XMの口座凍結は稼ぎすぎが原因?休眠口座との違いや解除方法も解説

海外FX

XMの口座凍結は稼ぎすぎが原因?休眠口座との違いや解除方法も解説

XMtradingの口座凍結・休眠口座 

海外FX業者の中で最も人気が高く、利用者数も多いXMTrading(エックスエムトレーディング)。

そんなXMTradingですが、Twitterや2chでは「XMで口座凍結された」「口座にログインできない」という口コミも存在します。

XMtradingでは、取引口座の放置や利用規約の違反により休眠口座・口座凍結となることがあるようです。

そこでこの記事では、XMTradingで口座凍結・休眠口座となってしまう原因とその解除法、口座凍結されないための3つのテクニックをご紹介します。

XMTradingで口座凍結されてお困りの方は、ぜひチェックしてみてください。

休眠口座 口座凍結
ログイン できる できない
原因 90日間放置 ・休眠口座をさらに90日間放置
・規約違反
解除方法 取引の再開・入金 解除できない
XMポイント 消滅 消滅
ボーナス 消滅 消滅
口座維持手数料 毎月5ドル なし
XMTradingの評判や口コミの真相が知りたい方は、次の記事も合わせてご覧ください。

関連:XMTradingの評判と口コミ!勝てない噂や安全性を徹底検証

XMの口座凍結・休眠口座の解除方法

まずは、XMtadingで凍結口座や休眠口座となってしまった場合の解除方法を解説していきます。

口座凍結された場合と休眠口座となった場合で対処法が異なるので、それぞれ確認していきましょう。

口座凍結の解除方法

XMtradingで口座凍結されてしまうと、残念ですが解除することができません。

口座凍結された場合は、改めてXMTradingで新規口座開設を行う必要があります。

>XMtradingの無料口座開設はこちらから

XMTradingでは、口座開設ボーナスは1度しか受け取ることができません。

新しいアカウントでの口座開設ボーナスの取得は、ボーナスの不正受給とみなされるためご注意ください。

なお、入金ボーナスやXMポイントは受け取り可能です。

休眠口座の解除方法(入金/取引)

XMtradingの取引口座が休眠口座となってしまった場合であれば、入金、または取引再開によって休眠口座を解除できます。

[jin-fusen3 text=”XM休眠口座の解除方法”]
  • 休眠口座への追加入金
  • 休眠口座で取引をする

XMTradingでは、全ての口座が凍結されてなけばXM会員ページへのログインが可能です。

休眠口座となっても焦らずに、XM会員ページにログインできるか確認してみましょう。

休眠口座に取引資金が残っていない場合は、XM会員ページから入金手続きを行ってください。

XM口座への入金方法を忘れてしまった方は、次の記事をご覧ください。

関連:XMtradingの入金方法-おすすめの銀行・クレジットカード

また、口座残高が残っていれば再度取引を行うことでも休眠口座を解除できます。

ただし、休眠口座になると毎月5ドルの口座維持手数料が引かれてしまうので、休眠口座は早めに解除しておきましょう。

XMの口座凍結・休眠口座の原因・理由

XMtradingで口座凍結・休眠口座となる原因・理由は、大きく分けて次の3つです。

[jin-fusen3 text=”XM口座凍結・休眠口座の原因と理由”]
  1. 取引せずに90日間放置すると休眠口座になる
  2. 休眠口座をさらに90日間放置すると口座凍結になる
  3. 取引規約に違反すると口座凍結になる

取引せずに90日間放置すると休眠口座になる

XMtradingで口座を取引せずに90日間放置すると、休眠口座となります。

XMtrading会員ページやMT4/MT5へのログインはできますが、月額5ドルの口座維持手数料が毎月引かれます。

休眠口座になると、保有していたボーナスやXMポイントはすべて消滅するため注意が必要です。

休眠口座は、入金することで休眠状態を解除できます。

休眠口座をさらに90日間放置すると口座凍結になる

休眠口座から口座維持手数料が引かれ続けると、口座残高が0になります

口座残高が0になってからさらに口座を放置すると口座凍結となり、XMtrading会員ページやMT4/MT5へのログインもできません。

XMの取引規約に違反すると口座凍結になる

XMtradingの休眠口座は合計180日間という猶予がありますが、規約違反による口座凍結の場合は、発覚した時点で即座に口座凍結されてしまいます。

規約違反による口座凍結では、XMtrading会員ページやMT4/MT5にログインできないことはもちろん、入金や出金もできません。

XMtradingで取引を行う際は、事前に禁止事項や取引規約をよく確認しておきましょう。

関連:XMtradingの禁止事項・取引規約をチェック!両建てやスキャルピングは可能?

