IS6FX(海外FX業者)の評判・口コミ|安全性の徹底比較

海外FX

IS6FX(海外FX業者)の評判・口コミ|安全性の徹底比較

IS6FXは2021年11月に設立された海外FX業者です。

旧法人であるis6comからブランドリニューアルし、トレーダーにとって最適な環境を整えようと尽力しています。

しかし、ネット上の評判は最悪。
筆者の個人的な感想として、海外FX初心者がトレードするのはおすすめしない業者です。

理由は、is6com時代の悪い口コミが目立つのと、その名残でIS6FXに変更後の評判や口コミもあまりよくないため。

公式サイトからは判断できないIS6FXの安全性や、メリット・デメリットについても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

FXの王様

海外FX業者の口コミ比較記事は以下を参考にされてください!

関連記事:海外FX人気業者12社の悪い評判・良い口コミ|安全性の徹底比較

IS6FXの概要と安全性

まずはIS6FXの概要を簡単に確認しておきましょう。

IS6FXの会社概要

IS6FXの基礎情報を、簡単に表にまとめています。

運営会社 IS6FX.Ltd
設立年 2020年
金融ライセンス セントビンセント・グレナディーン諸国SVG IBC番号:26536 BC 2021
最大レバレッジ マイクロ口座・スタンダード口座:1,000倍

プロ口座:400倍

レバレッジ6,000倍口座:6,000倍

マージンコールレベル 70%
ロスカット水準 20%
ゼロカットシステム あり
口座タイプ 4種類

(マイクロ口座・スタンダード口座・プ口座・レバレッジ6,000倍口座)

取引プラットフォーム 2種類(MT4・MT5)
取扱通貨ペア 45種類
スキャルピング 可能
自動売買 可能(マイクロ口座・スタンダード口座のみ)
ボーナスキャンペーン あり
入金方法 2種類(銀行送金・クレジット/デビットカード)
出金方法 1種類(銀行送金)

資金は分別管理されているが内容が不明確

IS6FXは顧客資産と会社資産を別々に管理する、分別管理を採用しています。

IS6FXの公式サイト内にも「万が一のことがあっても顧客資産がなくなるようなことはございません」と記載されています。

Q.資金管理はどうなっていますか?
A.お客様の運用資金は、世界各国にある大手銀行で厳重に管理されておりますので万一の際にも預けた資金がなくなるような事はございません。

出典:IS6FXよくある質問

しかし具体的な内容は不明瞭で、分別管理している金融機関名や管理方法、補償内容の説明はありません。

また第三者機関による信託保全も採用していないため、本当に顧客資産が守られるのかは不明。

そのため、IS6FXの安全性や信頼性に警鐘をならす口コミも多く聞かれます。

日本金融庁から警告を受けた過去がある

IS6FXの前身であるis6comは、日本の金融庁から「無登録で金融商品取引業等を行う者」として、過去に警告を受けています。

IS6FX2

しかし金融庁の登録を受けるには、厳しいルールに則った運営をしなければなりません。

海外FX業者の特徴である豪華ボーナスやハイレバレッジ、ゼロカットシステムは、日本では禁止されています。

そのためIS6FXは、あえて金融庁の登録を受けずに運営しています。

実際、ほとんどの海外FX業者は同様の警告を受けています。

金融庁からの警告に法的な効力はなく、日本人トレーダーがIS6FXを利用しても違法ではありませんので、安心しましょう。

FXの王様

海外FX業者がなぜ日本の金融庁に未登録なのか。

詳しい内容は以下の記事で解説していますよ!

