AximTradeの評価|評判・安全性について(アキシムトレード)

海外FX

AximTradeの評価|評判・安全性について(アキシムトレード)

AximTrade(アキシムトレード)」は、最大レバレッジ「無制限」を提供する数少ない海外FX業者の一つです。

他社では取り扱っていない希少な貴金属や、株式・仮想通貨のCFDも取引できます。また、新規口座開設者を対象に期間限定の最大50%入金ボーナスも実施中です。

ただし、現在のところ日本語サポートがなく取引条件も非常にクセが強いマニア向けの業者なので、海外FX初心者の人にはおすすめできません(2022年8月時点)。

AximTradeは、一通り海外FXの取引にも慣れて利益を出せるようになってきた中上級者のサブ口座としてなら口座開設を検討しても良いでしょう。

まずは、AximTradeのメリット・デメリット・ポイントをご覧ください。

メリット

  • 最大レバレッジ無制限で取引可能(INFINITE口座)
  • ロスカット率0%(INFINITE口座)
  • 最大50%入金ボーナスあり(スタンダード口座)
  • 貴金属・株式・仮想通貨の銘柄が豊富
  • ゼロカットあり

デメリット

  • 通貨ペアの種類が33銘柄のみ
  • 取引ツールがMT4のみ
  • スキャルピング禁止
  • スワップポイントがマイナスばかり
  • 日本語サポートなし
  • 入出金方法が不便
  • レートがフリーズしやすい
  • スプレッドが全体的に広め(スタンダード口座)
  • 海外トレーダーからの評判がイマイチ
  • 日本人トレーダーからのクチコミがない

ココがポイント

  • 海外での実績は長いが日本人トレーダーからの認知はほぼゼロ
  • 無制限レバレッジと取引銘柄以外では特に魅力がない
  • これからサービスを改善して本格的に日本進出を果たす可能性あり
  • 今のところ海外FXマニア以外にはあまりおすすめできない

AximTradeにはさまざまなメリット・デメリットがありますが、サブ口座としての主な利用価値は次の3つです。

  • いつもよりさらに投機的なトレードスタイルにチャレンジできる
  • 他社では取り扱っていない貴金属・株式・仮想通貨を取引できる
  • スタンダード口座なら最大50%入金ボーナスを獲得できる

AximTradeなら、これまで利用していた業者よりもさらに投機的なトレードスタイルを実践でき、他社にはないめずらしい銘柄も取引できます。さらに、スタンダード口座なら期間限定で最大50%入金ボーナスも利用可能です。

入金額1,000ドル以上は入金ボーナスの付与率が下がる仕組みなので、とりあえず試しに1,000ドル以下の少額入金をしてみて、イマイチと思えば即撤退しても良いかと思います。ただし、ボーナス有効期限は1ヶ月間なので注意してください。

しかし、30秒以内に決済するスキャルピングは禁止されています。また、今のところオンラインウォレットのPerfect MoneyまたはUSDT(テザー)しか利用できません。

取引条件や利便性に難がありますが、やはり心配なのは信頼性・安全性です。

海外で長年サービスを提供してきた実績はあるようですが、海外トレーダーからの評判はイマイチですし、当然ですが日本人トレーダーからはクチコミや出金報告は一切出ていません。

今後、サービスを改善して本格的に日本進出に乗り出せば大化けする可能性もありますので、今回は口座開設を見送るという人もしばらくAximTradeの動向をフォローしておいても良いでしょう。

URLに注意

  • https://www.aximtrade.com(公式サイトとして確認済)
  • https://www.aximtrade88.com(未確認)
  • https://www.aximtradeindo.net(未確認)
  • https://www.aximtradecis.com(未確認)

ちなみに、AximTradeにはいくつかの異なるURLが存在しているので注意してください。当サイトで確認できている公式URLは「https://www.aximtrade.com」のみです。その他のURLを経由した口座開設は、安全性に懸念があります。

AximTradeの公式サイトはこちら

 

信頼性・安全性

運営会社の実態が不透明な海外FX業者には注意が必要です。

突然の倒産・日本撤退の危険性がありますし、取引操作・出金拒否・利益取消といった、トレーダーの不利益に繋がる行為を平気で行う悪徳業者や詐欺業者も多いからです。

自分の大切な資金を守るためにも、最低限、会社の所在地・金融ライセンス・資金の管理体制ぐらいはしっかり公開している業者を選ぶようにしましょう。

 

金融ライセンスはASICで取得

会社情報
運営会社 Thara Heights Owner’s Corporation
設立 2010年1月14日
登録住所 英国領ヴァージン諸島
Quastisky Building, PO Box 4389, Road Town
Tortola, British Virgin Island.F20
金融ライセンス BVI FSC
英国領ヴァージン諸島 金融サービス委員会
(登録番号:1566389

AximTradeの親会社は、国際ビジネス企業「Thara Heights Owner’s Corporation」です。

AximTrade公式サイト AML対策には、2010年1月14日に英国領ヴァージン諸島 金融サービス委員会(BVI FSC)にて金融ライセンスを取得していると記載されています。

しかし、登録番号「1566389」をBVI FSC公式サイトで検索しても、AximTradeの登録は確認できませんでした。

英国領ヴァージン諸島の住所も私書箱(PO BOX)なので、実際現地にオフィスがあるかどうかも不明です。

また、ネットで「Thara Heights Owner’s Corporation」を検索すると香港の法人がヒットしますし、またシンガポールにもオフィスがあるとの情報も見つかるため、この会社の実態はよく分かりません。

 

会社情報
運営会社 AximTrade LLC AximTrade Pty Limited
設立 不明 不明
登録住所 セントビンセント・グレナディーン諸島
First Floor, Bank Building.
First St Vincent,James Street, Kingstownsen
Vincent and the Grenadines.
(会社番号:328 LLC 2020)
オーストラリア
103 566 St Kilda Rd Melbourne VIC 3002
金融ライセンス なし ASIC
オーストラリア証券投資委員会
(登録番号:001294600

