VantageFXの特徴と評判・ボーナスやスプレッドのレビュー

海外FX

VantageFXの特徴と評判・ボーナスやスプレッドのレビュー

vantagefx 評判

VantageFX(バンテージFX)の特徴や評判・口コミについて調査したので紹介していきます。

VantageFXは2022年に日本へ再進出をしたオーストラリア拠点の海外ブローカーです。

まだ実績は少ないですが、スプレッドが狭く、ボーナスも豊富なのでおすすめの業者です。

VantageFXの公式サイトはコチラ

 

↓海外FXランキング2022年最新版はコチラ

VantageFXとはどんな会社?

サービス名 VantageFX
会社名 Vantage Global Limited
住所 1st Floor, Icount Building, Kumul Highway, Port Vila, Vanuatu
電話番号 (+678)22159
設立 2009年
金融ライセンス バヌアツ(VFSC)
ライセンス番号:700271
グループ会社/ライセンス Vantage International Group Limited/ケイマン諸島
Vantage Global Prime Pty Ltd/オーストラリア
WEBサイト https://www.vantagejapan.com/
問い合わせ https://www.vantagejapan.com/contact-us/

VantageFX(バンテージFX)は2009年設立のバヌアツに金融ライセンスを持つ海外FX業者です。

オーストラリアを拠点に活動し、マレーシアにもオフィスを構えて運営を行っています。

2020年に一度日本から撤退をしていますが、2022年に新しくマレーシアオフィスも設置し、日本を含めたアジアの開拓に力を入れ始めています。

 

当サイトのVantageFXの評価

VantageFXの総合評価:68点/100点

口座開設ボーナス 入金ボーナス キャッシュバック レバレッジ スプレッド
10点 5点 0点 8点 9点
ロスカット ゼロカット スキャルピング 日本語対応 ライセンス/補償
6点 7点 10点 3点 10点

メリット:口座開設ボーナスの金額大きい。ボーナスがあるにも関わらずスプレッドが狭い
デメリット:2022年日本に再進出のため、サポート体制がまだ整っていない

口座開設ボーナス:1万円
入金ボーナス:初回:5万円まで入金50%+それ以上は入金20%、2回目以降は入金20%(上限100万円)
キャッシュバック:なし
レバレッジ:1,000倍
スプレッド:ドル円0.82pips、ユーロドル0.75pips
ロスカット:50%
ゼロカット:採用(サポートに申請が必要)
スキャルピング:可能
日本語対応:メールサポートは日本語だがチャットは日本語非対応
ライセンス/補償:バヌアツ(VFSC)、全額補償
情報提供元:VantageFX公式サイト

当サイトの VantageFXの評価は、2022年日本に再進出のため、サポート体制はまだ整っていないようですが、全体的な仕様としては非常にハイスペックだと思います。

スプレッドが非常に狭く、AxioryやTitanFXよりも狭い通貨ペアが多いにも関わらず、口座開設ボーナスが1万円もあり、入金ボーナスもあります。

入金ボーナスは初回50%(5万円まで)+20%(5万円以上の場合)、2回目以降は入金20%とやや少なめの印象ですが、総合的な仕様は非常に高いです。

 

安全性の評価:

3.0

VantageFXが無事に出金できるか調査しましたが、出金に関するトラブルは無さそうですが、出金に3日間ほどかかる口コミが表示多かったです。

VantageFXは2020年に一度撤退しているので、出金の対応などがキッチリ整備されていなかったのかもしれません。

2022年以降も、まだ口コミが少ないため、今後の情報を継続的に見ていく必要がありそうです。

 

VantageFXの評判と口コミ

TwitterでVantageFXの評判を調査したところ、情報量は多くないですが、ボーナスを使って利益を出し、無事に出金できた報告や、スプレッドが狭い口コミもありました。

スプレッドは24時間計測をして調査してみましたが、全体的に狭く、メジャー通貨ペアだけでなくマイナー通貨ペアやゴールドなど、全体的に狭いスプレッドとなりました。

ボーナスもあるので、ぜひ一度利用してみると良いでしょう。

 

VantageFXの特徴とメリット

VantageFXの特徴とメリットを紹介します。

レバレッジは1,000倍

Standard口座 Raw口座 Pro口座
1,000倍 1,000倍 1,000倍

VantageFXは全ての口座で最大レバレッジが1,000倍となっています。

1,000倍のレバレッジは非常に高いので、通常の1,000分の1の資金でポジションを持つことができます。

レバレッジはどの口座も同じなので、最低入金額やスプレッドなどで口座タイプを選ぶようにしましょう。

※レバレッジ1,000倍の場合、入金ボーナスがもらえなくなるので、少し低めのレバレッジにするのがおすすめです。

 

ボーナスは口座開設ボーナスと入金ボーナスの2種類

口座開設ボーナス 入金ボーナス
ボーナス額 1万円 入金の50%(上限5万円)※初回のみ
入金の20%(上限95万円)
有効期限 90日 なし
出金 利益の出金2万円まで 利益の出金のみ

VantageFXのボーナスは口座開設ボーナスと入金ボーナスの2種類があります。

口座開設ボーナスは1万円ももらえるので、上手くトレードをして資金を増やしていきましょう。

ボーナスの出金はできませんが、利益の出金は2万円まで可能となっています。

入金ボーナスは初回が5万円までの50%+それ以上は20%、2回目以降は入金20%のボーナスがもらえます。

合計100万円のボーナスを受け取ることが可能です。

レバレッジの箇所にも書きましたが、レバレッジ1,000倍にすると入金ボーナスがもらえないので、レバレッジは少し低めに設定するようにしましょう。

> VantageFXの口座開設ボーナスと入金ボーナスキャンペーン

 