関連記事:海外FXは違法で危険?金融庁未登録の理由と悪質FX業者の見分け方6つ

IS6FXのメリット

IS6FXの概要が理解できた次は、IS6FXでトレードするメリットを確認していきましょう。

最大1,000倍のレバレッジ

海外FX業者の最大のメリットは、やはりハイレバレッジです。

IS6FXも例外ではなく、マイクロ口座とスタンダード口座の2つで、最大1,000倍のレバレッジが利用できます。

しかし口座残高によるレバレッジ制限もありますので、以下の表で確認しておきましょう。

口座残高 最大レバレッジ
200万円以下 1,000倍
200~500万円 500倍
500~1,000万円 200倍
1,000万円以上 100倍

口座残高が200万円を超えると最大レバレッジは500倍に下がります。

さらに口座残高が500万円を超えると最大レバレッジは200倍、口座残高1,000万円以上になると100倍まで引き下げられますので注意しましょう。

数量限定でレバレッジ6,000倍口座の用意アリ

IS6FXは最大レバレッジが6,000倍の口座タイプを用意しています。

最大レバレッジ1,000倍でも高い水準ですが、6,000倍はそれをはるかに上回る数字です。

しかし数量限定のため、不定期でしか口座開設を受け付けておらず、次にいつ募集があるかは不明。

さらにレバレッジ6,000倍口座は、以下のような取引ルールがあります。

  • 1ロットは10万通貨と多い
  • 最小注文ロットも1ロット
  • ボーナス対象外
  • EAの利用不可
  • ほかの口座からの資金移動による入金は不可

レバレッジ6,000倍口座は取引制限もキツイため、あまりおすすめできません。

入金不要の口座開設ボーナスが1万円と高額

IS6FXは不定期でボーナスキャンペーンを実施しています。

IS6FXで実施されるおもなボーナスキャンペーンは2種類。

  • 新規口座開設ボーナス
  • 100%入金ボーナス

とくに新規口座開設ボーナスは、入金不要で1万円がプレゼントされます。

口座を開設するだけで1万円のボーナスがもらえるため、少しでも軍資金を増やしたいトレーダーにはありがたいですよね。

さらにボーナスとハイレバレッジと組み合わせれば、まとまった量が取引できるため、効率的に稼げます。

なお新規口座開設ボーナスの金額は、実施期間によって異なります。

ボーナス額が1万円の時期はめったにないため、見かけたらすぐに口座を開設しましょう。

クレカ入金ではめずらしくJCBが利用可

IS6FX

IS6FXは、クレジットカードブランドのJCBが入金に利用できます。

海外FX業者でクレジットカードの入金ができるところは多いですが、JCBが使えるのはそれほど多くありません。

日本人ユーザーの多いJCBが使えないと、やはり入金時には不便です。

IS6FXなら、わざわざ別のカードブランドのクレジットカードを作る必要もなく、スムーズに入金できます。

取引プラットフォームはMT4とMT5の2種類

MT4
MT5

IS6FXは以前まで取引プラットフォームにMT4しか利用できませんでした。

しかし2022年7月より、MT5も利用できるようにサービスが改善されました。

MT5はMT4と比較すると動作スピードが優れており、注文がサクサクと通ります。

時間足のバリエーションもMT4より多いため、裁量トレーダーの分析にもおすすめです。

しかし、MT4も根強い人気を誇る取引プラットフォーム。

MT4はその歴史の長さから、カスタムインジケーターが豊富です。

使い慣れたインジケーターやEAを手放したくないトレーダーも多く、MT5への移行が進まない理由のひとつでもあります。

IS6FXはMT4とMT5、両方が使える希少な海外FX業者です。

自分の使いやすいプラットフォームでトレードできるため、プラットフォームにこだわりがある人にもIS6FXはおすすめです。

FXの王様

MT4とMT5のちがいについては以下の記事で詳しく解説していますよ!