AximTrade公式サイトには、グループ会社「AximTrade LLC」「AximTrade Pty Limited」の2社に関する情報も記載されています。

「AximTrade LLC」は「AximTrade」を直接運営する会社で、日本居住者もこの会社からサービスが提供されます。

規制の緩いオフショアのセントビンセント・グレナディーン諸島で法人登録しているだけなので、金融ライセンスは保有していません。

その代わりに、アメリカのNFA(全米先物協会:登録番号「0539713」)へ自主的に加盟しているようです。

 

しかし、NFA BASIC公式サイトで登録番号「0539713」を検索したところ、現在は「非メンバー(Not an NFA Member)」と表示されます。

後述する海外FX掲示板「FPA」でも同様のことが指摘されており、AximTrade公式サイトには古い情報が記載されていることになります。

 

オーストラリアの別会社「AximTrade Pty Limited」は、ASIC(オーストラリア証券投資委員会)で金融ライセンスを取得しています。

ASIC公式サイトで登録番号「001294600」を検索したところ、こちらは実際に登録状況が確認できました。

また、当サイトで口座開設したところ登録電話番号にオーストラリアからの着信があったことから、オーストラリアのメルボルンにオフィスやカスタマーサポートがあるのは間違いなさそうです。

このカスタマーサポート日本語非対応(2022年8月時点)ですが、英語であれば現地スタッフによるしっかりとしたサポートを受けることが可能です。

 

分別管理あり|信託保全なし

AximTradeから分離されたお客様の資金

お客様の資金は、金融サービス委員会の顧客資金に関する規則に基づいて、お客様の独立した銀行口座に保管されます。

お客様の資金が、Thara Heights Owners’ Corporation傘下であるAximTradeの自己資金と合算されることはありません。

(お客様のマネーバンクまたはThara Heights Owners’ Corporation傘下であるAximTradeのいずれかが)倒産した場合、お客様は金融サービス補償制度による補償を受けられる可能性があります。

出典:ファンドの分離(一部抜粋)

AximTradeでは、顧客資金と業者資金を明確に分別管理しているため、顧客資金がAximTradeの運営資金に充てられることはありません。

また、AximTrade公式サイトには「万が一AximTradeが倒産した場合、金融サービス補償制度による補償を受けられる可能性がある」と記載されています。

 

9.破産保護におけるリスク開示

客様がAximTradeを通じて行う取引は、取引所で行う他の取引とは異なります。お客様の資金の保護は、破産時に優先権を持つ資金や、取引所が担保する先物・オプション契約の保護とは異なる場合があります。店頭FX取引やオンラインデリバティブ契約、その他のオンライン取引商品に投資された資金は、同じ優先権を得ることができません。例えば、お客様がAximTradeの預金や利益を請求している間にAximTradeが破産した場合、一般債権者であるお客様の請求は優先権を得られないため、AximTradeがお客様の資金と会社の運営資金を分離しているにも関わらず、お客様には優先権のある請求の支払いが終了した後に残額が支払われることになります。

出典:リスク開示

しかし、別のリスク開示に関する文書には「顧客資金と業者資金は分別管理しているものの、顧客資金を最優先で返還するわけではない」と記載されています。

この金融サービス補償制度についてはあまりアテにできないようなので、その他の海外FX業者と同様に自己責任で入金・取引するようにしてください。

 

日本の金融庁から警告なし

出典:金融庁「無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について」

今のところAximTradeには、日本の金融庁・関東財務局から警告は出されておりません(2022年8月時点)。

金融庁に登録せずに日本人トレーダーを受け入れている全ての海外業者は、日本の法律上は無登録業者という扱いとなり警告が発せられます。

日本の法律上「海外業者が日本居住者にサービスを提供すること」「日本居住者が海外業者のサービスを使って取引すること」は合法です。

しかし、海外業者が日本居住者を対象に勧誘行為(プロモーション活動)を行うことは、以下の規制によって明確に禁止されています。

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。

しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。

出典:金融庁「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」

つまり、海外FX業者が日本語公式サイトを運営したり日本語でキャンペーンを告知したりすることがまずいという訳です。

そのため、日本人に人気のある海外FX業者のほとんどが、すでにこの警告を受けてしまっています。

ただ、この警告には行政処分や業務停止命令といった効力は一切ありません。今のところ金融庁からの嫌がらせのようなものだと考えてください。

 

クチコミ・評判

ここでは、海外トレーダー・国内トレーダーのクチコミの一部をご紹介します。

ただ、投稿者にはさまざまな事情があります。すべて鵜呑みにはせず、以下のような点に注意してご覧ください。

  • 口座タイプが違う
  • 取引銘柄・取引数量・注文方法が違う
  • 取引時間帯が違う
  • トレードスタイルが違う
  • VPSの有無・通信状態・スペックが違う
  • 投稿時期によってサービスが変わっている
  • 業者の禁止行為に抵触している
  • 負けた腹いせによる誹謗中傷・愚痴
  • アフィリエイターによる過剰な宣伝
  • ライバル会社による虚偽の投稿

 

大手海外FX掲示板FPAでは★2.5の低評価

海外最大級のFX掲示板「FPA(ForexPeaceArmy.com)」は、海外FX業者の評判を知る上でとても参考になるサイトです。ここでのAximTradeの評価は★2.5の低評価でした(2022年8月時点)。

海外FXWiki編集部

 

AximTradeのホームページには、National Futures Association (ID:0539713)が記載されています。 しかし、NFA Basic によると、NFA ID: 0539713、AXIMTRADE LLCはNFAメンバーではなく、NFA監視の対象とならない非メンバーです。(Google翻訳)

