海外FX業者HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)の評判は?おすすめの人や注意点についても解説!

海外FX

海外FX業者HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)の評判は?おすすめの人や注意点についても解説!

みなさんは、最大1,000倍の超ハイレバレッジ取引や豪華なボーナスキャンペーンで人気を得ているHF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)という海外FX業者をご存知でしょうか?

「HF Marketsという海外FX業者の名前は聞いたことがあるけれど、実際の評判はどうなの?」
「HF Marketsの利用がおすすめな人はどんな条件に当てはまる人なの?」

この記事を読んでいる方は、きっとこのような悩みを抱えていることでしょう。

そこで今回は、海外FX業者HF Marketsの評判について徹底解説していこうと思います!
HF Marketsがおすすめな人の条件や利用時の注意点についても解説しているので、是非参考にしてくださいね。

この記事を読んでわかること
  • HF Marketsの基本情報
  • HF Marketsのメリット・デメリット
  • 評判からわかったHF Marketsがおすすめな人
  • HF Markets利用時の注意点
目次

HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)とは

それではまずは、HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)の基本情報について確認していきましょう!

HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)の会社概要

運営会社 HF Markets(SV)Ltd
代表者 不明
本社所在地 セントビンセント・グレナディーン諸島
Suite 305, Griffith Corporate Centre, P.O. Box 1510,
Beachmont Kingstown, St. Vincent and the Grenadines.
設立 2010年
資本金 非公開
金融ライセンス セントビンセント・グレナディーン金融庁(FSA)
ライセンス番号「22747IBC2015」
HF Markets会社概要

日本人向けにサービスを提供しているHF Marketsの運営会社は、HF Marketsグループの子会社HF Markets(SV)Ltd.です。

ネット上ではさまざまな評判が噂されていますが、実際の安全性・信頼性はどうなのでしょうか?

HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)の安全性・信頼性

運営会社 金融ライセンス
HF Markets(SV)Ltd セントビンセント・グレナディーン金融庁(FSA)
ライセンス番号「22747IBC2015」
HF Markets(DIFC)Ltd ドバイ金融サービス機構(DFSA)
ライセンス番号「F004885」
HF Markets(UK)Ltd イギリス金融行動庁(FCA)
ライセンス番号「801701」
HF Markets(Europe)Ltd キプロス証券取引委員会(CySEC)
HE277582
HF Markets(Europe)Ltd モーリシャス共和国金融サービス委員会(FSC)
カテゴリー1C110008214
HF Markets SA(PTY)Ltd 南アフリカ共和国金融業界行為監督機構(FSCA)
46632
HF Markets(Seychelles)Ltd セーシェル金融庁(FSA)
SD015
HFM Investments Limited CapitalMarkets Authority(CMA)
ライセンス番号155
HF Marketsグループ会社の取得金融ライセンス

HF Marketsグループ会社で上記のように複数の金融ライセンスを取得しています。

なかでも、FCA(英国金融行動監視機構)と、CySEC(キプロス証券取引委員会)は審査が厳しいとされており、信頼性はかなり高いといえるでしょう。

日本にサービスを提供しているHF Markets(SV)LtdはSVGFSA(セントビンセント・グレナディーン金融監督庁)のライセンスを取得しています。

HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)のメリット・デメリットまとめ

メリット デメリット

大1,000倍のハイレバレッジ取引が可能

口座タイプが5種類とバリエーション豊富
取扱銘柄数が1,000種類以上と非常に多い

5種類の豪華なボーナスキャンペーンが常時開催している
ユーザー資金に最大500万ユーロ(約6億5500万円)保障
コピートレードのサービスが豊富
VPSサーバーは条件を満たせば無料で使える
トレードに役立つ独自分析ツール
公式サイト・情報ツールの日本語化が不十分
ボーナスに一部クッション機能がない
マイクロ口座とプレミアム口座のスプレッドがやや広く取引コストが高い
HF Marketsのメリット・デメリットまとめ表

海外FXブローカーHF Marketsの目立った特徴は上記内容があげられます。

次の章で、上のメリット・デメリット表の内容を解説していきますね。

HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)の特徴・メリット8選

それでは、HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)のメリット詳細を確認していきましょう!