関連記事:MT4とMT5の違い|結局どちらを選べばいいのか

IS6FXのデメリット

IS6FXが持つ特徴のうち、デメリット部分を見てみましょう。

スプレッドが広い

以下の表は、IS6FXのスプレッドを他社と比較したものです。
日本人からの人気が高い、XMとGEMFOREXなど他社の標準的な口座タイプと比較します。

業者名 USD/JPY EUR/JPY GBP/USD EUR/USD 口座タイプ
is6com(IS6FX) 1.6pips 2.3pips 2.4pips 1.5pips スタンダード
XM 1.6pips 2.4pips 2.3pips 1.7pips スタンダード
GEMFOREX 1.4pips 1.5pips 2.0pips 1.4pips オールインワン
TitanFX1.33pips 1.74pips 1.57pips 1.2pips スタンダード ブレード口座
AXIORY
1.5pips 1.7pips 1.9pips 1.3pips スタンダード
Land-FX 0.9pips 1.4pips 1.1pips 0.7pips LIVE口座
Hotforex 1.7pips 1.7pips 1.8pips 1.2pips プレミアム
FBS 2pips 3pips 0.9pips 1.1pips スタンダード
TradeView 1.8pips 1.9pips 2pips 1.7pips MT4 X Leverage
iFOREX 0.7pips 1.2pips 1.1pips 0.7pips エリート

目に余るほどスプレッドが広いとはいえませんが、平均的かやや広いといえます。

そのためIS6FXは、スキャルピングメインのトレーダーには向いていません。

FXの王様

海外FX業者の中でもスプレッドが狭いと好評な業者については、以下の記事が参考になりますよ!

