XMでの両建てのやり方・解除方法・禁止ルールまとめ

海外FX

XMでの両建てのやり方・解除方法・禁止ルールまとめ

XMTradingの両建て 

XMTradingでは、同一口座間での両建て、スキャルピングやEA(自動売買ツール)での両建てが認められています。

XMTradingでの両建てには、

  • 必要証拠金ゼロでロスカットを回避できる
  • 同時解除で片方のスプレッドが無料になる
  • XMポイントが両ポジションで加算される

といったメリットがあります。

この記事では、XMTradingでの両建て手法のメリットや注文方法・解除方法を解説していきます。

おすすめの両建て手法も解説しているので、両建てでトレードの幅を広げたい方はぜひ最後までご覧ください。

XMTradingでの両建て取引のメリット

XMTradingでの両建て取引には、以下の3つのメリットがあります。

[jin-fusen3 text=”XMの両建てメリット”]

XMTradingでは、3000円口座開設ボーナス最大50万円の入金100%ボーナスキャンペーンを提供しています。XMのボーナスで両建てトレードを試してみたい方は、まずは無料で口座開設しておきましょう!

無料で口座開設する
(XM公式サイト)

必要証拠金ゼロでロスカットを回避できる

XMTradingでは、特定の銘柄で同ロット数の両建てをすると必要証拠金がゼロになります。

[jin-fusen3 text=”必要証拠金がゼロになる銘柄”]
  • 外国為替(FX)の全通貨ペア
  • 金(ゴールド)
  • 銀(シルバー)

必要証拠金がゼロになると、証拠金維持率も低下しないので強制ロスカットは発生しません。

[jin-fusen3 text=”強制ロスカットとは”]

証拠金維持率(必要証拠金に対する口座残高の割合)が、ロスカット水準を下回ると強制的に決済される仕組み。

XMTrading以外の海外FX業者では、それぞれ証拠金が発生することもあるため、両建てしてもロスカットのリスクはゼロではありません。

特に、XMでハイレバトレードをしたい方には、両建てによるロスカット回避は非常に有効な手法でしょう。

  • 対象外の銘柄での両建てには50%の証拠金が必要
  • 同ロット数の両建て以外では必要証拠金が発生

同時解除で片方のスプレッドが無料になる

XMTradingの両建てでは、MT4の同時解除機能を使うと片方のスプレッドが無料になります。

XMTradingのスプレッドは他の海外FX業者と比べると広めに設定されています。

取引コストを抑えるためにも、両建てポジションは「同時解除」で決済しておきましょう。

同時解除のやり方は「XMTradingでの両建てやり方(MT4)」で説明しています。

「両建て同時解除機能」はMT4にしかありません。MT5では利用できないのでご注意ください。

XMポイントが両ポジションで加算される

[jin-img-kadomaru]XMポイントのステータスランク[/jin-img-kadomaru]  

XMTradingでの両建てでは、すべてのポジションにXMポイント(XMP)が加算されます。

[jin-fusen3 text=”XMポイントとは”]

XMTradingで実施しているロイヤリティプログラム(キャッシュバックキャンペーン)で受け取れるポイントのこと。
取引ボーナスへの換算や現金として出金も可能。

XMポイントは1ロットごとに付与されるため、両建てすれば通常の2倍のXMポイントを稼ぐことが可能です。

効率良くXMポイントを貯めたい方は、両建て手法をトレードに取り入れてみましょう。

XMポイントのみを狙った両建てトレードは禁止されています。
取引数を増やすためだけの両建ては行わないようにしましょう。

関連:XMポイント(XMP)の効率的な貯め方は?確認方法や使い方も徹底解説【ロイヤルティプログラム】

XMTradingでの両建てやり方(MT4)

続いて、XMTradingでの両建てのやり方を紹介していきます。

今回は、MT4での注文方法・解除方法を見ていきましょう。

XMTradingのMT4・MT5のダウンロード方法は「「XMのMT4/MT5ダウンロード・ログイン方法・使い方を徹底解説」をご覧ください。

両建て注文方法

XMTradingで両建てするやり方は非常に簡単。保有しているポジションと逆のポジションをエントリーするだけです。

具体的には、以下の手順で両建て注文ができます。

  • ドル円の買いポジションを1ロット保有
  • ドル円の売りポジションをエントリー

売りポジションの注文は、買いポジションと同ロット数でなくても構いません。

買いポジションと売りポジションを同時に保有していれば、それだけで「両建て状態」となります。

ただし両建てによりロスカットを回避したい場合は、「同ロット数での両建て」が必要です。

両建て解除方法

両建てポジションは、以下の2種類の方法で解除できます。
[jin-fusen3 text=”両建て解除方法”]