最大1,000倍のハイレバレッジ取引が可能

HF Marketsのメリット1つ目は、最大1,000倍のハイレバレッジ取引が可能ということです。

1,000倍のレバレッジを利用することで、少額でも大きな利益を狙うことができます
たとえば、10,000円の証拠金でレバレッジ1,000倍をかけてポジションを持ったなら、10,000,000円分のポジションを保有することが可能です。

国内FXではレバレッジは最大25倍と制限されているため、HF Marketsなら海外FXならではの超ハイレバレッジ取引を思う存分楽しむことができるでしょう。

口座タイプが5種類とバリエーション豊富

HF Marketsのメリット2つ目は、口座タイプが5種類とバリエーション豊富ということです。

HF Marketsでは「マイクロ口座」「プレミアム口座」「ゼロスプレッド口座」「HFコピー口座」「PAMM口座」の5種類が口座タイプとして提供されています。

他のトレーダーが代理で運用するPAMM口座は、コピートレードの1つという位置づけですが、あまり利用する機会はないでしょう。

個人トレーダーが活用する4種類の口座タイプのスペックはそれぞれ以下のようになっています。

取引口座タイプ マイクロ口座 プレミアム口座 ゼロスプレッド口座 HFコピー口座
注文執行方式 NDD-STP方式 NDD-STP方式 NDD-STP方式 NDD-STP方式
取引手数料
(片道1ロット)
なし なし メジャー
通貨ペア:
3USD相当額
マイナー
通貨ペア:
4USD相当額
なし
初回最低入金額 5USD
相当額
100USD
相当額
200USD
相当額
利用者:100USD
相当額
提供者:500USD
相当額
取引口座の通貨 米ドル・ユーロ 米ドル・ユーロ 米ドル・ユーロ 米ドル
最小取引単位 0.01 ロット
(1,000通貨単位)
0.01 ロット
(1,000通貨単位)
0.01 ロット
(1,000通貨単位)
0.01 ロット
(1,000通貨単位)
最大レバレッジ(※1) 1,000倍 500倍 500倍 400倍
取引プラットフォーム MetaTrader4/5 MetaTrader4/5 MetaTrader4/5 MetaTrader4
ロスカット水準 10% 20% 20% 20%
ボーナスの適用 あり あり なし なし
HF Marketsの口座タイプ

最大レバレッジや取引手数料、スプレッド、最低入金額など、それぞれの口座タイプに違いがあり、バリエーションがとても豊富です。

1つのアカウントで複数の口座タイプを持つことができるので、取引手法によって口座タイプを使い分けたい人にうってつけですね。

取扱銘柄数が1,000種類以上と非常に多い

HF Marketsのメリット3つ目は、取扱銘柄数が1,000種類以上と非常に多いということです。

通貨ペアの種類は53銘柄と他のブローカーと比べてもそれほど多くはありませんが、HF MarketsではCFD銘柄が充実しています。

特に株式は939銘柄もあり、数ある海外FX業者の中でもトップレベルのラインナップ数です。
通貨ペア以外にもさまざまな銘柄を取引したい人には、HF Marketsは非常におすすめといえるでしょう。

5種類の豪華なボーナスキャンペーンが常時開催している

HF Marketsのメリット4つ目は、5種類の豪華なボーナスキャンペーンが常時開催しているということです。

HF Marketsでは以下の5種類のボーナスキャンペーンのどれかが常に開催されています。

HF Marketsのボーナスキャンペーン
  • 50%ウェルカムボーナス
  • 100%スーパーチャージボーナス
  • 100%クレジットボーナス
  • ロイヤリティ・プログラム(取引ボーナス)
  • ROFM (余剰証拠金還元)

取引ボーナスに該当するロイヤリティ・プログラムは、現金の他にも返還可能となっています。
取引ボーナスでVPSをレンタルしたり、他の豪華な商品と交換できる権利がもらえるなど他社ではあまり見かけない興味を引く内容が盛りだくさんです。

バリエーション豊富なボーナスキャンペーンを利用できるというのもHF Marketsの魅力の1つですね。

ユーザー資金に最大500万ユーロ(約6億5500万円)保障

HF Marketsのメリット5つ目は、ユーザー資金に最大500万ユーロ(約6億5500万円)保障ということです。

HF Marketsでは、顧客資金の分別管理を行っていますが、信託保全はありません。
「信託保全がないと心配だ」という方もいるかもしれませんが、HF Marketsでは信託保全がない代わりに、民事賠償保険制度に加入しています。

万が一、何かトラブルに見舞われた際には最大500万ユーロ、日本円にして最大約6億円まで保証してくれます

コピートレードのサービスが豊富

HF Marketsのメリット6つ目は、コピートレードのサービスが豊富ということです。

HF Marketsでは優秀なトレーダーが提供するストラテジーを利用して、その取引を自動的にコピーして、利益を得る仕組みになっています。

コピーしたトレーダー(名称:ストラテジートレーダー)が利益を得られれば、コピーするトレーダー(コピートレーダー)も利益が得られ、利益の何割かを報酬としてストラテジートレーダーに支払う仕組みです。