関連記事:海外FXスプレッド比較!最狭・低スプレッドの優良5社を紹介

取引商品が少ない

IS6FXは、取引できる金融商品のバリエーションが少ない点もデメリットです。

大きく分けるとFX、貴金属、エネルギー、株価指数の4種類しかありません。

個別株式や仮想通貨、コモディティなどは取り扱っていません。

また通貨ペアの取り扱いも45種類のみ。

マイナー通貨やエキゾチック通貨などに興味のある人は、ほかの海外FX業者をおすすめします。

金融ライセンスの信頼度が低め

IS6FXは、セントビンセント・グレナディーン諸国において、国際事業会社として登録を受けています。

IS6FX

IS6FX運営する IS6 Technologies Ltdはセントビンセント・グレナディーン諸島において、国際事業会社(IBC)として登録を受けてます。

SVG IBC番号:26536 BC 2021

出典:IS6FX公式

しかしセントビンセント・グレナディーン諸国の金融ライセンスの信頼性は低いといわれています。

ライセンス取得のための厳しい条件や審査もなく、ライセンス料さえ支払えば簡単に取得できるからです。

信頼性の高い海外FX業者を利用したいなら、IS6FXはおすすめできません。

ロスカット水準は50%以下と高め

IS6FXのロスカット水準は、証拠金維持率50%以下に設定されています。

GEMFOREXやXM、AXIORYのロスカット水準は20%以下です。

IS6FXの50%は、海外FX業者でも高めの設定です。

ロスカット水準が高いと、早めにロスカットされるリスクがあり、ギリギリまで相場の回復を待てません。

ロスカット直後に相場が反転することもあるため、IS6FXのロスカット水準50%以下は大きなデメリットでしょう。

入金方法が2種類と少なく不便

IS6FX

IS6FXの入金方法は2種類しかありません。

  • クレジットカード(JCB・Visa・Mastercard)
  • 銀行送金

多くの海外FX業者で採用されている、オンラインウォレットのbitwalletやSTICPAYは利用できません。

なおクレジットカード入金では、入金ボーナスの還元率が半分に減ってしまいます。

銀行送金では、銀行の営業日によっては口座の反映までに時間を要します。

それぞれのデメリットを把握した上で、入金方法を選択する必要があるでしょう。

公式サイトに表記はないのですが、クレジットカードからの入金額には上限があるようです。
クレカ入金は2万円以上で20万円程度までが良さそうですね。

少額入金は手数料が1,500円

IS6FXは入金手数料が、完全無料ではありません。

20,000円以上の入金は手数料無料ですが、20,000円未満の場合は1,500円の入金手数料がかかります。

1回につき20,000JPY(200USD)以上のご入金は、入金手数料は無料となります。

20,000JPY(200USD)未満のご入金は 1,500JPY(15USD)の入金手数料が掛かります。

出典:IS6FX 口座への入金方法

そのため少額ずつ入金してリスクを低減しようとすると、入金手数料が取引コストとして重くのしかかります。

さらに最低入金額はクレジットカードで5,000円、銀行送金で10,000円。

やはりIS6FXは少額入金に向いていない海外FX業者といえるでしょう。

IS6FXのいい評判・悪い口コミ

ここで実際にIS6FXを利用しているトレーダーからの口コミや評判を、チェックしてみましょう。

海外FX口コミサイト(FPA)の評価は低い

海外トレーダーからの評価はForexPeaceArmy(通称FPA)という海外FX業者を比較して採点する掲示板サイトが役に立ちます。

FPA IS6FX

IS6FXの評価は5段階中、1.851とかなりの低評価。

そもそもレビューは3件しかありません。

海外ユーザーからはあまり人気がないと想像されます。

利益没収や出金拒否の噂が多い

IS6FXのユーザーからの声を調査してみると、利益を没収された人や出金拒否に遭ったとの噂があります。

しかしあくまでもネット上の情報であり、信ぴょう性は低いでしょう。

海外FXではたびたび、出金トラブルの口コミが聞かれます。

しかし、そのほとんどはトレーダーの利用規約違反が原因です。

利用規約に違反すると、利益の没収や出金キャンセル、アカウント凍結などのペナルティが課される場合があります。

口座を開設する前には利用規約をきちんと読み、正しいルールでトレードに参加しましょう。

FXの王様

問題なく出金できた人もいるので、様子見が必要そうですね

旧is6comの時代の悪い評判が今でも残っている

良くない評判、悪い口コミの原因は、IS6FXの前身のブローカー「is6com」が原因です。

悪評の根源として、2020年のコロナショックをきっかけに出金遅延とサーバー問題を起こし、運営は大きな打撃を受けました。

ほどなく、出金できない口コミがネット上にも広まり、瞬く間に海外FXトレーダーに不信感をもたらす結果に。

その後、セーシェルに本社をおくTECワールドグループに買収され、2020年10月にIS6FXとして新たな出発を遂げます。

サービス内容も一新し、約定力やサーバーのスペックも向上しました。

しかし悪い噂や印象はなかなか消えないものです。

いまだにis6comのトラブルは受け継がれており「信頼できない海外FX業者」のイメージが払拭されていません。

日本語サポートしている

IS6FXは日本語サポートにも対応しています。

電話問い合わせはないものの、メールでの問い合わせには24時間以内に返答の旨が公式サイトに明記されています。

お問い合せいただいた内容につきましては、24時間以内にご返答させていただきます。
万が一、24時間が経過しても連絡が無い場合は、
大変お手数ではございますが再度メールフォームよりお問い合わせいただくか、
support@is6.comまでご連絡ください。

出典:IS6FX公式

海外FX業者を利用する際は、万が一のトラブルに備えてサポートの充実度を事前に把握しておくのは非常に大切。

疑問や不明点などを、その都度英語で問い合わせるのは骨の折れる作業のため日本語での対応してくれる海外FX業者はとても重宝します。

VPSの無料サービスあり

IS6FXVPS

IS6FXには、口座残高の合計金額が50万円(5,000ドル)以上のトレーダーに向けた、VPSの無料サービスがあります。

VPSを使えば、パソコンを閉じている間にも自動売買のEAを稼働できます。

また約定力の向上にも期待できるでしょう。

しかし口座残高50万円以上はなかなかハードルが高いもの。

しかも毎月末に口座残高をチェックされ、条件を満たしていないと翌月は無料で利用できません。

IS6FXのVPSスペック
  • VPS提供会社:IS6 Technologies Ltd.
  • MT4インストール可能数:1つ
  • OS:windows2012
  • CPU:Core 2.4GHz
  • メモリ:1GB
  • HDD:40GB

