GEMFOREXで強制ロスカットになる維持率と計算方法

海外FX

GEMFOREXで強制ロスカットになる維持率と計算方法

gemforex ロスカット

「GEMFOREXのロスカット水準は何%?」

「ロスカットされる金額の計算方法を教えて欲しい」

このようなGEMFOREXのロスカットについて知りたい人向けに、ロスカット水準やロスカット計算方法について紹介して行きます。

ロスカットされる金額はレバレッジも影響しているので、GEMFOREXのレバレッジ1000倍の優位性についても解説したいと思います。

GEMFOREXの公式ホームページ

 

↓海外FXランキング2022年最新版はコチラ

GEMFOREXのロスカットとは? ロスカットと証拠金維持率

強制ロスカットとは
「トレード時に損失が出た際、口座残高がある金額まで減ってしまうと、それ以上の損失が出るのを防ぐために強制的に行われる決済」のことを指します。
このシステムのおかげで、世の中のFXトレーダーは莫大な損失から守られているので、他の海外FX業者や国内FX業者にも当たり前のように定められています。
ロスカット水準とは
「損失が増えて、口座残高が○○円までに減ったら強制ロスカットが行われるライン(水準)」のことを言い、「証拠金維持率」とも言います。
マージンコール ロスカット水準
50% 20%

参照:よくある質問 自動ロスカット制度はありますか?

ロスカット水準は「証拠金維持率」とも言われ20%に設定されていて、必要証拠金の20%になると強制的にロスカットされます。

この20%は海外FXでは平均的な数字ですが、国内FXの50%~60%と比べてロスカットされにくいのが特徴的です。

ロスカットは本来、顧客の資金保護を目的としていますが、ロスカットされてしまっては「損切り確定」になるだけですので低い水準の方がおすすめです。

 

マージンコールは証拠金維持率50%

GEMFOREXのマージンコールは80%となります。

50%以下になると、画像のようにMT4アプリの数字部分が赤くなり、「もうすぐロスカットされる」というシグナルになります。

パソコンでも残高部分が赤色になる

パソコンでも、このように残高部分が赤色で表示されるので、証拠金が少なくなっているのが分かると思います。

 

ロスカットになるポジションは評価損の大きいポジションから

GEMFOREXのロスカットは、証拠金維持率が20%を下回ると「評価損の大きいポジションから」強制的に決済されていきます。

ポジションを強制決済して証拠金維持率が20%を上回ればロスカットが止まり、再度20%を下回るとポジションの強制決済がされていきます。

 

証拠金維持率によるロスカット水準の違い

GEMFOREXのロスカット水準が20%と言われても、どれくらいの違いあるのか計算してみましょう。

ロスカット水準20%、30%、40%、50%の場合、「いくら負けて大丈夫か?」比べてみます。

レバレッジ1000倍、証拠金2万円、5万通貨の場合

ロスカット水準 20% 30% 50%
ロスカットされるpips 37.8pips 36.7pips 34.5pips
ロスカットされる金額 -18,900円 -18,350円 -17,250円

このようにロスカット水準が低いほど、ロスカットされる金額が低くなります。

pips計算だとロスカット水準が10%下がるごとに、1.1pipsの差が出て来ます。

「もうすぐ反転するのに~!」というタイミングでロスカットされてしまっては非常に残念ですので、GEMFOREXのロスカット水準の低さは魅力だと思います。

(ただし、ロスカット水準が低いほどロスカットされて残る資金が資金が少なくなるので、資金は少なめに投資しましょう)

 

レバレッジが高い方がロスカットされにくくなる

ロスカットされる金額はレバレッジも大きく影響し、GEMFOREXの1000倍も有利に働いています。

ここでは同じロスカット水準20%のXMとAxioryで、ロスカットされる金額を比べてみましょう。

ロスカット水準20%、証拠金2万円、5万通貨の場合

レバレッジ 1000倍(GEMFOREX) 888倍(XM) 400倍(Axiory)
ロスカットされるpips 37.8pips 37.5pips 34.5pips
ロスカットされる金額 -18,900円 -18,761円 -17,250円

