TitanFXブレード口座とスタンダード口座を比較

海外FX

TitanFXブレード口座とスタンダード口座を比較


TitanFXのブレード口座とスタンダード口座の違いについてご紹介します。

TitanFXでは、スタンダード口座とブレード口座の2種類の口座が用意されていて、それぞれに特徴があります。

  • 「TitanFXを使いたいけど、どの口座タイプを使えばいいか分からない」
  • 「おすすめの口座は?」
  • 「口座タイプによって手数料は違うの?」

このページではブレード口座とスタンダード口座について比較して紹介して行きます。

TitanFXではブレード口座の方がおすすめなので、ブレード口座で口座開設すると良いでしょう。

このページで分かること
  • スタンダード口座とブレード口座の違いが分かる
  • どちらの口座がおすすめか分かる

TitanFXの公式サイトはコチラ

↓海外FXランキング2022年最新版はコチラ

TitanFXのブレード口座とスタンダード口座の違い

titanFX アカウント スタンダード口座 ブレード口座

スタンダード口座 ブレード口座
取引方式 STP方式 ECN方式
ボーナス なし なし
レバレッジ 500倍 500倍
スプレッド 広い 狭い
取引手数料 かからない かかる
最小ロット 0.01ロット 0.01ロット
最大ロット 100ロット 100ロット
最低入金額 2万円 2万円
ゼロカット ゼロカット採用 ゼロカット採用
プラットフォーム MT4・MT5 MT4・MT5

まず初めに、TitanFXの口座タイプはスタンダード口座ブレード口座の2種類になります。

TitanFXのスタンダード口座とブレード口座はスプレッドと取引手数料の違いはありますが、入金額やレバレッジなどは全て同じ仕様になります。

titanFX アカウント スタンダード口座 ブレード口座

画像引用元:TitanFX公式サイト

2つの口座ともボーナスのない口座となり、あまり大きな違いはありませんが、ブレード口座の方がスプレッドが狭くおすすめです。

スタンダード口座はSTP方式でブレード口座はECN方式

titanFX アカウント スタンダード口座 ブレード口座

画像引用元:TitanFX公式サイト

細かい違いですが、スタンダード口座はSTP方式となり、小さい注文でも約定しやすく、流動性の少ない時間でも約定しやすいです。

ブレード口座はECN方式となり、株式市場のように他のトレーダーと直接取引する方式なので、流動性の少ない時間では約定しにくく、大口注文に向いています。

少ないロットでの取引はスタンダード口座、大きなロットやスキャルピングなどはブレード口座となりますが、あまり大きな違いはないので、気にしなくても良いと思います。

スプレッドと取引手数料で判断すれば良いでしょう。

スタンダード口座とブレード口座の特徴と違いについて、詳しく解説します。

スタンダード口座

titanFX アカウント スタンダード口座 ブレード口座

画像引用元:TitanFX公式サイト

取引方式 スプレッド 取引手数料
STP方式 広い かからない
TitanFXスタンダード口座の特徴
  • STP方式:注文をLPに流して自動的に一番安いスプレッドで成約する注文方式
  • STP方式なので、取引量の少ない時間やロット数の小さい注文も約定しやすい
  • 取引手数料は無料だがブレード口座よりもスプレッドは広い
  • 取引ツールはMT4,MT5

スタンダード口座はSTP方式と呼ばれるLP(リクイディティープロバイダー)に注文する方式です。

取引手数料はかからず、スプレッドのみが手数料となります。

STP方式はECN方式と比べて滑りにくいですが、約定しにくいことがあります。

ブレード口座

titanFX アカウント スタンダード口座 ブレード口座

画像引用元:TitanFX公式サイト

取引方式 スプレッド 取引手数料
ECN方式 狭い かかる
TitanFXブレード口座の特徴
  • ECN方式:インターバンク市場に注文が流れて相対取引(自動マッチング)する注文方式
  • ECN方式なので、取引量の少ない時間や大きなロットなどは約定がしにくい
  • 業界最狭水準のスプレッドでスキャルピングや指数トレードとは相性抜群
  • スプレッドは狭いが取引手数料が1ロットあたり往復7ドルかかる
  • 取引ツールはMT4,MT5

ブレード口座はECN方式となり、LPではなくインターバンク市場に直接注文を出す方式です。

直接インターバンク市場に注文するので、約定しやすいですがSTP方式と比べて滑りやすくなります。

スプレッドはスタンダード口座よりも狭いですが、取引手数料が往復7ドルかかります。

取引手数料はかかりますが、スタンダード口座よりもトータルコストは少ないため、ブレード口座の方がおすすめです。

TitanFXのスタンダード口座とブレード口座のスプレッドの違い

titanFX アカウント スタンダード口座 ブレード口座

TitanFXのスタンダード口座とブレード口座の違いは大きく分けるとスプレッドの違いだけになります。

スプレッドと取引手数料を合計したものを、スタンダード口座とブレード口座で比較してみます。

ブレード口座は取引手数料ががかかるが取引コストは安くなる

スタンダード口座 ブレード口座
USDJPY 1.33pips 1.03pips(0.33pips)
EURJPY 1.74pips 1.44pips(0.74pips)
GBPJPY 2.45pips 2.15pips(1.45pips)
AUDJPY 2.12pips 1.82pips(1.12pips)
EURUSD 1.2pips 0.9pips(0.2pips)
GBPUSD 1.57pips 1.27pips(0.57pips)
AUDUSD 1.52pips 1.22pips(0.52pips)
※カッコ内は取引手数料を含めないスプレッド