出典:FPA

2022年3月:AximTrade に偽の肯定的なレビューが再び大量に送信されました。 これらのいくつかは、2021年に提出された偽物と重複しています。2021年5月〜11月:AximTrade に対して、多数の偽の非常に疑わしい肯定的なレビューが提出されました。(Google翻訳)

出典:FPA

しかも、FPAの運営からは「金融ライセンスに関する虚偽の記載」や「FPAへの偽レビュー」についての警告を受けています。(2022年8月時点)。

海外FXWiki編集部

 

wc3677,selangor, Malaysia,Jan 1, 2022,Registered user

こんにちは、2020年からこのブローカーを使用しています。ここまでは順調ですね。高速入金・高速出金。サポートチームもとても速く返信します。(Google翻訳)

出典:FPA

Yvonneng,Ho chi minh,vietnam, Viet Nam,Jul 12, 2021,Registered user

Aximtrade で 2 年近く取引しており、このブローカーを友人に勧めています。 迅速な入出金、タイトなスプレッドを備えた本当に優れたプラットフォーム。 パンデミックの間、私は収入のほとんどを取引から得ており、これまでのところこのブローカーに満足しています。5つ星サービス!!(Google翻訳)

出典:FPA

Armand hanif,surabaya, Indonesia,May 22, 2021,Guest

新しいブローカーであるため最初は少し懐疑的でしたが、文句を言うべき点はあまりありません。24時間年中無休のカスタマーサービスによる迅速な入出金、そして、いくつかの技術的な問題をメールで簡単に解決策できました。メールでストップロスについて不満を言うと、1日以内に「MT4の不具合だった」との回答がもらえ補償を受けることができました。(Google翻訳)

出典:FPA

肯定的なレビューには、「迅速な入出金」「手厚いサポート」「タイトなスプレッド」に関するものが多い印象です。当サイトでも実際にサポートを利用していますが、スタッフの対応姿勢は非常に良いと感じました。ただし、今のところ日本語非対応です(2022年8月時点)。

海外FXWiki編集部

 

RNG75HIim,malaysia, Malaysia,May 24, 2022,Registered user

私の取引利益は、任意の理由で彼らによって差し引かれました。以下の私の取引記録の問題点をご覧ください。 私は短期トレーダーです。 私のように短期取引をする人は気をつけてください。 彼らはあなたの利益を任意の理由で控除します。(Google翻訳)

出典:FPA

Nguyen Van Hong,Ho Chi Minh, Viet Nam,Nov 3, 2020,Registered user

削除された利益: $541。すべてのトレーダーは、このブローカーに注意する必要があります. 彼らはあなたの利益を盗む多くの理由があります。(Google翻訳)

出典:FPA

AnnieTrinh,Ha Noi, Viet Nam,Oct 25, 2020,Registered user

私はブローカー https://www.aximtrade.com と取引し、自分のお金を危険にさらすことで合法的に利益を得ましたが、Aximtrade は私が他のアカウントにアクセスしたと非難し、取引をキャンセルして利益を取り除きました。 彼らの主張は、何の証拠も示さずに完全に間違っています。 一方、私の友人の何人かは、このブローカーと取引し、アカウントを第三者と共有していると非難されていますが、取引中にお金を失い、皮肉なことに Aximtrade は何もせず、知らないふりをしています。このブローカーは 100% 詐欺師です。あなたが利益を上げて引き出しを行った場合、彼らはあなたの取引をキャンセルしますが、反対に何もせず、お金を失った場合は入金を促します。誰もがこの強盗 Aximtrade から離れましょう !!(Google翻訳)

出典:FPA

vickytran,Ha Noi, Viet Nam,Oct 24, 2020,Registered user

このブローカーは完全に詐欺師です。 私は彼らと口座を開設して利益を上げましたが、彼らは私が他の口座にアクセスしたと故意に非難し、クローズした取引をキャンセルして私の利益を削除しました。 これらのアカウントは、第三者による共有についても誤って非難されています。 私は自分の苦労して稼いだお金をかなり危険にさらして取引しました。ヘッジ、HFT、または小売トレーダーで禁止されているその他のことはしませんでした。彼らのスキームは次のようになります。彼らと取引してお金を稼いだ場合、彼らはあなたが他のアカウントにアクセスしたと非難し、あなたの利益を取り除きますが、一方、あなたが負けた場合、彼らは何もせず、もっと入金するように促します。これは明らかに強盗行為です。 誰もが、この恐ろしく非倫理的な詐欺ブローカーに近づかないようにしなければなりません!!(Google翻訳)

出典:FPA

否定的なレビューには、「利益没収」や「取引キャンセル」に関するものが多いようです。これは後述する「禁止行為」に抵触した可能性が考えられます。AximTradeでは禁止行為に抵触すると、利益没収・取引キャンセル・口座凍結・口座閉鎖の対象になるため注意が必要です。

海外FXWiki編集部

 

国内トレーダーからのクチコミは一切なし

AximTrade公式サイトは日本語対応ですが、カスタマーサポートは日本語非対応なので、今のところ日本人トレーダーにはほとんど利用されていないようです(2022年8月時点)。Twitterや5ちゃんねるを見ても、国内トレーダーからのAximTradeに関するクチコミは見当たりませんでした。

海外FXWiki編集部

 

取引条件・取引ルール

ここではAximTradeの取引条件・取引ルールを、他社と比較しながら詳しく解説します。

なお、比較対象のFX業者は、初心者から上級者にまで人気のある大手海外FX業者AXIORYXM Tradingと比較しています。

 