また、通常の自動売買トレードとは異なり、HF Marketsのコピートレードでは、「利益が出た場合のみ取引手数料が発生」するため、ランニングコストがかからないというのもメリットです。

コピートレード口座開設が完了したら、コピーしたいトレーダーを3人選び、それぞれの運用口座に資金移動するのみなので、簡単にコピートレードを始めることができます。

VPSサーバーは条件を満たせば無料で使える

HF Marketsのメリット7つ目は、VPSサーバーは条件を満たせば無料で使えるということです。

HF Marketsでは以下の3つのVPSプランが用意されています。

VPSプラン ブロンズ シルバー ゴールド
無料での利用条件 入金額が5,000ドル以上 入金額が8,000ドル以上 入金額が15,000ドル以上
RAM 1,300MB Ram 2,700MB Ram 5,120MB Ram
CPU 1VCPU 2VCPU 4VCPU
OS Windows 2012 Windows 2012 Windows 2012
ディスク容量 25GB 50GB 75GB
HF MarketsのVPSプラン

無料で利用するにはプランごとに決められた最低入金額をクリアするだけです。

ブロンズランクでも十分なスペックをしているので、VPSを利用するという方はぜひHF MarketsのVPSを利用して見てくださいね。

トレードに役立つ独自分析ツール

HF Marketsのメリット8つ目は、トレードに役立つ独自分析ツールということです。

HF Marketsでは以下の3つの独自分析ツールが利用できます。

HF Marketsの独自ツール
  • トレーダーボード
  • プレミアムトレーダーツール
  • 高機能インサイト

プレミアムトレーダーツールと高機能インサイトを使うには条件を満たす必要があるものの、どのツールも他社では使うことのできないかなり便利なツールです。

MT4の弱点を克服する画期的なツールで日本語にも対応しているのでかなり使いやすい仕様となっています。

HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)のデメリット3選

続いて、HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)のデメリット詳細についても確認していきましょう!

公式サイト・情報ツールの日本語化が不十分

HF Marketsのデメリット1つ目は、公式サイト・情報ツールの日本語化が不十分ということです。

HF Marketsでは、ウェビナーや市場ニュースといった便利な情報を提供しているのですが、これらは全て英語での情報提供です

取引をするのに非常に役立つ情報なのですが、英語が読めない方にとっては使えない機能となってしまいます。

ボーナスに一部クッション機能がない

HF Marketsのデメリット2つ目は、ボーナスに一部クッション機能がないということです。

HF Marketsの魅力の1つである豪華なボーナスキャンペーンですが、「スーパーチャージボーナス」と「クレジットボーナス」にはクッション機能がありません

クッション性能あり・なしのボーナスが混在しているので、注意して利用するようにしましょう。

マイクロ口座とプレミアム口座のスプレッドがやや広く取引コストが高い

HF Marketsのデメリット3つ目は、マイクロ口座とプレミアム口座のスプレッドがやや広く取引コストが高いということです。

マイクロ・プレミアム口座に関してはボーナスが使えるということもあり、スプレッドがやや広めとなっています。

取引環境など総合的な評価をするとHFMarketsは業界屈指の スペックを誇りますが、取引コストだけをみると他にも優れた会社はあります。

特に、「スキャルピングのみをしており、取引コストが利益に大きく影響する」という方は注意しておきましょう

取引コストの低い業者はこちら

評判からわかったHF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)がおすすめな人

それでは、HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)がおすすめ人とは一体どんな条件に当てはまる人なのでしょうか?
評判からわかったHF Marketsがおすすめな人は、以下の条件に当てはまる人です。

評判からわかったHF Marketsがおすすめな人
  • さまざまな口座タイプでたくさんの取引銘柄を取引したい人
  • 独自ツールをつかって詳しくトレードを分析したい人
  • コピートレードを利用したい人

それぞれ順番に詳しく見ていきましょう!

さまざまな口座タイプでたくさんの取引銘柄を取引したい人

さまざまな口座タイプでたくさんの取引銘柄を取引したい人ならHF Marketsが特におすすめです。

口座タイプの豊富さや取引銘柄の選択肢が多いことはHF Marketsの大きな強みです。
1つの手法や1つの銘柄に絞る方は別ですが、さまざまな手法で取引したいならHF Marketsの取引環境は最適といえるでしょう。