このようにロスカット水準が同じであってもレバレッジの高さによって、ロスカットされる金額が違ってきます。

GEMFOREXはレバレッジが非常に高いので、ロスカットされにくいという特徴があります。

 

GEMFOREXのロスカット計算方法

GEMFOREXのロスカット水準は以下のように計算します。

ロスカット水準20%の場合と、参考に30%の場合の計算方法を載せておきます。

ロスカット水準20%の計算方法
110円 × 5万通貨 ÷ 1000倍 = 5,500円
5,500円 × 0.2(ロスカット水準) = 1,100円
20,000円 – 1,100円 = 18,900円
18,900円 ÷ 5万通貨 × 100 = 37.8pips
ロスカット水準30%の計算方法
110円 × 5万通貨 ÷ 1000倍 = 5,500円
5,500円 × 0.3(ロスカット水準) = 1,650円
20,000円 – 1,650円 = 18,350円
18,350円 ÷ 5万通貨 × 100 = 36.7pips

ロスカット水準の計算方法は少し分かりにくいので海外FX ロスカット計算機を使うとより楽に計算が行えます。

レバレッジ1000倍、ロスカット水準20%

ロスカット計算機を使えば、一瞬で計算することができます。

トレードする時は、常に「いくらまで負けて良いのか?」をpips数や証拠金維持率を意識しておくと良いでしょう。

ロスカットされてしまっては「損切り確定」となってしまます。

次で紹介するロスカットを防ぐ方法と合わせて上手く使って行きましょう。

 

GEMFOREXのロスカットを防ぐ方法

ロスカットは損切りを確定させてしまうので、何としても避けたいところですよね。

ロスカットを避ける方法3つを紹介します。

ロスカットを防ぐ3つの方法
  • 証拠金に対して、ポジションサイズを考える
  • 損切りルールを決めておく
  • 両建てをしてロスカットを一時的にしのぐ

 

証拠金に対して、ポジションサイズを考える

トレードする資金には限りがあるので全ての資金を一気につぎ込んで溶かす訳には行きません。

FXで一番大事なのは、トレードを続けられることです。

証拠金維持率や許容金額を考えながら、安全圏でトレードするようにしましょう。

もしくは1回の入金を少なくし、ロスカットされても良いようなトレード手法にしましょう。

 

損切りルールを決めておく

損失の拡大を防ぐために、損切りのための自分のルールをあらかじめ決めておきましょう。

また、自分で決めたルールを厳守して、損切りをしないといけない場面では、絶対に損切りをするようにしましょう。

「1回のトレードで〇〇pips負けたら損切り」「証拠金が〇〇円になったら損切り」など、感情に左右されないルール作りが大切です。

 

両建てをしてロスカットを一時的にしのぐ

ちょっとした小技ですが両建てを使って一時的にロスカットを食い止める方法もあります。

この手法は、「もうすぐ反転しそうなのに、ロスカットされてしまう」といった状況で有効です。

 

GEMFOREXは通信障害やレート異常によるロスカットは補填される可能性あり

GEMFOREXのロスカットについて調査していたところ、GEMFOREX側の原因によるロスカットが発生した場合、このように補填されることがあります。

今回は通信障害によるレート異常のようですが、もしおかしなロスカットがあれば、証拠になるMT4のチャート画面のスクリーンショットを付けてサポートに連絡してみましょう。

 

GEMFOREXのロスカットまとめ

GEMFOREXのロスカットについて紹介して来ました。

計算方法が少し複雑で分かりにくい部分もあったかもしれませんが、海外FX ロスカット計算機などのツールを使ってロスカットについて把握しておきましょう。

GEMFOREXはレバレッジ1000倍、ロスカット水準20%でトレードには有利な環境が整っています。

あまり無理してハイレバレッジにし過ぎず、ポジションも多すぎない程度でトレードして行きましょう。

GEMFOREXの公式ホームページ

 
【GEMFOREX・ロスカット関連記事】