口座タイプはスタンダード・セント・ECN・INFINITEの4種類

口座タイプと取引条件
スタンダード セント ECN INFINITE
取引形態 NDD STP NDD STP NDD ECN NDD STP
最大レバレッジ 3,000倍 2,000倍 1,000倍 無制限
取扱銘柄 通貨ペア
貴金属
エネルギー
株式
仮想通貨
通貨ペア
貴金属
エネルギー
株式
仮想通貨
通貨ペア
貴金属
エネルギー
株式
仮想通貨
通貨ペア
貴金属
エネルギー
株式
仮想通貨
取引手数料 無料 無料 片道3ドル 無料
スプレッド 1pips~ 1pips~ 0pips~ 3pips~
ロット単位 10万通貨 1千通貨 10万通貨 10万通貨
最小取引数量 0.01ロット 0.01ロット 0.01ロット 0.01ロット
最大取引数量 50ロット 150ロット 50ロット 25ロット
最大ポジション数 200ポジション 200ポジション 200ポジション 50ポジション
ストップレベル 0.1pips 0.1pips 0.1pips 0.1pips
スキャルピング 禁止 禁止 禁止 禁止
自動売買 可能 可能 可能 可能
両建て 可能 可能 可能 可能
マージンコール 60% 60% 60% 60%
ロスカット 30% 30% 30% 0%
ゼロカット あり あり あり あり
取引ツール MT4 MT4 MT4 MT4
口座通貨 USD USD USD USD
最低入金額 1ドル 1ドル 50ドル 1ドル
キャンペーン 対象 対象外 対象外 対象外

ロット単位・スプレッド・最小取引数量・最大取引数量・ストップレベルは「米ドル円」の値。取引手数料は1ロットあたりの金額。

AximTradeの口座タイプは、一般向けの「スタンダード口座」、少額取引用の「セント口座」、中上級者向けの「ECN口座」、投機用の「INFINITE口座」の4種類です。

それぞれ、取引形態・最大レバレッジ・取引手数料・スプレッド・最大取引数量・最大ポジション数・ロスカット率・最低入金額・キャンペーン対象/対象外が異なります。

 

最大レバレッジは無制限|口座資金によるレバレッジ制限あり

\通貨ペア・貴金属の最大レバレッジ /

INFINITE口座:無制限!

スタンダード口座:最大 3,000

セント口座:最大 2,000

 ECN口座:最大 1,000

 

AximTradeのレバレッジは、口座タイプや取引銘柄によって変わります。

通貨ペアや貴金属のレバレッジは、マイページから口座タイプごとに自分で設定する仕組みです。

スタンダード口座は最大3,000倍、セント口座は最大2,000倍、ECN口座は最大1,000倍、INFINITE口座は無制限です。

特に無制限レバレッジで取引できるINFINITE口座は、AximTrade最大のセールスポイントと言えます。

他社では、ExnessLAND-FXくらいしか無制限レバレッジを提供していません。

AximTradeにおける無制限レバレッジとは、実際はレバレッジ2,147,483,647倍のことです。

例えば、最大取引数量である25ロットを注文したとしても、必要証拠金はゼロ。

それをさらに50ポジション保有したとしても、必要証拠金は約8円のみです。

ただし、INFINITE口座を利用するには、以下の条件をクリアしている必要があります。

INFINITE口座の利用条件

  • 5ロット以上の取引を達成していること
  • 必要書類を提出して本人認証が完了していること

 

また、いずれの口座も口座残高によるレバレッジ制限が適用されているので注意してください。

資金(口座残高+ボーナス)が増えるほど、最大レバレッジが下がります。

経済指標発表時や週末などの特定の時間帯には、さらにレバレッジ制限が厳しくなるので注意してください。

口座タイプごとのレバレッジ制限

スタンダード口座
資金 最大レバレッジ
通常 特定の時間帯
〜1,000ドル 3,000倍 1,000倍
1,001〜5,000ドル 2,000倍 1,000倍
5,001〜10,000ドル 1,000倍 500倍
10,001〜30,000ドル 500倍 500倍
30,001〜100,000ドル 200倍 200倍
100,001ドル〜 100倍 100倍
セント口座
資金 最大レバレッジ
通常 特定の時間帯
〜500ドル 2,000倍 1,000倍
501〜1,000ドル 1,000倍 500倍
1,001〜2,000ドル 500倍 500倍
2,001ドル〜 100倍 100倍
ECN口座
資金 最大レバレッジ
通常 特定の時間帯
〜20,000ドル 1,000倍 500倍
20,001〜100,000ドル 300倍 300倍
100,001ドル〜 100倍 100倍
INFINITE口座
資金 最大レバレッジ
通常 特定の時間帯
〜1,000ドル 無制限 1,000倍
1,001〜2,000ドル 3,000倍 1,000倍
2,001〜5,000ドル 2,000倍 1,000倍
5,001〜10,000ドル 1,000倍 500倍
10,001〜30,000ドル 500倍 500倍
30,001〜100,000ドル 200倍 200倍
100,001ドル〜 100倍 100倍

特定の時間帯

  • 強力なニュースリリースが発表される15分前〜15分後
  • ロールオーバー(サーバー時間0時)の30分前〜30分後
  • 週末・祝日の3時間前〜2時間後

通貨ペアや貴金属以外の銘柄は上記のレバレッジルールは適用されず、固定レバレッジが決められています。

株価指数はレバレッジ100倍、仮想通貨はレバレッジ50〜100倍です。

 

通貨ペアは33銘柄のみだが貴金属・株式・仮想通貨が豊富

大手海外FX業者と比較

全取扱銘柄

AximTrade
AXIORY
AXIORY

XM Trading
通貨ペア 33銘柄 62銘柄 57銘柄
貴金属 7銘柄 4銘柄 4銘柄
エネルギー 2銘柄 5銘柄 5銘柄
商品 なし なし 10銘柄
株式 株式CFD 72銘柄 現物株式 122銘柄
株式CFD 157銘柄
なし
株価指数 10銘柄 10銘柄 28銘柄
債券 なし なし なし
ETF なし 69銘柄 なし
仮想通貨 59銘柄 なし なし
クロス円
AUD/JPY GBP/JPY
CAD/JPY NZD/JPY
CHF/JPY USD/JPY
EUR/JPY
クロスカレンシー
AUD/CAD GBP/AUD
AUD/CHF GBP/CAD
AUD/NZD GBP/CHF
AUD/USD GBP/NZD
CAD/CHF GBP/USD
EUR/AUD NZD/CAD
EUR/CAD NZD/CHF
EUR/CHF NZD/USD
EUR/GBP USD/CAD
EUR/NOK USD/CHF
EUR/NZD USD/NOK
EUR/SEK USD/SEK
EUR/USD USD/SGD