特にCFD銘柄はかなり豊富なので、「通貨ペアを取引しつつもCFD銘柄も取引したい」という方はHF Marketsを1度使ってみてください。

独自ツールをつかって詳しくトレードを分析したい人

独自ツールをつかって詳しくトレードを分析したい人もHF Marketsの取引環境はピッタリだといえるでしょう。

取引の際にMT5やMT4をつかう方も多いかと思いますが、相場の分析がしにくいという印象を持っている方もいます。

そんな方はHF Marketsの独自ツールを使ってみるのがおすすめです。
3種類の独自ツールを使えば、今まではできなかった詳細な相場分析が可能となります。

利用条件はあるものの、それほど厳しいものではないので、利用してみる価値はあるでしょう。

コピートレードを利用したい人

コピートレードを利用したい人にもHF Marketsはおすすめだといえます。

HF Marketsのコピートレードは初心者にも使いやすい仕様となっており、非常におすすめです。

コピートレードは、提供しているブローカーも少なく、それほど選択肢は多くありません。

コピートレードを利用したいという方は、マイナーなブローカーのものを使うより、HF Marketsのものを一度利用してみる方が、安全にコピートレードを始めることができるでしょう。

HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)利用時の注意点

それでは最後に、HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)利用時の注意点について確認しておきましょう!

HF Markets利用時の注意点
  • レバレッジ制限注意する
  • ハイレバレッジ取引では強制ロスカットに注意する
  • 日本語対応が不十分のため英語が苦手な方は注意する
  • スワップポイント運用には不向き

海外FXでは、利用規約違反などで口座凍結などの厳しい措置がくだされ、利益が出金できなくなるというケースも考えられます。

注意点をそれぞれ詳しく解説していきますので、しっかりと確認してくださいね。

レバレッジ制限注意する

HF Markets利用時の注意点1つ目は、レバレッジ制限注意するということです。

HF Marketsでは下記のように、口座残高によってレバレッジが制限されます。

口座タイプ マイクロ口座 プレミアム口座 ゼロスプレッド口座
最大レバレッジ 1000倍 500倍 500倍
口座残高30万ドル~ 75倍 75倍 75倍

口座残高が増えると最大レバレッジも低くなるので、資金量が多い方は、口座残高によるレバレッジ制限に気をつけながら取引するようにしましょう

ハイレバレッジ取引では強制ロスカットに注意する

HF Markets利用時の注意点2つ目は、ハイレバレッジ取引では強制ロスカットに注意するということです。

強制ロスカットとは、証拠金維持率が一定値を下回った時に、ポジションを全て強制的にクローズさせる機能です。
ハイレバレッジ取引では、少額で大きな利益を狙える反面、損失もその分膨らみやすくなります。
そのため、含み損が一気に膨らみ証拠金維持率が規定値を下回ることも考えられるます

ハイレバレッジ取引をする時には、強制ロスカットにならないよう証拠金維持率に注意しながら取引しましょう

日本語対応が不十分のため英語が苦手な方は注意する

HF Markets利用時の注意点3つ目は、日本語対応が不十分のため英語が苦手な方は注意するということです。

先述しましたが、HF Marketsでは、ウェビナーや市場ニュースといった便利な情報を提供しているのですが、これらは全て英語での情報提供です

全てのサービスを日本語で利用できる訳ではないので、注意しておきましょう。

スワップポイント運用には不向き

HF Markets利用時の注意点4つ目は、スワップポイント運用には不向きということです。

HF Marketsのスワップポイントはマイナスのものがほとんどで、プラスのものもそれほど大きくないためスワップポイント運用に向いていません。

スワップポイント運用をしたい方は他の業者を使うようにしましょう。

HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)の口コミ

最後に、HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)の実際の口コミを確認していきましょう!

HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)の評判 まとめ

この記事のまとめ
  • HF Marketsは、最大1,000倍の超ハイレバレッジ取引や豪華なボーナスキャンペーン魅力の海外FX業者
  • 取扱銘柄数が1,000種類以上と非常に多く、特にCFD銘柄のバリエーションが豊富
  • 公式サイト・情報ツールの日本語化が不十分な点やボーナスに一部クッション機能がない点に注意が必要
  • コピートレードも提供しているので自分で取引する自信がない方にもおすすめ

いかがだったでしょうか?
今回は、海外FX業者HF Markets(エイチエフ マーケッツ/旧HotForex)の評判について解説してきました。

HF Marketsは、最大1,000倍の超ハイレバレッジ取引や豪華なボーナスキャンペーンが魅力のブローカーです。
取扱銘柄数が1,000種類以上と非常に多く、コピートレードを提供していることでも高い評価を受けています。

公式サイト・情報ツールの日本語化が不十分な点やボーナスに一部クッション機能がない点に注意が必要ですが、さまざまな口座タイプでたくさんの取引銘柄を取引したい人たい方にHF Marketsはおすすめです。

この機会にぜひ、HF Marketsで取引を始めてみてくださいね!

目次