出典:IS6FX公式

IS6FXの利用に向いている人・向いていない人

ここまでのポイントをまとめると、IS6FXでの口座開設やトレードに向いているのは以下のような人です。

向いている人

〜箇条書き〜

  • 海外FXでの取引に慣れている人
  • スイング・デイトレメインのトレーダー
  • まとまった額を入金できる資金力のある人
  • ボーナス目的で試しに使ってみようと思う人
  • [/list]
  •  

    逆に、IS6FXでのトレードに向いていないのは、次のような人です。

    向いていない人
    • 資金の安全性をもっとも重視する人
    • 一攫千金を狙った大口トレードやスキャルピング目的の人

    IS6FXは2万円以下の入金には1,500円の手数料が発生するため少額入金に不向きなFX業者です。

    まとまった金額を入金しないと無駄なコストがかかります。

    またスプレッドも広めです。

    スキャルピングのように、複数回のトレードで少額の利益を積み重ねていくスタイルの人には、IS6FXは向いていません。

    金融ライセンスの信頼性も高いとはいえず、出金拒否の噂も多いため、とにかく安全に海外FXを始めたい初心者にもおすすめできません。

    口座開設から取引開始までの手順

    ここからはIS6FXで口座を開設し、取引を始めるまでの手順を紹介します。

    本人確認書類を用意しておくと、手続き完了までスムーズです。

    口座開設方法

    まずはIS6FXの公式サイトを開きましょう。

    STEP.1
    公式サイトを開く

    「今すぐ口座開設する(無料)」をクリックします。

    STEP.2
    メールアドレス登録

    メールアドレス・名前・口座タイプ・通貨選択・パスワードを、それぞれ入力もしくは選択しましょう。
    「内容を確認する」をクリックすると、入力内容の確認ページが表示されます。
    内容に相違がなければ「私はロボットではありません」にチェックを入れ、利用規約に同意した上で「送信」をクリック。

    STEP.3
    登録完了

    「メールアドレスの登録が完了しました」と表示されますので、登録したメールアドレスの受信メールを確認しましょう。
    受信したメールの本文にある「メールアドレスを認証する」をクリックします。
    認証メールは24時間有効です。
    口座開設完了ページが表示されます。

    メールアドレスとパスワードを入力し、ログインボタンをクリックしましょう。

    STEP.4
    本人認証

    続いて本人認証をおこないます。
    マイページに表示されている「ご本人確認」をクリック。
    お客様の情報を「個人として登録」または「法人として登録」のどちらかを選択し、名前・電話番号・生年月日を、入力・選択します。
    続いて住所を入力しましょう。
    財務状況を問われますので、雇用形態・年収・資産を選択します。
    「入力内容を確認する」ボタンをクリックし「送信する」をクリックしましょう。

    STEP.5
    本人確認書類の提出

    最後は必要書類の提出です。
    身分証明書・セルフィー画像・住所証明書の3種類の画像データをアップロードします。
    それぞれ「ファイルを選択」ボタンをクリックし、すべてのファイルを選択したら「ご確認の上送信」をクリックします。
    これで本人確認も完了です。

    本人確認書類をすべて提出したら承認完了を待ちましょう。
    2営業日以内に確認され、承認されるはずです。

    資金の入金方法

    IS6FXは、クレジットカードと銀行送金で入金できます。

    ※オンラインウォレットや仮想通貨での入金には対応していません。

    STEP.1
    マイページへログイン

    まずはマイページにログインし左側メニューにある「入金」ボタンをクリックしましょう。

    STEP.2
    入金方法の選択

    入金する取引口座を選択し、入金方法をクレジットカードか銀行振込のどちらかから選択します。

    初めてクレジットカードで入金する場合は、クレジットカード情報の入力が必要です。

    表示されている「新しいクレジットカード情報を入力する」ボタンをクリックしましょう。

    STEP.3
    クレジットカード情報の入力

    カードブランドを、VISA・JCB・Mastercardの3つから選択します。
    クレジットカード番号・有効期限・CVVを入力し、表示されている入金額、もしくは指定の金額を入力・選択しましょう。

