Exness無料VPSの条件とスペック・VPSの設定方法

海外FX

Exness無料VPSの条件とスペック・VPSの設定方法

exness vps

Exnessは一定の条件を満たすとVPSを無料で利用することができます。

ここではExnessの無料VPSのスペックや条件、設定方法について解説していきます。

ExnessのVPSは500ドルの入金で借りられるので、他社と比べてハードルが低いので、ぜひ条件を満たして借りるようにしましょう。

Exnessの公式サイトはコチラ

↓海外FXのVPS比較はコチラのページを参考にしてください。

海外FXで無料VPSが使える業者と条件一覧

 

↓海外FXランキング2022年最新版はコチラ

Exnessの無料VPSとは?

参考:Exness 無料VPSホスティング

VPSとは?
バーチャル・プライベート・サーバーの略で仮想専用サーバーのこと
ログインすることで、新しくデスクトップが使え、データの保存やMT4の起動などが可能になる

Exnessでは一定条件を満たすことでVPSが無料で利用することができます。

Enessで自動売買を稼働している人や、約定力を高めるためにVPSを利用したい人も多いと思います。

私は自動売買を使っているので、ExnessのVPSを利用してEAを複数稼働しています。

 

ExnessのVPSの評判・口コミ

TwitterでExnessのVPS情報を集めてみました。

多くの人がExnessのVPSを利用しているようですが、「通信速度が遅い」「通信が切れる」などの不満の声もありました。

私自身は特には問題がありませんが、利用する人のサーバー番号によって、通信速度が大きく変わってくるようです。

 

無料VPSのスペック

CPU メモリ HDD OS
1コア 1GB 10GB Windows2012

Exnessの公式サイトに掲載されているVPSの仕様です。

VPSのスペックとしては最低限だと思いますが、1つのMT4で複数のEAを稼働することができるので、無料にしては十分な内容だと思います。

 

実際のVPSを見て仕様を確認してみた

CPU メモリ HDD
2.00GHz 2.4GB 50GB

実際にVPSにログインをしてスペックを確認したところ、CPUは2.00GHzあり、メモリは2.4GBでした。

メモリは何もしなくても容量を使うので、Exnessの公式に書かれている1GBは空き容量を言っているだけかもしれません。

HDDも50GBあったので、それなりのデータを保存できます。

 

VPSを無料で借りる条件

入金額 取引条件
500ドル 100ドル以上の余剰証拠金

ExnessのVPSを無料で借りる条件は500ドル以上の入金と、100ドル以上の余剰証拠金(ポジションを持てる余裕残高)が必要になります。

取引ロット数の条件はないので、他社と比べてハードルがかなり低いです。

無料VPSとしては一番条件が低いので、ぜひ500ドルの入金条件を満たして借りると良いでしょう。

 

VPSのサーバー場所

VPSのサーバー場所をIPアドレスで検索してみると、オランダのアムステルダムにありました。

SNSで他の人の情報を集めてもアムステルダムのようなので、VPSの場所は統一してアムステルダムにあるようです。

 

MT4サーバーの場所

サーバー番号 IPアドレスの場所
Exness-Real バーレーン
Exness-Real7 IP見つからず
Exness-Real9 IP見つからず
Exness-Real11 IP見つからず
Exness-Real14 香港
Exness-Real15 香港

日本人に割り当てられてるサーバー番号の場所をIPアドレス検索してみました。

Exness-ReaL7と9、11はIPアドレス情報が出てきませんでしたが、Realはバーレーン、Real14と15は香港となりました。

香港からアムステルダムは遠いので、SNSで通信速度が遅いと言っていた人は香港にサーバーがあるのかもしれません。

通常、VPSを借りるとVPSとサーバーは近くになることが多いですが、Exnessの場合は離れている可能性あるので気を付けましょう。

 

VPSの約定スピード

VPSの約定スピードとして通信速度のping値をを調べてみました。

(ping値は数値が小さいほど通信速度が速くなります)

Exness-ReaL

Exness-ReaLのサーバーは通信が速いものが2つあり、1つは14.82ms(0.014秒)で2つ目は81.59ms(0.081秒)となりました。

Exness-ReaLの場合は通信速度がかなり速いです。

 
Exness-ReaL7

Exness-ReaL7はping値が187ms~275msとなり、遅めの結果となりました。

IPアドレスが見つかりませんでしたが、おそらく香港あたりにサーバーがあるのではないかと思います。

 
Exness-ReaL9

Exness-ReaL9も181ms~263msとなり、遅めの結果となりました。

Exness-ReaL7と同じ速度なので、サーバー場所は香港あたりかもしれません。

もし約定スピードを重視する場合は、独自で有料VPSに契約し、オランダ近くのサーバーを使うようにしましょう。

 

