XMtradingの禁止事項・利用規約をチェック!両建てやスキャルピングは可能?

海外FX

XMtradingの禁止事項・利用規約をチェック!両建てやスキャルピングは可能?

 
XMtradingで禁止事項や利用規約に違反すると、「口座凍結」や「利益没収」などのペナルティが発生します。

たとえ利用規約を知らなかったとしても、XMTradingに禁止行為と判断されれば容赦なくペナルティが課せられます。

現在取引を行っている方はもちろん、これからXMtradingで取引しようと考えている方もXMの禁止事項・利用規約は必ず押さえておきましょう。

既に口座凍結や休眠口座になってしまっている方は、以下で対処法を解説していますので参考にしてみてください。

XMtradingの口座凍結・休眠口座になる原因・理由と解除方法

XMの禁止事項・禁止取引一覧

XMTradingで絶対に知っておきたい禁止事項・利用規約は以下の9つです。

XMTradingの禁止事項や利用規約は、XMTrading会員ページの「口座」→「法的文書」から確認できます。

[jin-img-kadomaru]XMTrading(エックスエムトレーディング)の禁止事項・利用規約[/jin-img-kadomaru] 

ただし、XMTrading公式サイトの利用規約はすべて英語で記載されているのでご注意ください。

[jin-img-kadomaru]XMTrading(エックスエムトレーディング)の禁止事項・利用規約文書[/jin-img-kadomaru] 

禁止事項①:複数口座間での両建て

XMTradingでは、複数口座間での両建て取引を禁止しています。

XMtradingでは1つのアカウントで8つの口座を開設することができます。しかし、開設した複数の口座間での両建てをすることはできません。

[jin-fusen3 text=”複数口座間での両建て例”]
  • A口座:ドル円の買いポジションを保有
  • B口座:ドル円の売りポジションを保有

上記の例で価格が大きく上昇した場合、それぞれの口座での損益額は以下のようになります。

  • XMTradingの口座では20,000円分の利益
  • GEMFOREXの口座では20,000円分の損失

口座残高が10,000円しかなかった場合、GEMFOREX口座での損失はゼロカットにより10,000円に限定され確実に利益を出すことができます。

この両建て手法は、「ゼロカットを悪用した取引」としてXMTradingでは禁止事項に該当します。

XMTradingのゼロカットシステムについては、次の記事を参考にしてください。
 
関連:XMのゼロカットはいつ?マイナス残高がリセットされない条件も解説

また、XMTradingでは同一通貨ペアだけではなく、相関のある通貨ペア同士の両建ても禁止されています。

相関のある通貨ペアには、ユーロ円とドル円などが該当します。どの通貨ペアの両建てが禁止事項に該当するかは、XMTradingサポートに問い合わせてみてください。

禁止事項②:XM以外のFX業者との両建て

XMTradingでは、他のFX業者との両建ても禁止事項に該当します。

[jin-fusen3 text=”FX業者間での両建て例”]
  • XMTradingでドル円を10,000円分買い
  • GEMFOREXでドル円を10,000円分売り

複数業者間での両建ても、「ゼロカットを悪用した取引」とみなされるためXMTradingでは禁止です。

別々の業者間での両建ても、MT4やMT5の履歴によって確実にバレるので絶対に止めておきましょう。

禁止事項③:複数人による両建て

XMTradingでは、複数人による両建ても禁止されています。

[jin-fusen3 text=”複数人による両建て”]
  • 自分:ドル円の買いエントリー
  • 友人:ドル円の売りエントリー

たとえ友人や家族であっても、両建てを目的にトレードすることは禁止事項に該当します。

過去には、複数人での両建てでペナルティを受けた事例もので絶対にやめておきましょう。

XMTradingの両建ての詳しいルールについては、次の記事でも解説しているので参考にしてください。

関連:XMでの両建てのやり方・解除方法・禁止ルールまとめ

禁止事項④:アービトラージ(裁定取引)

XMTradingでは、アービトラージ(裁定取引)も禁止事項に該当します。

[jin-fusen3 text=”アービトラージ(裁定取引)とは?”]

