Hotforex法人口座の特徴と開設方法・手順と必要書類

海外FX

Hotforex法人口座の特徴と開設方法・手順と必要書類

hotforex 法人口座

Hotforex法人口座の特徴と開設方法を紹介していきます。

口座開設方法の手順を画像付きで紹介し、必要書類についても解説したいと思います。

Hotforexの法人口座は特別な特典などはありませんが、税金対策となるため、利益がたくさん出ている人は法人化して節税しましょう。

Hotforexの口座開設はコチラ

 

↓海外FXランキング2022年最新版はコチラ

Hotforex法人口座の特徴とメリット

Hotforex法人口座の特徴やメリットを紹介します。

法人口座は個人口座と取引条件は同じ

Hotforexの法人口座は個人口座と取引条件が同じで、大きな資金や大きなロットで取引する必要がなく、取引しやすいのが特徴です。

入金はXレバレッジ口座で1万円から、その他の口座は10万円から入金が可能です。

ロットもXレバレッジ口座とcTrader口座は0.01ロットから、ILC口座とCurrenex口座で0.1ロットから取引ができます。

 

口座タイプはそれぞれ特徴が違う

口座タイプ マイクロ口座 プレミアム口座 ゼロスプレッド口座
レバレッジ 1000倍 500倍 500倍
ロスカット水準 10% 20% 20%
ウェルカムボーナス
スーパーチャージボーナス
100%クレジットボーナス
スプレッド
(USDJPY)
2.06pips 2.06pips 1.19pips(0.59)
最低入金額 5ドル 5ドル 200ドル
最大ロット 7ロット 60ロット 60ロット

参照:Hotforex口座タイプ

Hotforexは口座タイプによって特徴が違うため、どれがおすすめか言いにくいですが、レバレッジ重視であればマイクロ口座、ボーナス重視であればプレミアム口座となります。

スプレッド重視の場合はゼロスプレッド口座を選択しましょう。

ボーナスとスプレッドについては以下のページで詳しく解説しているので参考にしてください。

> Hotforexの入金ボーナスとキャンペーン 種類と条件・出金
> Hotforexのスプレッド一覧 平均スプレッドと全通貨ペア

 

法人口座は税金対策・節税になる

個人 法人
国税 所得税:5~45% 法人税:15~23.2%
地方法人税:2~2.4%
地方税 住民税:10% 法人事業税:3.5~7%
法人住民税:1.3~1.6%
合計 15%~55% 21.8%~33.2%

参照:国税庁 No.2260 所得税の税率国税庁 No.5759 法人税の税率

個人の場合は海外FXは雑所得となり、税率が高く、損益通算や損失繰越は不可となっています。

法人口座を作ることで税率が低くなり、損益通算や損失繰越が可能となり、経費にできる範囲も増えてきます。

法人化することによる税金のメリットについては以下のページで詳しく解説しているので参考にしてください。

> 海外FXの法人化は税金対策になる?法人口座おすすめ業者と開設方法

 

法人口座開設に必要な書類は5つ

Hotforexで法人口座を作るには以下の5つの書類が必要となります。

口座開設をする前に事前に準備をしておきましょう。

法人の登記簿謄本

登記簿謄本 履歴事項全部証明書

まずは会社の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)が必要になります。

法務局に行って取得しましょう。

 

定款

会社の定款も提出する必要があります。

もし会社に定款が無い場合は、法務局に行き閲覧申請をするか、公証役場に行って謄本申請をする必要があります。

 

株主名簿

株主名簿は自分でエクセルなどを使って作成をして、株主全員の印鑑を押して提出する必要があります。

無料のひな型などをダウンロードして提出しましょう。

 

役員の本人確認書類

写真付き公的身分証明書いずれか1点
運転免許証 パスポート マイナンバーカード

法人口座には代表者や役員の身分証明書も必要になります。

役員全員の身分証明書が必要になりますので、他に役員がいる人は、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

役員の住所確認書類

現住所確認書類いずれか1点
健康保険証 住民票 公共料金等の請求書
銀行取引明細書 クレジット請求書

代表者・役員全員の住所確認書類も必要になります。

住所を確認できる公的な書類を準備しておきましょう。

 