無料VPSの申請方法

ここからはExnessの無料VPS申請方法を紹介します。

まずはサポートに連絡をして、無料VPSを使いたい旨を伝えましょう。

サポートに連絡して口座番号を伝える

まずはサポートに連絡を取りましょう。

メールで連絡しても良いですが、Exnessのメールは返信が来ないことがあるため、チャットの方がおすすめです。

チャット → ライブサポートへ転送

まずはExnessのトップページからチャットをクリックし、「ライブサポートへ転送」を入力しましょう。

2回入力するとライブサポートへ転送されます。

 
名前と口座番号を伝える

ライブサポートに繋がったら名前と口座番号を伝えましょう。

ExnessのVPSは口座に紐づけられるため口座番号が必要になります。

 

個人識別番号を伝える

続いて個人識別番号を聞かれるので伝えましょう。

個人識別番号は一番初めにサポートに連絡を取ると、スマホのSMSメールで届く6桁の数字です。

もし分からない場合や初めてサポートに連絡を取る場合は、その旨を伝えれば、スマホに番号を送信してくれます。

これで申請は完了なので、VPS情報が届くのを待ちましょう。

 

VPSサーバーのログイン情報が届く

しばらくするとExnessからメールが届き、VPSのログイン情報が来ます。

メールは消さないように気を付けましょう。

> Exness公式:VPSの入手方法

 

無料VPSの設定方法

続いてVPSに接続していきます。

VPSに接続するのが初めての人は参考にしてください。

Exness公式:動画で設定方法を説明

Exnessの公式YouTubeでもVPSの接続方法を解説しているので、ぜひご覧ください。

以下、画像で設定方法を紹介します。

 
リモートデスクトップ接続を検索

まずはパソコンで「リモートデスクトップ接続」を検索しましょう。

このようなパソコンのアイコンになります。

 
コンピューター名とユーザー名を入力

  • コンピューター名:IP
  • ユーザー名:Username
  • オプションを開き、コンピューター名にはIPアドレスを入力し、ユーザー名にはUsernameを入力します。

     
    パスワードを入力

    パスワード入力画面が表示されるので、パスワードを入力します。

     
    VPSにログインした時の状態

    VPSにログインをすると、このように新しくデスクトップが表示され、ExnessのMT4が3つ、MT5が2つダウンロードされています。

    ログインをしてすぐに取引することが可能です。

     
    MT4にログイン

    MT4またはMT5を立ち上げて、ログインしましょう。

    これでVPSへの接続方法は完了です。

     

    ExnessでVPSを借りる時の注意点

    ExnessでVPSを借りる時の注意点です。

     

    VPS内はセキュリティーが厳しいため設定が必要

    ExnessのVPSでインターネットに繋げると、最初はセキュリティーが厳しく、ブロックされた状態になります。

    セキュリティーを弱めることで利用することが可能ですが、EAのダウンロードなどもセキュリティーにかかる可能性があります。

    ご自身のパソコンから「コピー&貼り付け」で移動することが可能ですので、まずはご自身のパソコンにEAをダウンロードしてからコピペするようにしましょう。

     

    14日以上使わないと通知が来てその後2日間で使用停止となる

    参考:Exness VPS利用規約

    ExnessのVPSは14日間取引がないと通知が来て、その後2日間取引がないとVPSが停止してしまいます。

    長期で取引をしない時には注意をし、場合によっては0.01ロットでもポジションを持っておくと良いでしょう。

     

    口座を変更する場合はサポートに連絡をする必要がある

    ExnessのVPSはアカウントに紐づくのではなく、1つの口座がモニタリング口座として紐づけされています。

    もしVPSを使う口座を変更する場合、Exnessのサポートに連絡をして、モニタリング口座を変更してもらうようにしましょう。

     

    パスワードは早めに変更しておく

    VPSの契約が完了をしたら、セキュリティーの観点からパスワードを変更しておきましょう。

    パスワードの変更方法はExnessの公式動画で開設しているので、参考にしてください。

     

    ExnessのVPSの約定スピードが遅い時の対処方法

    ExnessのVPSの約定スピードが遅い時の対処方法です。

    大きく改善できることは少ないですが、念のためチェックしておくと良いでしょう。

     

    ping値の低いサーバーに切り替え

    MT4右下の通信部分をクリック

    まずはMT4右下の通信部分をクリックします。

     
    ping値が低いものがあれば変更

    接続サーバーが複数表示されるので、通信速度が速いものがあれば、切り替えましょう。

    数値が小さいほど、通信速度が速くなります。

     

    VPSを再起動してみる

    また、念のためVPSを再起動してみましょう。

    再起動することでスピードが速くなる可能性もあります。

    もしこれでダメな場合は、別途有料VPSでオランダ近くのものを借りるか、追加口座をしてオランダ近くのサーバーに割り当てられるのを願いましょう。

     

    まとめ

    ExnessのVPSのスペックと条件、設定方法を紹介して来ました。

    ExnessのVPSは条件が非常に低いので、自動売買をやっている人など、ぜひ条件を満たして借りるようにしましょう。

    Exnessの公式サイトはコチラ