同一価値を持つ銘柄間で発生する、一次的な金利差や価格差を利用した取引手法

アービトラージでは、同一銘柄において価格の安い方を買い、価格の安い方を売り、両者の価格差が縮小した時に反対売買を行い利ざやを稼ぎます。

このようにアービトラージ(裁定取引)では、理論上リスクなく利益の獲得が可能です。

そのため、XMTradingを含めたほぼすべての海外FX業者でアービトラージ(裁定取引)は禁止されています。

禁止事項⑤:接続遅延・レートエラー狙いの取引

XMTradingでは、接続遅延・レートエラー狙いのトレードは禁止事項に該当します。

接続遅延やレートエラーは、重要な経済指標発表時やイベント時に注文量が増大することで発生することがあります。

このようなタイミングでは、正常な市場価格を注文に反映することができません。

禁止事項に該当するだけでなく、大きな損失に繋がる可能性もあるので、エラー時のトレードは控えた方が無難でしょう。

禁止事項⑥:AIを利用した取引

XMTradingでは、AI(人工知能)を利用した取引も禁止事項に含めています。ただ、EAを使った自動売買取引は禁止されていません。

しかし、両高速トレード(HEF)や外部システムを利用した取引は、サーバーに過度な不可を与える取引として禁止事項にあたります。

禁止事項⑦:窓開け・窓埋めのみを狙った取引

XMTradingでは、窓開けや窓埋め時だけを狙った取引も禁止事項に該当します。

[jin-fusen3 text=”窓開けとは?”]

取引時間外(土日)や重要なイベント時に、終値と始値の間に大きな価格差が生じる状態

一方「窓埋め」とは、窓開けで乖離した価格がなくなる動きのことを指します。一般的に窓埋めは8割以上の確率で起こると言われています。

そのため、窓開け後の窓埋めを狙うことで高い確率で利益を得ることが可能です。しかし、XMTradingでは窓開けや窓埋めだけを狙った取引を禁止」しています。

ただ、全面的に禁止されているわけではなく、故意に継続的に窓開け・窓埋めを利用しているとXMtrading側で判断された場合にのみ、禁止行為と認定されます。

禁止事項⑧:経済指標発表時のみを狙ったハイレバトレード

XMTradingでは、経済指標発表時のみを狙ったハイレバトレードも禁止事項に該当します。

禁止事項に該当する可能性のある主な経済指標はこちらです。

  • アメリカ雇用統計
  • 政策金利
  • 国内総生産(GDP)
  • 消費者物価指数(CPI)

経済指標トレード自体は問題ありませんが、ゼロカットシステムを悪用したハイレバトレード・フルレバレッジ取引は禁止事項にあたります。

禁止事項に該当したと判断されると、トレードで得た利益が取り消される可能性があるので注意が必要です。

禁止事項⑨:XMポイント・ボーナスの不正取得

XMTradingでは、XMポイント・ボーナスの不正取得とみなされる行為を禁止しています。

XMTradingで受け取れるボーナスは、主に以下の3種類です。

  • 口座開設ボーナス
  • 入金ボーナス
  • XMポイント(ロイヤリティプログラム)

ボーナスの不正取得として考えられるのが、口座開設ボーナスを重複して受け取るケースです。

XMTradingでは、口座開設ボーナスを受け取れるのは1人1回までです。ただ、虚偽の個人情報や他人の名義を使って口座開設することで、口座開設ボーナスを取得することは可能です。

しかし、このような不正行為でボーナスを取得すると、アカウント停止など重いペナルティが課せられます。

関連:XMの入金ボーナス・口座開設ボーナスキャンペーン最新情報!使い方・受け取り方

XMでの禁止行為・規約違反によるペナルティ

XMTradingで禁止行為・利用規約が発覚すると、以下のようなペナルティが課せられます。

レバレッジ制限

XMTradingの禁止事項に該当すると、最大レバレッジが制限される可能性があります。

XMTradingの最大レバレッジは1000倍ですが、禁止行為が発覚すると予告なしで100倍や50倍にレバレッジが制限されることがあるようです。

レバレッジが制限されると、強制ロスカットのリスクが一気に高まるので注意が必要です。

利益取り消し・出金拒否

XMTradingで禁止行為を行うと、トレードで得た利益の取り消しや出金拒否のペナルティを受けることがあります。
せっかく得た利益も、禁止事項に該当してしまうと出金することができません。

禁止行為と疑われるようなトレードは行わないように注意しましょう。

口座凍結・アカウント停止

複数回の規約違反や悪質な禁止行為を行うと、口座凍結やアカウント停止など重いペナルティが課せられる可能性があります。

凍結された口座は、基本的には解除することができません。

さらに、アカウント停止となればXMTradingで二度と口座開設することはできなくなります。

くれぐれもXMTradingで定められた禁止事項や、利用規約に違反する行為は行わないように注意してください。

XMTradingで禁止されていない取引

続いては、XMTradingで禁止されていない取引の例を紹介していきます。

[jin-fusen3 text=”XMTradingで可能な取引例”]

①同一口座内での両建て

XMTradingでは、同一口座内での両建て取引は禁止していません。

XMTradingで禁止している両建ては以下の3つです。

  • 複数口座間での両建て
  • XM以外のFX業者間での両建て
  • 複数人での両建て

これらの両建てを禁止している理由は、ゼロカットシステムの悪用を防ぐためです。

同一口座内の両建てであれば、ゼロカットを悪用した取引はできないため両建て取引が可能となっています。

②スキャルピングトレード

XMTradingでは、スキャルピングトレードを禁止していません。

スキャルピングを認めていますか?