+ 通貨記号一覧

AUD:豪ドル、CAD:カナダドル、CHF:スイスフラン、EUR:ユーロ、GBP:ポンド、JPY:日本円、NOK:ノルウェークローネ、NZD:ニュージーランドドル、SEK:スウェーデンクローナ、SGD:シンガポールドル、USD:米ドル

AximTradeの取扱銘柄は、通貨ペア33銘柄、貴金属7銘柄、エネルギー2銘柄、株式72銘柄、株価指数10銘柄、仮想通貨59銘柄です。

特に、貴金属・株式・仮想通貨が充実しています。

貴金属は金・銀だけでなく、他社にはない希少な銘柄を幅広く取り扱っています。

  • XAU/USD(金/米ドル)
  • XAG/USD(銀/米ドル)
  • XCU/USD(銅/米ドル)
  • XPB/USD(鉛/米ドル)
  • XZN/USD(亜鉛/米ドル)
  • XNI/USD(ニッケル/米ドル)
  • XAL/USD(アルミニウム/米ドル)

 

取引手数料は1ロットあたり片道3ドル|スプレッドは全体的に広め

ここでは、代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりの取引コストを大手海外FX業者AXIORYXM Tradingの2社と比較します。取引コストとは「往復手数料+スプレッド」のことです。

なお、すべて日本円に換算して計算・比較しているため、実際の金額とは多少異なる場合もあるので注意してください。

 

スタンダード口座を他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

スタンダード

スタンダード

スタンダード
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.2~2.7pips 1.6~2.2pips 1.5~2.1pips
トータル 220~270円 160~220円 150~210円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.1~3.4pips 1.0~2.3pips 2.0~2.7pips
トータル 310~340円 100~230円 200~270円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.2~3.6pips 2.1~2.9pips 3.8~4.1pips
トータル 320~360円 210~290円 380~410円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.8~3.1pips 1.7~2.2pips 3.5~4.1pips
トータル 280~310円 170~220円 350~410円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.7~4.2pips 2.6~3.6pips 4.9~6.3pips
トータル 370~420円 260~360円 490~630円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 3.5~3.9pips 2.3~3.2pips 3.7~4.5pips
トータル 350~390円 230~320円 370~450円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.4~2.9pips 2.0~2.7pips 2.6~3.7pips
トータル 240~290円 200~270円 260~370円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.7~1.8pips 1.2~1.5pips 1.6~1.8pips
トータル 224~238円 158~198円 211~238円

0.1ロット=1万通貨。スプレッドは2022年8月1日23時台の変動幅。1ドル132円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は最も割高・青字は最もお得。

一般向けのスタンダード口座は取引手数料無料にしている業者が多く、スプレッドの広さが直接取引コストの金額となります。

今回スプレッドを計測した時間帯は、マーケットが大きく動いたタイミングだったため、各社スプレッドの変動幅(最小値〜最大値)が普段よりも大きくなっています。

AximTradeスタンダード口座のスプレッドは全体的に広めで、他社よりもレートがフリーズする傾向にありました。

その反面、スプレッド変動幅は他社よりも安定しており、相場が激しく動いている場合でも利食いや損切りがしやすく、取引コストも予想しやすいかと思います。

AXIORY スタンダード口座はスプレッドの変動幅こそ大きいのですが、スプレッド自体はAximTrade スタンダード口座よりも圧倒的にタイトです。

XM Trading スタンダード口座は一部の通貨ペアを除き、スプレッドの広さ・スプレッドの変動幅・取引コストが上記3社の中で最も不利です。

しかし、ロイヤルティプログラムと呼ばれるボーナスと交換できるポイント制度があるため、取引コストに関してはAximTrade スタンダード口座の水準まで削減できます。

 

ECN口座を他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

ECN

ナノ

XM Zero
USD/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.6ドル 1ドル
スプレッド 0.5~1.2pips 0.7~1.2pips 0.0~0.3pips
トータル 129~199円 149~199円 132~162円
EUR/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.6ドル 1ユーロ
スプレッド 0.8~1.3pips 0.3~1.2pips 0.2pips
トータル 159~209円 109~199円 155円
CAD/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.6ドル 1カナダドル
スプレッド 1.5~2.3pips 1.0~1.5pips 1.6~2.4pips
トータル 229~309円 179~229円 263~343円
AUD/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.6ドル 1豪ドル
スプレッド 1.0~1.4pips 0.7~1.2pips 1.1~1.6pips
トータル 179~219円 149~199円 202~252円
CHF/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.6ドル 1スイスフラン
スプレッド 1.8~2.3pips 1.6~2.1pips 2.1~2.8pips
トータル 259~309円 239~289円 349~419円
GBP/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.6ドル 1ポンド
スプレッド 0.8~1.5pips 1.2~1.9pips 1.4~1.8pips
トータル 159~229円 199~269円 301~341円
NZD/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.6ドル 1NZD
スプレッド 1.1~1.6pips 1.0~1.4pips 1.5~2.6pips
トータル 189~239円 179~219円 233~343円
EUR/USD 往復手数料 0.6ドル 0.6ドル 1ユーロ
スプレッド 0.3pips 0.2~0.4pips 0.0~0.2pips
トータル 119円 106~132円 135~161円