ブレード口座は1ロットあたり往復7ドルの取引手数料がかかりますが、スタンダード口座のスプレッドと比較しても、ブレード口座の方がコストが安くなります。

スプレッドを考えるとブレード口座一択で考えれば良いでしょう。

TitanFX口座の特徴

titanFX アカウント スタンダード口座 ブレード口座

TitanFXではスタンダード口座、ブレード口座に共通した特徴が6つあるので紹介して行きます。

titanFX アカウント スタンダード口座 ブレード口座

画像引用元:TitanFX公式サイト

ボーナスなし

スタンダード口座 ブレード口座
ボーナス なし なし

TitanFXはスタンダード口座、ブレード口座ともにボーナスが一切ありません。

もしスプレッドの狭い業者でボーナスが欲しい場合はAxioryの入金ボーナス(お中元、お年玉)やXMゼロ口座の口座開設ボーナスなどを利用するようにしましょう。

レバレッジ500倍

titanFX アカウント スタンダード口座 ブレード口座

画像引用元:TitanFX公式サイト

スタンダード口座 ブレード口座
レバレッジ 500倍 500倍

TitanFXのレバレッジは500倍で、他の低スプレッド業者と比べると少し高めになっています。

またTitanFXのレバレッジは証拠金によるレバレッジ制限が一切ないので、大きな証拠金でトレードする人におすすめです。

最低入金額は2万円から

titanFX アカウント スタンダード口座 ブレード口座

画像引用元:TitanFX公式サイト

スタンダード口座 ブレード口座
初回最低入金額 2万円~ 2万円~

TitanFXの初回最低入金額はどちらの口座とも、2万円からとなっています。初回のみに適用されるルールで、2回目以降は支払い方法によって異なります。

2回目以降 最低入金額 限度額
クレジットカード 1円 1000万円
bitwallet 110円 1000万円
STICPAY 3000円 1000万円
国内銀行送金 10万円 1000万円

クレジットカードは1円から、Bitwalletは110円から、と非常に敷居が低いですが、銀行振り込みだと10万円が最低入金額です。

詳しくは下記の記事を参考にして下さい。

最小ロット0.01、最大ロット100

titanFX アカウント スタンダード口座 ブレード口座

画像引用元:TitanFX公式サイト

スタンダード口座 ブレード口座
最小ロット 0.01ロット 0.01ロット
最大ロット 100ロット 100ロット

TitanFXの最小ロットは0.01ロット、最大ロットは100ロットとなっています。

他の海外FX業者と比べて最大ロットが大きめなので、大きなロットで取引したい人におすすめです。

ゼロカット採用

titanFX アカウント スタンダード口座 ブレード口座

画像引用元:TitanFX公式サイト

スタンダード口座 ブレード口座
ゼロカット ゼロカット採用(追証なし) ゼロカット採用(追証なし)

TitanFXではスタンダード口座とブレード口座ともにゼロカット対応となっています。

マイナス残高が発生しても、TitanFXがマイナス分を補填してくれるので、追証する必要がありません。

安心して大きなロットで取引することが可能です。

MT4とMT5がつかえる

titanFX アカウント スタンダード口座 ブレード口座

画像引用元:TitanFX公式サイト

スタンダード口座 ブレード口座
取引プラットフォーム MT4,MT5 MT4,MT5

スタンダード口座、ブレード口座ともにMT4、MT5の両方が使えます。

TitanFXはブレード口座がおすすめ

titanFX アカウント スタンダード口座 ブレード口座

スタンダード口座 ブレード口座
USDJPY 1.33pips 1.03pips(0.33pips)
EURJPY 1.74pips 1.44pips(0.74pips)
GBPJPY 2.45pips 2.15pips(1.45pips)
AUDJPY 2.12pips 1.82pips(1.12pips)
EURUSD 1.2pips 0.9pips(0.2pips)
GBPUSD 1.57pips 1.27pips(0.57pips)
AUDUSD 1.52pips 1.22pips(0.52pips)
※カッコ内は取引手数料を含めないスプレッド

TitanFXのスタンダード口座とブレード口座のスプレッドと取引手数料を比較すると、ブレード口座の方が取引手数料を含めても狭くなります。

メジャー通貨ペアでは全てがブレード口座の方が有利なので、基本的にブレード口座で口座開設すればOKです。

別ページではTitanFXの全ての通貨ペアを載せていますが、ほとんどの通貨ペアがブレード口座の方が狭くなっています。

TitanFXのブレード口座とスタンダード口座まとめ

今回は、「TitanFXのブレード口座とスタンダード口座」についてご紹介しました。

両口座の違いは、手数料とスプレッドくらいです。

TitanFXはスプレッドの狭いブレード口座がおすすめです。スタンダード口座を使うメリットはあまりないので、トータルコストが安くなるブレード口座を使うようにしましょう。

TitanFXの公式サイトはコチラ