はい、認めています。

また、XMTradingではスキャルピング時の保有時間などの制限もないため、自由にスキャルピングが行なえます。

ただし、取引ごとにもらえるXMポイントの獲得条件に、10分以上ポジションを保有が定められていることには注意が必要です。

スキャルピングで、XMポイントを稼ぎたい場合は時間軸を長くする必要があるでしょう。

関連:XMポイント(XMP)の効率的な貯め方は?確認方法や使い方も徹底解説【ロイヤルティプログラム】

③経済指標発表時のトレード

XMTradingでは、経済指標の発表時でもFX取引が可能です。

経済指標発表時のみを狙ったハイレバトレードは禁止されています。

経済指標発表時は、大きな値動きが予想されるため短期間で利益を獲得することが可能です。

一方、経済指標発表時のトレードには以下のようなデメリットもあります。

  • 予想が外れると大きな損失になる
  • スプレッドが広がりやすい
  • スリッページが発生しやすい

経済指標発表時のトレードをする場合は、十分な準備をしてから取引することをおすすめします。

④EA(自動売買)取引

XMTradingでは、EA(自動売買)取引も禁止されていません。

XMTradingでは、口座を8つまで開設できるため、複数のEAで別々に運用することも可能です。

また、EAと裁量トレードの口座を分けることで決済ミスなどを防止することができます。
ただ、超高速トレード(HFT)や外部システムを利用した取引は禁止されているので注意が必要です。

関連:XMTradingのEA・自動売買で儲かる人とは?おすすめの選び方や設定方法も

XMの禁止事項に関するよくある質問

最後に、XMTradingの禁止事項に関するよくある質問に回答していきます。

XMの禁止事項は?

XMTradingの禁止事項は以下の9つです。

  1. 複数口座間での両建て
  2. XM以外のFX業者との両建て
  3. 複数人による両建て
  4. アービトラージ(裁定取引)
  5. 接続遅延・レートエラー狙いの取引
  6. AIを利用した取引
  7. 窓開け・窓埋めのみを狙った取引
  8. 経済指標発表時のみを狙ったハイレバトレード
  9. XMポイント・ボーナスの不正取得

XMの両建て取引の禁止事項は?

XMTradingでは、以下の両建て取引を禁止しています。

  • 複数口座・別口座での両建て
  • XM以外のFX業者との両建て
  • 複数人での両建て
  • 特定の通貨ペア同士の両建て
  • XMポイント狙いのみの両建て

XMの両建てルールについては、「XMでの両建てのやり方・解除方法・禁止ルールまとめ」で詳しく解説しています。

XMではスキャルピングは禁止?

XMTradingでは、スキャルピングトレードは禁止されていません。

スキャルピングを認めていますか?

はい、認めています。

XMでは経済指標トレードは禁止?

XMTradingでは、経済指標発表のFX取引は禁止されていません。

ただし、経済指標発表時のみを狙ったハイレバレッジ取引は、「ゼロカットを悪用した取引」として禁止されています。

XMでは自動売買・EAは禁止?

いいえ、XMTradingでの自動売買・EA取引は可能です。

ただし、超高速トレード(HFT)や外部システムを利用した取引は禁止されているのでご注意ください。

XMTradingの禁止事項まとめ

ここまで、XMTradingの禁止事項について解説してきました。

[jin-fusen3 text=”XMの禁止事項まとめ”]
  1. 複数口座間での両建て
  2. XM以外のFX業者との両建て
  3. 複数人による両建て
  4. アービトラージ(裁定取引)
  5. 接続遅延・レートエラー狙いの取引
  6. AIを利用した取引
  7. 窓開け・窓埋めのみを狙った取引
  8. 経済指標発表時のみを狙ったハイレバトレード
  9. XMポイント・ボーナスの不正取得

禁止事項に該当する行為を行えば故意でなくとも、ペナルティを課されてしまいます。

ペナルティには利益の全額没収や口座凍結などの厳しいものがあります。

XMtradingで取引をする際には、この記事を参考にして禁止事項をしっかりと把握しておきましょう。

XMTradingの取引で口座凍結されてしまった方は、「XMtradingの口座凍結・休眠口座になる原因・理由と解除方法」の記事をご覧ください。

The post XMtradingの禁止事項・利用規約をチェック!両建てやスキャルピングは可能? first appeared on 海外FXオンライン|海外FX口座の徹底比較サイト.