0.1ロット=1万通貨。スプレッドは2022年8月1日23時台の変動幅。1ドル132円、1ユーロ135円、1カナダドル103円、1豪ドル92円、1スイスフラン139円、1ポンド161円、1NZドル83円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は最も割高・青字は最もお得。

海外FX業者の中上級者向け口座は、スプレッドとは別に外付け取引手数料が発生するのが一般的です。

AximTrade ECN口座は1ロットあたり片道3ドル(0.1ロットあたり往復0.6ドル)、AXIORY ナノ口座も1ロットあたり片道3ドル(0.1ロットあたり往復0.6ドル)、XM Trading Zero口座は1ロットあたり片道5通貨(0.1ロットあたり往復1通貨)の取引手数料が発生します。

AximTrade ECN口座は、EUR/JPYを除きAXIORY スタンダード口座とほぼ同レベルで、タイトなスプレッドと低コストを実現しています。

スプレッド・コストの面では十分実用的な口座だと思いますが、このECN口座も先ほどのスタンダード口座と同様、若干レートがフリーズする傾向にありました。

取引サーバーやネットワーク回線が弱く、時間帯によってはマーケット(リクイディティプロバイダー)との取引に大幅な遅延が発生するのでしょうか?

また、執行方式はトレーダーの注文をそのままカバー先の金融機関に発注する「market execution」を採用しているようなんで、呑み行為が行われない代わりに約定スピードが犠牲になる可能性もあります。

約定力に関してはトレーダーからのクチコミもありませんので、まだまだ調査が必要です。

 

スワップポイントはマイナスばかり

ここでは、代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりのスワップポイントを大手海外FX業者AXIORYXM Tradingの2社と比較します。

なお、すべて日本円に換算して計算・比較しているため、実際の金額とは多少異なる場合もあるので注意してください。

 

海外FX業者とスワップポイントを比較

0.1ロットあたりのスワップポイント

AximTrade

AXIORY
●
XM Trading
USD/JPY -36円 -72円 65円 -127円 52円 -131円
EUR/JPY -60円 -36円 -21円 -30円 -51円 -51円
CAD/JPY -24円 -48円 61円 -95円 34円 -131円
AUD/JPY -36円 -48円 24円 -56円 1円 -80円
CHF/JPY -72円 -24円 -27円 -19円 -64円 -52円
GBP/JPY -60円 -84円 15円 -107円 -1円 -120円
NZD/JPY -24円 -48円 31円 -75円 -11円 -81円
EUR/USD -95円 -32円 -122円 62円 -141円 45円
TRY/JPY 43円 -59円
ZAR/JPY 7円 -15円

2022年8月1日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。1ドル132円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は支払い・青字は受取り。

AximTradeのスワップポイントはマイナスばかりです。

一方、AXIORYとXM Tradingは一部の通貨ペア・売買方向において、国内FX業者並みのスワップポイントが受け取れます。

 

国内FX業者とスワップポイントを比較

0.1ロットあたりのスワップポイント

AximTrade
GMOクリック証券
GMOクリック証券
SBI FXトレード
SBI FXトレード
USD/JPY -36円 -72円 81円 -84円 63円 -67円
EUR/JPY -60円 -36円 4円 -7円 5円 -10円
CAD/JPY -24円 -48円 76円 -79円 68円 -73円
AUD/JPY -36円 -48円 29円 -32円 41円 -46円
CHF/JPY -72円 -24円 -4円 1円 0円 -5円
GBP/JPY -60円 -84円 57円 -60円 63円 -68円
NZD/JPY -24円 -48円 56円 -59円 49円 -54円
EUR/USD -95円 -32円 -83円 80円 -70円 65円
TRY/JPY 19円 -27円 20円 -40円
ZAR/JPY 11円 -14円 12円 -15円

2022年8月1日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。1ドル132円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は支払い・青字は受取り。

国内FX業者のGMOクリック証券・SBI FXトレードと比較すると一目瞭然ですね。

AximTradeでは、スワップポイント狙いの長期トレードはできません。

 

30秒以内のスキャルピング禁止|自動売買に制限なし

禁止行為

  • 同じデバイスやIPアドレスから、別のアカウントにアクセスする行為
  • AximTrade により乱用取引としてみなされる取引活動
  • ボーナス資金のみを利用してノーリスクで利益を得ている場合
  • 複数の顧客が入金・出金操作のために同じ銀行口座を共有している場合
  • 複数のアカウントの利益・リベートを最終的に一人が得ている場合
  • スキャルピングとみなされる行為
  • アカウント取引時間の50%以上を完全にヘッジしたままにする行為
  • 他者と連携した内部ヘッジ、または取引意図を悪用したその他の形態のヘッジ
  • 当社のマイナス残高保護の悪用・詐欺・操作など
  • キャッシュバックアービトラージ・レイテンシーアービトラージなど
  • 取引意図のない取引でリベートを生成する行為
  • その他の形態の欺瞞的または詐欺的な活動の兆候や疑いがある場合

上記は、AximTradeで禁止されている行為・取引の一覧です。

基本的に「第三者とのアカウント共有」「第三者のアカウントへのアクセス」「スキャルピング」「アービトラージ」「ボーナス悪用」が禁止されています。

禁止行為に抵触すると、全てまたは一部の取引結果がキャンセルとなり、利益・保有ボーナス・リベートも没収されるので注意してください。

また、悪質な詐欺行為に対してはアカウントの閉鎖・停止処分もあります。

特に、スキャルピングには注意してください。AximTradeでの取引は、ポジション保有時間が最低でも30秒以上必要です。

自動売買のためのEAに使用制限はありませんが、裁量取引同様にスキャルピング系EAを使用すると規約違反となってしまう可能性があります。

 