  • ポジションを別々に解除・決済する
  • 同時決済・同時解除する

XMTradingでは、MT4の「両建て同時解除」機能で決済すると、片方のポジションのスプレッドが0になります。

XMでの取引コストを抑えたい方は、MT4の同時決済・同時解除で両建てを解除するようにしましょう。

ポジションを別々に決済・解除する

両建てポジションを別々に決済・解除する場合は、特別な手順は必要ありません。

通常の取引と同じように、MT4のターミナル画面からそれぞれのポジションを決済しましょう。

ポジションを同時決済・同時解除する

MT4では、以下の方法で両建てポジションを同時決済・同時解除できます。

[jin-fusen3 text=”両建ての同時解除方法”]
  1. 「オーダーの発注」画面を開く
  2. 「注文種別」の中から「両建て解除:通貨ペアを指定」を選択
  3. 「複数決済」をクリック

①「注文変更または取り消し」をクリック
MT4上で「取引タブ」で保有しているポジションを右クリックして、「注文変更または取り消し」を選択します。

[jin-img-kadomaru]XMTradingの両建て同時解除1(MT4)[/jin-img-kadomaru] 

②「注文種別」の中から「両建て解除」を選択
オーダーの発注画面が表示されたら、注文種別の中から「両建て解除:通貨ペアを指定」または「両建て解除:対象玉を指定|を選択します。

[jin-img-kadomaru]XMTradingの両建て同時解除2(MT4)[/jin-img-kadomaru] 

「通貨ペアを指定」と「対象玉を指定」の違いは以下のとおりです。

  • 通貨ペアを指定:すべてのポジションを同時決済して両建てを解除
  • 対象玉を指定:指定のポジションを決済して両建てを解除

③「複数決済」をクリック
決済したい通貨ペアを再度確認して、「複数決済」をクリックします。

[jin-img-kadomaru]XMTradingの両建て同時解除3(MT4)[/jin-img-kadomaru] 

MT4での両建ての同時決済・同時解除の手順は以上です。

両建て取引のおすすめ手法

次に、XMTradingでの両建てを活かしたおすすめ手法をご紹介します。

おすすめの両建て手法は以下の2つです。

相場の急変動時の損失リスクを抑える

XMTradingでのおすすめの両建て手法は、相場の急変動時の損失リスクを抑える、です。

具体的な両建て手法の流れは以下のとおりです。

  1. 含み益のあるドル円の買いポジションを1ロット保有
  2. 雇用統計の発表前にドル円売りポジションを1ロットエントリー
  3. 相場が落ち着いたら両建てを解除

雇用統計の発表時などのタイミングでは、相場の急変動により予想以上の損失を受ける可能性があります。

そのため経済指標の発表前には、決済して利益を確定させるのが一般的ですが、利益が伸びている場合はそのまま保有しておきたいケースもあるでしょう。

そこで、経済指標の発表前に両建てをすることで、利益を固定して相場変動による損失リスクをゼロにすることができます。

スイングトレードなど、長期的なトレードをしている方には特に有効な手法でしょう。

ポジションを持ち越して節税する

続いてのXMのおすすめ両建て手法は、「ポジションを持ち越して節税する」です。

海外FXでは、決済して利益を確定すると、利益に対して税金が発生します。ただし、決済前の含み益の状態であれば税金を支払う必要はありません。

つまり、年末から年明けまでポジションを保有したままであれば、含み益には税金が発生せず税金対策になるのです。

ポジションを保有しているだけだと相場変動による損失リスクがありますが、両建てすれば安全にポジションを持ち越すことができるでしょう。

税金対策に両建てを利用したい方は、ぜひこの手法を試してみてください。

XMTradingの税金・確定申告については、「XMTradingの確定申告のやり方は?税金の計算や書類の書き方も徹底解説」の記事で詳しく解説しています。

XMの両建てにおける禁止ルール

XMTradingでは、両建てにおける5つの禁止ルールを設定しています。

XMTradingが禁止している両建てがバレると、利益取消や口座凍結・出金拒否のリスクがあります

XMでFX取引を始める前には確実に確認しておきましょう。

関連:XMtradingの禁止事項・取引規約をチェック!両建てやスキャルピングは可能?