    STEP.4
    完了

    最後にページ下に表示されている「入金する」ボタンをクリックすると完了です。

    MT4/MT5のインストール

    FX取引には、取引プラットフォームのインストールが必要です。
    IS6FXはメタクォーツ社の取引プラットフォーム、MT4とMT5が利用できます。
    まだMT4/MT5をインストールできていない人は、MT4/MT5をインストールして設定しましょう。

    STEP.1
    マイページにログイン

    IS6FXのマイページにログインし、左側のメニューにある「プラットフォーム」から希望のプラットフォームを選択します。
    「ダウンロード」をクリックすると、MT4/MT5のダウンロードが始まります。

    STEP.2
    ダウンロード

    ダウンロードファイル内からMT4/MT5のアイコンをクリックし、「はい」をクリック。
    「次へ」をクリックすると、ダウンロードが始まります。

    STEP.3
    プラットフォームの立ち上げ

    「完了」をクリックすると、自動的にMT4/MT5が立ち上がります。

    STEP.4
    設定

    MT4/MT5にログインする際は、IS6FXのログインIDやパスワードが必要です。
    IS6FXのアカウント登録時に届いたメールにログイン情報が記載されていますので、確認してみましょう。

    STEP.5
    完了

    MT4/MT5に表示されているサーバー名から、IS6FXのサーバーを選択し「次へ」をクリック。
    ログインIDとパスワードを入力し「完了」をクリックすると、取引画面が表示されます。

    利益の出金方法

    トレードである程度の利益が出たら、出金して現金にしましょう。

    IS6FXの出金方法はわずか1種類、銀行送金のみです。

    出金申請をおこなう前に、出金先の銀行口座情報を登録しましょう。

    STEP.1
    マイページにログイン

    IS6FXのマイページにログインし、右上のメニューから「登録情報確認」ボタンをクリックします。
    アカウント情報が表示されます。
    内容に相違がないかチェックしましょう。

    STEP.2
    出金先銀行の登録

    本人確認書類のステータスが「確認済み」になっているか確認します。
    出金先口座の変更ページから「情報を変更する」をクリックし、出金先銀行情報を登録しましょう。

    銀行所在国・銀行名・支店名・銀行コード・支店コード・口座種別・口座番号・口座名義を、順に入力または選択します。

    STEP.3
    登録完了

    「登録・変更する」ボタンをクリックすると、出金先銀行口座情報の登録は完了です。
    続いて、マイページの左側メニューより「出金」をクリックし、出金申請をおこないます。

    STEP.4
    出金申請

    出金する取引口座・出金方法を銀行振込に選択し、出金額を半角数字で入力します。
    「出金する」ボタンをクリックすると、出金申請は完了です。

    指定の銀行口座に着金するまでは、3〜5営業日を要します。

    まとめ:IS6FXは海外FX中級者向き

    IS6FXはis6com時代の問題点を改善し、トレーダーに最適な環境を提供しています。

    一方で金融ライセンスの信頼性が低く、出金トラブルの噂も出回っているため、不安を感じる人が多いのも事実。

    そのため、筆者は海外FX初心者にはおすすめしていない業者です。

    しかしIS6FXには、口座開設するだけでもらえるボーナスや入金ボーナスがあります。

    ボーナスにハイレバレッジを掛け合わせれば、自己資金が少なくても効率よく稼げるため、海外FX中級者がボーナスを目的として口座開設し、その実力を試すのに向いていると言えるでしょう。