法人口座の開設手順を画像付きで解説

Hotforex法人口座の開設手順を画像付きで解説していきます。

トップページからライブ口座開設

まずはHotforexトップページ右上の「ライブ口座開設」をクリックします。

 

法人にチェックを入れて会社情報・代表者情報を入力

会社情報
登録国:Jpanan
会社名称:(例)〇〇〇 Co., Ltd.
登録番号:法人番号を入力

代表者情報
電話番号:9011223344(090-1122-3344の場合)
名前:(例)Taro
姓:(例)Yamada
メールアドレス:(例)support@〇〇〇.co.jp
パスワード:大文字、小文字、数字を含む

「個人・法人・共同名義」の3つのタグに分かれているので、法人にチェックを入れてから会社情報、代表者情報を入力していきます。

 

登録アドレスにメールが来る

ここで一旦、登録したアドレスにメールが届きますので確認しましょう。

 

メールを見て口座有効をクリック

Hotforexからのメールを開いて口座有効をクリックします。

 

代表者情報・住所情報

  • 出生国:Japan
  • 敬称:男性:ミスター、女性:ミス・ミスィズ
  • 教育:(例)大卒
  • ポジション:(例)取締役
  • 住所1:(例)●●●Apartment206
  • 住所2:(例)Shibaura1-2-3
  • 市区町村:Minato-Ku
  • 都道府県:Tokyo
  • 郵便番号:105-0023
  • 会社代表者の情報と代表者個人の住所を入力しましょう。

     

    通信環境設定・myHFウォレットの基本通貨

    通信環境設定のチェックは必要なければ外し、myHFウォレットは基本通貨を選択します。

    JPYで良いと思いますが、ドル口座が作りたい場合はUSDを選択しましょう。

     

    会社情報・取引知識と経験

    ・推定純資産額:該当するものチェック
    ・資金源:該当するものをチェック
    ・本社所在地:(例Hachioji
    ・町名・番地:(例)Motohongouchou 1-2-3 Asahi Building 101
    ・郵便番号:(例)111-2233
    ・事業内容:該当するものをチェック

    会社の資産状況と住所を入力します。

    取引知識と経験も該当するものにチェックを入れましょう。

     

    申告(全ていいえ)

    全ての項目にチェックを入れましょう。

    申告は全ての”いいえ”にチェックを入れましょう。

    By checking this box I place my digital signature confirming that I am at least 18 years of age and I have read and agree to all
    このボックスをチェックすることにより、私は18歳以上であり、すべての事項を読み、同意したことを確認するデジタル署名を行います。

     

    身分証明(PLE)・住所証明(POA)のアップロード

    身分証明書
    パスポート マイナンバーカード 運転免許証
    住所確認書
    電気料金明細 ガス料金明細 電話料金明細 銀行明細/クレカ明細

    個人の身分証明書と住所証明書をアップロードしましょう。

     

    アップロード完了

    これで個人の書類アップロードは完了です。

    Hotforexからメールが来るので待ちましょう。

     

    法人書類提出のメール

    提出書類
    ・履歴事項全部証明書(登記簿謄本)
    ・株主名簿
    ・定款
    ・登録株主および役員全員の身分証明書と住所証明書

    Hotforexから法人書類の提出メールが来ますので、返信に書類を添付して送りましょう。

    代表者の身分証明書、住所証明書は口座開設フォームで提出済だと思いますが、他に株主や役員がいる時は、メールに添付して送りましょう。

     

    書類受領のメール

    書類提出が問題なければこのようにお預かりのメールが来ます。

    審査に1週間ほどかかるので、しばらく待ちましょう。

     

    口座承認完了メール

    1週間ほど待つと口座承認完了メールが届きます。

    これで法人として取引を開始することができますので、ログインをして入金していきましょう。

     

    まとめ

    Hotforexの法人口座の特徴と開設方法を紹介して来ました。

    Hotforexの法人口座は取引条件は変わりませんが、提出書類がいくつか増えます。

    定款の提出が必要になるので、定款が見当たらない人は、登記簿謄本を取りに行くついでに、法務局で閲覧申請をして、写真を撮っておきましょう。

    Hotforexの口座開設はコチラ

    関連記事
    海外FXの法人化は税金対策になる?法人口座おすすめ業者と開設方法
    Hotforexの口座開設方法とかかる時間、必要書類