スプレッドは全体的に狭い

Standard口座 Raw口座
USDJPY 1.43pips 0.82pips(0.22)
EURJPY 1.63pips 1.02pips(0.42)
GBPJPY 2.31pips 1.69pips(1.09)
AUDJPY 2.08pips 1.49pips(0.89)
NZDJPY 2.33pips 1.66pips(1.06)
EURUSD 1.25pips 0.75pips(0.15)
GBPUSD 1.58pips 0.97pips(0.37)
AUDNZD 2.25pips 1.68pips(1.08)
AUDUSD 1.52pips 0.92pips(0.32)
XAUUSD 2.47pips 1.60pips(1.00)

(カッコ内)は取引手数料を除いたpips数(取引手数料:往復6ドル)

VantageFXのスプレッドを24時間計測しましたが、全体的に非常に狭いスプレッドとなりました。

AxioryやTitanFXと比較しても、それより狭いスプレッドとなったので、かなり狭いです。

スプレッドについて詳しくは別ページで紹介していますが、ゴールドなども狭いので、非常におすすめです。

> VantageFXのスプレッド一覧 最大・最小スプレッド

 

ロスカット水準は50%でやや高い

Standard口座 Raw口座 Pro口座
マージンコール 100% 100% 100%
ロスカット 50% 50% 50%

VantageFXのロスカット水準は50%となり、やや高めの水準となっています。

マージンコールは証拠金維持率100%になると連絡が来ます。

ロスカット水準が少し高めなので、あまり無理なハイレバトレードをしないように気を付けましょう。

 

口座タイプは3種類

スタンダード口座 RAW口座 PRO口座
ボーナス もらえる もらえる もらえる
レバレッジ 1,000倍 1,000倍 1,000倍
スプレッド 普通 狭い さらに狭い
手数料 0ドル 6ドル/往復 3ドル/往復
最低入金額 200ドル 500ドル 1万ドル

VantageFXの口座タイプは3種類あり、PRO口座、RAW口座、スタンダード口座の順番でスプレッドが狭くなっています。

その代わり、最低入金額がPRO口座は1万ドル、RAW口座が500ドル、スタンダード口座が200ドルとなっています。

それ以外は仕様は同じなので、入金できる金額によって、口座タイプを選ぶようにしましょう。

 

両建ては同一口座のみOK

同一口座 複数口座 別業者
可能 禁止 禁止

VantageFXの両建ては同一口座のみ止められていて、複数口座の両建てや別業者を使った両建ては禁止になっています。

ボーナスを使った両建てをすると利益の没収になる可能性もあるので、止めておきましょう。

また、自動売買などを複数口座で稼働する時は、両建てにならないように、通貨ペアを考えて稼働させるように気を付けてください。

 

ゼロカットは手動でおこなわれる

VantageFXはゼロカットシステムを採用しているので、マイナス残高が発生した場合でも追証をする必要がなく、VantageFXがマイナス分を補填してくれます。

ゼロカットは自動ではおこなわれず、手動での実行になるので、マイナス残高になったらサポートに連絡をしてリセットしてもらいましょう。

リセットされる前に入金してしまった場合は、マイナス分は補填されないので、入金する前に必ずサポートに連絡を取るようにしてください。

 

スキャルピングや自動売買もOK

VantageFXはノーディーリングデスクを宣言しており、スキャルピングや自動売買を無制限におこなうことができます。

スキャルピングや自動売買は制限されていないので、自由にやり取りが可能です。

 

VPSの毎月最大50ドルの資金補助制度あり

VPS資金補助制度の条件
・1000ドル以上の入金
・毎月請求書をアップロード

VantageFXではVPSの貸し出しではないですが、ご自身でVPSを借りて、その料金を毎月最大50ドルまで資金補助してくれる制度があります。

VantageFXに1000ドル以上の入金が必要なのと、毎月請求書をアップロードする必要がありますが、VPS会社を自由に選ぶことが可能です。

もしVPSを利用している人はVantageFXを利用しながら、VPS費用を補助してもらうと良いでしょう。

 

信託保全はオーストラリアのコモンウェルス銀行

VantageFXは信託保全を採用しているので、万が一VantageFXが倒産した場合でも、トレーダーへの資金は確保されて返金される仕組みになっています。

オーストラリアのコモンウェルス銀行に信託口座を設けているので、万が一の場合でも安心です。

 

VantageFXのデメリット・注意点

VantageFXのデメリットと注意点です。

 

日本での実績が少ない

VantageFXは日本での実績が少なく、2020年に日本に進出し、わずか数ヶ月で撤退をしています。

その後、2022年に再進出をしていますが、まだ実績が少ないため、良い情報・悪い情報が少ないのが現状です。

 

サポート体制が整っていない

VantageFXは日本に再進出したばかりになるため、サポート体制が整っていない状態です。

メールサポートは日本語で返ってきますが、チャットは日本語ではなく、翻訳機能を使った回答となりました。

今後、日本へのサポートがもう少し整うように期待したいところです。

 

まとめ

VantageFXの特徴や評判・口コミを紹介して来ました。

VantageFXは2020年に進出した時もスペックの高さからファンが多かったですが、今回、2022年に再進出をしてボーナスキャンペーンも豊富になっています。

スプレッドが狭いにも関わらずボーナスが豊富なので、ぜひ利用してみると良いでしょう。

VantageFXの公式サイトはコチラ