ロスカット率30%|ゼロカットあり

AximTradeでは、マージンコールが証拠金維持率60%、ロスカットが証拠金維持率30%で発動します。

海外FX業者としては、一般的なロスカットルールです。

INFINITE口座のみロスカット水準が証拠金維持率0%に設定されているので、口座残高全額を使用してロスカットに耐えることができます。

また、AximTradeではゼロカットを採用しているため、万が一、急激な相場変動により口座残高がマイナスになってしまったとしても、マイナス残高はAximTradeが負担してくれます。

 

取引ツール・サービス

取引ツールはMT4のみ

取引ツールの種類
対応機種・OS 自動売買
インジケータ追加
MT4 ダウンロード Windows 利用可能
ブラウザ Windows・mac 利用不可
アプリ Android・iOS 利用不可
MT5 ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし
cTrader ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし
その他 ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし

AximTradeの取引ツールは、MT4(MetaTrader4)のみです。

MT4は多くの海外FX業者が自社の取引ツールとして採用する高機能チャートです。

Windows対応のダウンロードタイプ、Windows・mac対応のブラウザタイプ、Android・iOS対応の専用アプリがリリースされています。

この内、自動売買のためのEA(Expert Adviser)やカスタムインジケータをインストールできるのは、Windows対応のダウンロードタイプだけです。

スマホ・タブレットでは自動売買はできません。macユーザーの場合は、以下の記事で対処方法を解説しているので参考にしてください。

macでMT4を動作させる方法まとめ

MT4(MetaTrader4)はWindows専用ソフトなので、通常であればmacにインストールすることはできません。 そのため、これまでmacユーザーは一部の海外FX業者からダウンロードできる「m …

続きを見る

最新版のMT5(MetaTrader5)に対応していないところが残念です。

MT4とMT5のEA・インジケーターには互換性がありません。MT5で取引したい人は、他社を利用してください。

MT4とMT5はどっちがいい?スマホアプリ・PCの違いを比較

MetaQuotes社が開発した高機能取引ツールMetaTrader4、MetaTrader5(以下、MT4、MT5)は、海外FXをする上では欠かすことのできないツールです。 どちらも無料で利用でき、 …

続きを見る

 

日本語サポートなし(2022年8月時点)

サポート窓口
日本語対応 受付時間
電話 なし
メール なし 平日24時間
チャット なし 平日24時間

AximTradeのサポート窓口は、メールチャットの2種類です。

今のところ日本語サポートには対応していませんが、将来的には日本語スペシャリストを採用する予定があるとのことです(2022年8月時点)。

英語対応であれば、メールもチャットどちらもスムーズかつ丁寧なサポートを受けられます。

言語の問題で入出金トラブルが心配な人は、AximTradeでの口座開設は見送ったほうが良いでしょう。

 

キャンペーン・ボーナス

ここでは、AximTradeで開催中のキャンペーンや過去に開催していたキャンペーン情報をご紹介します。

AximTradeのキャンペーン・ボーナスは基本的に期間限定かつ不定期開催なので、口座開設時にここで紹介しているキャンペーンは終了しているかもしれません。

ただ、AximTradeはキャンペーン開催に積極的な業者なので、今回タイミングを逃してしまったとしても再度ボーナスを獲得できるチャンスは十分あります。

ここでは直近に開催されたキャンペーンのみ掲載していますが、基本的なルールやパターンは毎回同じだと思うので、おおよその傾向は把握できるかと思います。

 

ライフタイムボーナス 最大50%入金ボーナス(期間限定)

キャンペーン概要
キャンペーン期間 期間限定(直近:2021年11月2日〜2030年11月2日)
キャンペーン対象口座 スタンダード口座
キャンペーン内容 入金額に対して10〜50%入金ボーナス

AximTradeでは、最大50%入金ボーナスがもらえるキャンペーン「ライフタイムボーナス」を期間限定で開催しています。

このキャンペーンの主な特徴と注意点は以下の通りです。

ココがポイント

  • 入金額に対して最大50%入金ボーナスがもらえる
  • 獲得できるボーナス上限は5,000ドル
  • 追加入金もボーナス対象
  • 利益はいつでも出金可能

ココに注意

  • 累計獲得ボーナス額に応じてボーナス付与率が下がる
  • ボーナス有効期限は取得から1ヶ月
  • ボーナスは出金不可
  • 資金を出金・資金移動すると一定の割合でボーナス消滅

ライフタイムボーナスは、他社の入金ボーナスとは仕組みが少々異なるので注意してください。

まず、ボーナス付与率は提供国に応じて3〜5段階で設定されたTier(ティア)に応じて変わります。

日本人トレーダーは、通常50%・25%・20%・10%の4段階で、すべてのTierで獲得できるボーナスの合計は5,000ドルです。

以下のように、ボーナスサイズ(累積獲得ボーナス額)が増えるほどTierが上がっていき、基本ボーナスの付与率獲得できる基本ボーナス額が変わります。

基本ボーナス
Tier ボーナスサイズ
(累計獲得ボーナス額)
Tierごとに設定された
基本ボーナス付与率
Tierごとに獲得できる
基本ボーナス額
1 0~500ドル 50% 500ドル
2 500~1,000ドル 25% 500ドル
3 1,000~3,000ドル 20% 2,000ドル
4 3,000~5,000ドル 10% 2,000ドル

ボーナス獲得方式には「基本ボーナス」と「追加ボーナス」の2種類があります。

まず「基本ボーナス」は、入金額をもとにしてTier1から順番にボーナスの金額を計算していく通常のボーナス獲得方式です。

最初にTier1で50%入金ボーナスを上限まで獲得したら、残りの入金額に対してはTier2で25%入金ボーナスを獲得できます。

さらに余った入金額は、同じようにしてTier3で20%入金ボーナス、Tier4で10%入金ボーナスを獲得できます。

「追加ボーナス」は、各Tierで一定のボーナスサイズに達成した際に、次のTierの基本ボーナスを先行してもらえるボーナス獲得方式です。

追加ボーナスを受け取ると次のTierで獲得できる基本ボーナスが減額されるため、イメージとしては「ボーナスの前払いサービス」と考えると良いでしょう。

この追加ボーナスのお陰で、入金額が少ない人でもより多くのボーナスを獲得できるようになっています。

基本ボーナスと追加ボーナスの金額は、以下の計算式で算出します。

基本ボーナス:入金額 × 基本ボーナス付与率

追加ボーナス:基本ボーナス × 追加ボーナス付与率

 

