もし、あなたが給与所得一本だけで生活しているなら、非常に危険です。

さらに収入=支出の状態だと、崖っぷちです。

なぜなら下記のような想定外のことが起きた時、人生が終わってしまうからです。

・給与・賞与のカット
・リストラ
・親の介護のための退職
・怪我・病気での長期休職

 

いつもの生活ができなくなると、収入がなくなります。

だから危険なのです。

2019年はリストラの規模が1万人を超えました。

介護を理由に退職する人は、年間10万人にもなっているそうです。

今のご時世を考えると、他人事では済まされない人が多いでしょう。

そのため、給与所得一本で生活している人は、他の収入を作った方が良いでしょう。

誰もあなたの生活を守ってくれません。

 

死ぬまで働き続ける

1990年代の身の丈にあった生活を続けると、死ぬまで働き続けることになります。

すでに今も60代の人が働き続けることを選んでいます。

数字にすると、71.9%の高齢者が働き続けることを希望しているそうです。

そのうち、28.9%の人は、「働き続けられる限り働きたい」と言っています。

 

また、最近では70歳定年化も進んでいます。

私は働き続けることは否定しません。

それが生きがいになっている人もいらっしゃいますので。

しかし、「働きたいから働く」のと、「働きたくないのに働かざるを得ない」のでは、全く状況が違います。

働かないと言う選択を得るためには、「身の丈にあった生活」をする必要があるのです。

 

まとめ

身の丈にあった生活の定義を見直しましょう。

1990年代の生活は収入=支出の状態でした。

しかし終身雇用や退職金のシステムが崩壊しかけています。

今、人生100年生きるためにやれることは、収入の80%を生活費に回し、残りの20%を投資に回すことです。

将来働かなくてもいい選択肢を残すためにも、今から生活を見直すことが必要なのです。

 

 

コメント