口座凍結になる禁止事項・規約違反

XMtradingで口座凍結の対象となる禁止事項には、次のようなものがあります。

第三者による口座開設

XMtradingでは、本人以外の第三者や虚偽の情報で口座開設することは禁止されています。

口座有効化の際には本人確認情報を提出しますが、XMtradingの口座名義と同じ名義の書類を提出する必要があります。

複数口座・複数業者での両建て

XMtradingでは同一口座による両建ては可能ですが、XMtradingの複数口座、またはXMtradingと別の海外FX業者との両建ては禁止されています。

両建てにはロスカットを防いだり取引コストを節約したりといったメリットがありますが、ルールを守って行うようにしましょう。

XMTradingでの両建てについては、「XMでの両建てのやり方・解除方法・禁止ルールまとめ」の記事をご覧ください。

XMのボーナス不正取得は禁止

XMtradingの口座開設ボーナスは、新規の口座開設者限定で受け取れる1人1度限りの特典です。

他人になりすましてボーナスを受け取ったり、偽造した書類で口座開設を行いボーナスを行ったりすれば、XMtradingの規約違反に該当し口座凍結の対象となります。

また、取引ごとにXMP(ロイヤリティープログラム)が付与されますが、不正な取引によりXMPを取得すれば口座凍結の対象です。

窓開けを利用したハイレバレッジトレード

窓開けトレードとは、市場が休場の間に大きなイベントが発生し、イベントの影響で休場明けの価格が休場前の価格とは大きく離れて開始されるような状態のことを指します。

[jin-fusen3 text=”XMで禁止される窓開けトレードの例”]
  • 週末にハイレバレッジでエントリー
  • 週明けの月曜日には大きな利益か大きな損失が発生
  • XMtradingにゼロカットがあるので、利益が発生すれば自分のものにでき、損失の場合はゼロカットにより無効になる

このような取引はゼロカットの悪用とみなされ、XMtradingでは口座凍結の対象となります。ただ、XMtradingでは窓開けトレードの明確な基準がないので、明らかにゼロカット頼みのギャンブルトレードとみなされるようなトレードはしない方がよいでしょう。

XMで口座凍結・休眠口座とならないテクニック

ここでは、XMTradingで口座凍結や休眠口座にならないための3つのテクニックをご紹介します。

  • XMマイクロ口座で取引する
  • ボーナスを使ってトレードする
  • 使わない口座は解約する

XMマイクロ口座で取引をする

XMTradingで口座凍結・休眠口座とならないためには、定期的にFX取引をすることが重要です。

ただ忙しくて時間がない人だと、口座凍結されないためだけに本気でトレードするのは大変ですよね。片手間でトレードしてもいい結果にはならず、口座残高を失うだけになってしまうかもしれません。