追加ボーナス付与率は、マイページの入金ボーナスオファーのメニューから確認できます。

もし、上記「追加ボーナスのルール」> 50% Tier / +25%と表示されていたとすると、+25%の部分が追加ボーナス付与率です。

また、マイページにはその他にも、プロモーション期間・基本ボーナスのルール・ボーナス有効期限・キャンペーン対象口座などのキャンペーン情報も表示されます。

例えば、追加ボーナスが> 50% Tier / +25%の場合、Tier1のボーナスサイズが50%以上に到達すると、Tier1で獲得した基本ボーナスに対して25%分の追加ボーナスをTier2の基本ボーナスから先行取得できることになります。

つまり、500ドル入金してボーナス250ドル獲得した場合、Tier1で獲得できる基本ボーナス額の50%を達成したことになるため、獲得した基本ボーナスに対し追加ボーナス付与率25%を乗じた62.5ドルが追加でもらえるわけです。

 

入金額に対して実際に受け取れる基本ボーナス額・追加ボーナス額は、マイページの入金画面にあるシミュレーション結果を参照してください。

獲得ボーナスの計算方法まで覚える必要はなく、基本ボーナスと追加ボーナスに関するルールだけ知っておけばOKです。

 

ボーナスの獲得状況も、マイページのプログレスバーで確認できます。キャンペーン期間中は、何度入金してもボーナスの対象です。

このキャンペーンを利用する場合、ボーナスの出金・有効期限・ボーナス消滅条件に注意してください。

利益はいつでも出金できますが、ボーナス自体は出金できません。

ボーナスには入金から1ヶ月間の有効期限があり、有効期限を過ぎたボーナスはその都度消滅します。

また、資金や利益を出金または資金移動するたびに一定の保有ボーナスが消滅していくので注意してください。

ボーナス消滅額は、以下の計算式で算出できます。

ボーナス消滅率 = 今回の出金額または資金移動額 ÷ 初回入金額 × 100
ボーナス消滅額 = 保有ボーナス額 × ボーナス消滅率

 

口座開設・入出金

必要書類は本人確認書類と現住所確認書類

口座開設の際は、本人認証のため以下の書類の画像データが必要となります。

書類全体が写るよう鮮明に撮影したものをあらかじめ用意してください。

顔写真の有無・有効期限・発行日などに注意しましょう。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • その他、政府発行の身分証明書

※ いずれか1点。

今のところ、銀行明細書・クレジットカード明細書・住民票といった現住所確認書類は必要ないようです。

本人確認書類が準備できたらAximTrade公式サイトにアクセスして、口座開設と必要書類をアップロードしましょう。

口座開設の手順は以下のとおりです。

 

step
1
公式サイトにアクセスする

まずは、公式サイトにアクセスします。

トップページ右側の新規アカウントをクリックし、国名・メールアドレス・携帯番号・パスワードを入力してください。

 

step
2
認証番号を入力する

携帯電話のショートメールに届いた4桁の認証番号(OTP)を画面に入力して、確認OTPをクリックしてください。

 

step
3
個人情報を入力する

自動的にマイページにログインします。

氏名・住所を入力したら、アップデートをクリックしてください。

 

step
4
必要書類をアップロードする

スタンダード口座が一つ作成されます。

口座番号・サーバー名は、画面上のマイアカウントから確認できます。

MT4ログインパスワードは、口座開設時のパスワードと同一です(変更可能)。

次に、本人認証を実施するためプロフィール認証をクリックしてください。

2つ目以降の口座は、追加アカウントの開設ボタンから作成できます。

 

あらかじめ用意していた必要書類の画像データ(両面)をそれぞれファイルを選択ボタンで指定し、アップロードをクリックしてください。

 

あとは審査を待つだけです。

 

審査が完了すると通知メールが届きます。

これで出金制限が解除されました。

 

入出金方法はPerfect Moneyと仮想通貨(USDT)のみ

入金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA なし
master なし
JCB なし
オンライン
ウォレット
bitwallet なし
STICPAY なし
Perfect Money 5ドル 即時 無料
仮想通貨 BTC なし
ETH なし
USDT 10ドル 即時 無料
銀行送金 国内 なし
海外 なし
出金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA なし
master なし
JCB なし
オンライン
ウォレット
bitwallet なし
STICPAY なし
Perfect Money 指定なし 即時 無料
仮想通貨 BTC なし
ETH なし
USDT 指定なし 即時 無料
銀行送金 国内 なし
海外 なし

金融機関・決済サービス会社・取引所で発生する入出金手数料・送金手数料等は別途自己負担。

AximTradeの入出金方法は、オンラインウォレットの「Perfect Money」と仮想通貨の「USDT(テザー)」の2種類のみです。

最低入金額は5〜10ドル、最低出金額に指定はありません。また、入出金手数料は無料です。

多くの海外FX業者の入出金方法に採用されている、クレジットカード・国内銀行送金、オンラインウォレットの「bitwallet」「STICPAY」は利用できません。

日本人トレーダーにとっては、この入出金の利便性の低さが口座開設をためらう理由の一つになるでしょう。

ちなみに、マイページには、オンラインウォレットの「NETELLER」「Skrill」のメニューもありますが、この2つのサービスはすでに日本居住者へのサービス提供を停止しています。(2022年8月時点)。