①複数口座・別口座での両建て

XMTradingでは、複数口座間での両建てを禁止しています。

複数口座間での両建ては、ゼロカットを悪用した両建てとみなされ、口座凍結や出金拒否の対象となってしまいます。

[jin-fusen3 text=”ゼロカットとは”]

相場の急変動によりロスカットが間に合わず、損失が発生した場合に、FX業者が損失分を負担してくれるシステム

口座タイプが同じであっても、異なる口座とみなされることには注意しましょう。

関連:XMのゼロカットはいつ?マイナス残高がリセットされない条件も解説

②XM以外のFX業者との両建て

XMTradingと他のFX業者との間での両建ても禁止されています。

[jin-fusen3 text=”複数業者間での両建ての例”]
  • XMTradingのスタンダード口座で、ドル円の買いポジションを保有
  • GEMFOREXのオールインワン口座で、ドル円の売りポジションを保有

なお、海外FX業者だけではなく、国内FX業者との両建ても禁止されています。

業者を変えればバレないと思っていても、MT4やMT5の取引履歴から簡単にバレてしまいます。

疑われるような取引は絶対にやめておきましょう。

③複数人での組織的な両建て

XMTradingでは、複数人で組織的に両建てすることを禁止しています。

[jin-fusen3 text=”複数人での組織的な両建ての例”]
  • 自分:XMでドル円の買いポジションを保有
  • 友人:XMでドル円の売りポジションを保有

たとえ2人であっても、同じタイミングで両建てをしていれば「組織的な両建て」に該当する可能性があります。

過去には複数人での両建てをして、XMTradingから口座凍結・利益取消された事例もあるようです。

MT4やMT5の履歴からすぐにばれるので、複数人での両建ては行わないようにしましょう。

④特定通貨のリスクヘッジを目的とした両建て

XMTradingでは、異なる通貨ペアであっても、リスクヘッジを目的に複数口座や複数業者で両建てすることを禁止しています。

[jin-fusen3 text=”リスクヘッジを目的とした両建ての例”]
  • XMのスタンダード口座でドル円の買いポジションを保有
  • XMのゼロ口座でユーロドルの買いポジションを保有

上記のように異なる通貨ペアであっても、為替相場が連動する通貨ペア同士での両建てには注意が必要です。

禁止事項に該当するかはXMTradingの判断によりますが、怪しまれるような両建てはしない方が無難でしょう。

⑤XMポイント狙いのみの両建て

XMTradingでは、XMポイント狙いのみの両建ては認められていません。

XMTradingでの両建ては、効率よくXMポイントを貯められますが、あからさまなXMポイント狙いの取引は禁止されています。

取引量を増やすためだけの両建てトレードは行わないように注意しましょう。

XMTradingの両建てに関するよくある質問

最後に、XMTradingの両建てに関するよくある質問について回答していきます。

XMでは両建てを禁止していますか?

いいえ、XMTradingでは両建て取引を禁止していません。XMTradingでは、同一口座内であれば両建てトレードが可能です。

ただし、複数口座・別口座での両建てや複数人での両建てはできないのでご注意ください。

XMではEAを利用した両建ては禁止?

いいえ、XMTradingでは同一口座内であれば、EAを利用した両建ても可能です。

ただし、複数口座・別の口座でのEAを利用した両建ては禁止されています。

意図せず、同一通貨ペアで両建てしてしまわないように注意しましょう。

禁止されている両建てがバレるとどうなる?

XMTradingで禁止されている両建てがばれると、口座凍結や利益取り消しなどのペナルティが課せられます。

口座凍結・利益取り消しされると、せっかく稼いだ利益も出金するこはできません。

MT4やMT5の履歴からほぼ確実にばれるので、禁止されている両建てはやめておきましょう。

XMTradingの口座凍結の原因については、「XMの口座凍結は稼ぎすぎが原因?休眠口座との違いや解除方法も解説」の記事をご覧ください。

両建て手法は必勝法ですか?

いいえ、XMTradingでの両建て手法は必勝法ではありません。

あくまで、FXトレードの勝率を上げるための手法の1つです。

そもそもFXトレードに「勝率100%」の手法は存在しません。「必勝法」と言われている手法には裏があることが多いのでご注意ください。

XMの両建てでナンピン手法は可能?

はい、XMTradingでもナンピン手法は可能です。

ただし、ナンピン手法は相場状況によってはさらに損失が増える可能性もあるので使い方には注意しましょう。

まとめ

XMTradingでは、同一口座間であれば両建てが認められています。

さらに、XMの両建てには、以下のようなメリットがありました。

  • 同ロット数の両建てで必要証拠金がゼロになる
  • 両建ての同時解除で片方のスプレッドが無料になる
  • XMポイントが両ポジションで加算される

両建て手法は必勝法ではありませんが、うまく活用すれば損益回避や節税に利用することも可能です。

FX取引に慣れてきた方は、両建て手法も取り入れてトレードの幅を広げてみてください。

The post XMでの両建てのやり方・解除方法・禁止ルールまとめ first appeared on 海外FXオンライン|海外FX口座の徹底比較サイト.