そこで、口座凍結・休眠口座を回避するためには、XMTradingの少額投資向け口座のマイクロ口座でのトレードがおすすめです。

XMマイクロ口座は、1ロット=1,000通貨で取引できるため、小ロットであればトレードで勝てなくても資金はほとんど失われません。

口座凍結や休眠口座を回避するためのトレードで、資金を失うは嫌という方は、XMマイクロ口座を活用しましょう。

関連:XMtrading口座タイプのおすすめは?違いや変更・確認方法

ボーナスを使ってトレードする

口座凍結・休眠口座を回避するためには、XMのボーナスを使って定期的にトレードすることもおすすめです。

[jin-fusen3 text=”XMのボーナスキャンペーン”]
  • 口座開設ボーナス
  • 入金100%+20%ボーナス

ボーナスを使えば有利に取引を進められますし、定期的に入金ボーナスを受け取るだけで休眠口座になることを回避できます。

しばらくFXから離れていた方でも、ボーナスがあればまた取引したくなるかもしれません。

新しいボーナスキャンペーンが開催されていることもあるので、XMボーナス最新情報を確認してみましょう。

使わない口座は解約する

XMTradingで利用しなくなった口座は早めに解約しておきましょう。

口座残高が残っている状態で休眠口座となると、毎月5ドルの口座維持手数料が引かれてしまいます。

使っていない口座あると、管理も大変になってFXトレード自体が嫌になってしまうかもしれません。

XMの会員ページから簡単に解約できるので、使わない口座がある場合は早めに解約手続きをおこないましょう。

XMの口座解約の手順や解約前の注意点については、「XMTradingの口座解約・退会方法を解説!再登録するには?」の記事を参考にしてください。

口座凍結・休眠口座に関するよくある質問

最後に、口座凍結・休眠口座に関するよくある質問を見ていきましょう。

口座凍結・休眠口座となった場合にボーナスやXMポイントはどうなる?

口座凍結・休眠口座どちらの場合も、全てのボーナスとXMポイントは消滅します。

また、ロイヤルティプログラムのランクもリセットされてしまいます。

ランクを維持したい方は、少額でもよいので毎日取引するようにしましょう。

関連:XMポイント(XMP)の効率的な貯め方は?確認方法や使い方も徹底解説【ロイヤルティプログラム】

口座凍結・休眠口座では出金できますか?

XMtradingで口座凍結や休眠口座になると、出金することができません。

休眠口座では、入金により休眠状態を解除することで出金することができます。

口座凍結や休眠口座以外のXMTradingで出金できない理由・原因が知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

関連:XMTradingで出金拒否はある?出金できない原因と対策(2chの投稿あり)

XMではスキャルピングは口座凍結の対象ですか?

XMtradingでは、スキャルピングは口座凍結の理由・原因とはなりません。

XMでは稼ぎすぎたら口座凍結されますか?

通常の取引をしている限り、XMtradingなどの海外FX業者で稼ぎすぎても口座凍結されることはまずありません。

口座凍結の原因・理由として、稼ぎすぎではなく禁止事項違反があった可能性があります。

XMtradingでは特に、ゼロカットの悪用をともなうようなトレードには注意が必要です。取引の前には、XMtradingの取引規約・禁止事項をよく確認しておきましょう。

関連:FXで儲かりすぎると口座凍結されるって本当?理由や対処法を調べてみた

口座凍結後に確定申告用の年間取引報告書を取得できますか?

XMtradingで口座凍結されてしまうとログイン自体ができないため、自分で年間取引報告書を入手することはできません。

したがって、XMtradingカスタマーサポートに問い合わせる必要があります。

関連:XMTradingの確定申告のやり方は?税金の計算や書類の書き方も徹底解説

凍結口座は解約する必要はありますか?

XMTradingで口座凍結された場合は、口座解約する必要はありません。

XMでは、口座凍結された時点で自動で口座が削除されます。

休眠口座となった場合のみ、口座維持手数料が引かれないように解約手続きをしておきましょう。

XMTradingの口座解約については、「XMTradingの口座解約・退会方法を解説!再登録するには?」の記事をご覧ください。

XMTrading口座凍結・休眠口座まとめ

XMtradingでは、規約違反以外による口座凍結以外に、口座残高のない口座を90日以上放置した場合に口座凍結となります。

口座凍結・休眠口座では口座維持手数料が引かれたり、ボーナスが消滅、入出金や取引もできなくなるといったデメリットがあります。

このような事態に陥らないためにも、XMtradingでは少量の長期ポジションを保有しておくのも1つの手です。

口座凍結・休眠口座への対策として、両建てやマイクロ口座での少額取引の継続といった方法を活用できます。

The post XMの口座凍結は稼ぎすぎが原因?休眠口座との違いや解除方法も解説 first appeared on 海外FXオンライン|海外FX口座の徹底比較サイト.