Exnessのクレジットカード入金方法と入金できるカード・できないカード

海外FX

Exnessのクレジットカード入金方法と入金できるカード・できないカード

exness クレジットカード

Exnessのクレジットカード入金の手順や手数料、時間などについて解説していきます。

実際に私が持っている8枚のクレジットカードを使って入金できるかどうか試してみたので参考にしてください。

現状はVISAやMasterCardは入金できず、JCBのみ入金可能になっています。

Exnessの公式サイトはコチラ

 

↓海外FXランキング2022年最新版はコチラ

ExnessのクレジットカードはVISA・Master・JCB対応に見える

Exnessのクレジットカード入金(Bank Card)のページを見ると、VISAとMasterCard、JCBのロゴが表示されています。

パッと見「VISAとMasterCard、JCBで入金できるんだ!」と思ってしまいますが、実際はVISAとMasterは入金できません。

 

このカードは選択された通貨に対応しておりません。

試しにVISAカードで入金しようとすると、番号を打ち込んだだけで「このカードは選択された通貨に対応しておりません。」と表示されてしまい、入金できません。

いろいろ調査したところ、VISAとMasterCardは入金できず、JCBのみ対応していることが分かりました。

 

クレジットカードはJCBのみ入金可能

対応クレジットカード
VISA Master JCB
AMEX Diners

クレジットカードは調査時はJCBしか対応していなく、VISAやMasterCardは入金ができませんでした。

JCBカードを持っている人は直接クレジットカードで入金可能ですが、VISAやMasterを使う場合はbitwalletやSTICPAY経由で入金するようにしましょう。

(bitwalletやSTICPAYは入金に手数料がかかるのでご注意ください)

 

クレジットカードの入金手数料

Exnessの手数料 送金元の手数料
クレジットカード 無料 無料

Exnessのクレジットカード入金は手数料が無料で、クレジットカード会社の手数料も無料となります。

 

入金にかかる時間

反映時間
クレジットカード 即時

クレジットカード入金は即時に入金されるので、すぐにトレードが可能となっています。

 

最低入金額と上限額

最低入金額 限度額
クレジットカード 10ドル 10,000ドル

Exnessのクレカ入金は最低入金額が10ドル、上限が1万ドルとなっています。

 

どのクレジットカードが入金できるか試してみた

入金テストしたカード
楽天カード
(VISA)
dカード
(VISA)
イオンカード
(VISA)
エポスカード
(VISA)
LINE Payカード
(VISA)
アメックスカード
(アメックス)
Yahoo!カード
(JCB)
リクルートカード
(JCB)

どのカードが入金できるのか、私が持っているクレジットカードで試してみました。

MasterCardを持っていなかったので、VISAが5枚、アメックスが1枚、JCBが2枚で入金しています。

(Yahooカードは現在PayPayカードに変わっています)

 

入金できたのはリクルートカード(JCB)のみ

楽天カード dカード イオンカード エポスカード
入金不可 入金不可 入金不可 入金不可
LINE Payカード アメックスカード Yahooカード リクルートカード
入金不可 入金不可 入金不可 入金可能

入金できたカードはリクルートカード(JCB)のみでした。

VISAやアメックスは入金できず、Yahooカードも入金拒否されてしまいました。

Exnessで入金できるのはJCBのみで、さらにJCBの中でも入金できるカード、入金できないカードがあるのが分かりました。

 

クレジットカードの入金手順を画像付きで解説

ここからはクレジットカード入金の手順を解説します。

入金ページからBankCardを選択

Exnessにログインをして入金ページでBankCard(クレジットカード)を選択しましょう。

 
クレジットカード情報と入金額を入力

カード番号と名義人、有効期限とCVV(裏面の3桁の数字)を入力しましょう。

入金額は円口座の場合、円の最低金額と上限額が表示されます。

 
入金内容を確認

入金内容を確認して「確定」をクリックします。

 
ワンタイムパスワードを入力

カードによってワンタイムパスワードが表示されるので、スマホに送られるワンタイムパスワードを入力します。

 
クレジットカード入金の完了

これでクレジットカード入金の完了です。

クレジットカードは即時反映されるので、すぐに取引を開始することができます。

 

クレジットカード入金の注意点

クレジットカード入金はいろいろとルールや注意点があるので紹介していきます。

クレジットカードは入出金を同じ方法にする

入金方法 出金方法
クレジットカード入金 同じクレジットカードに出金

海外FXの入出金ルールとして「入金と同じ方法で出金しなくてはならない」というマネーロンダリング防止法で決められています。

クレジットカード入金した場合は、同じクレジットカードで出金しなくては行けません。

クレジットカードの場合は「入金のキャンセルとして出金される」ため、入金したポイントもキャンセルになってしまいます。

ポイントを獲得するためには、「出金しない = トレードで負ける」ことになるため、クレジットカード入金でポイントを狙うことは難しいです。

 

クレジットカードは利益の出金ができない

入金までの出金 利益分の出金
クレジットカード出金可能 クレジットカード出金不可(他の方法を使う)

Exnessで利益が出た場合、利益の出金は他の方法となります。

クレジットカード出金は「入金のキャンセルとして出金される」ため、入金額以上に出金することができません。

利益の出金は他の方法で入金していれば合わせて利益の出金ができ、カード以外に入金していなければ銀行送金での出金となります。

 

クレジットカード入金はポイントが付くが出金時にポイントが消滅する

Exnessにクレジットカード入金をするとポイントが付きますが、出金する時は「入金のキャンセルとして」出金されるため、ポイントが消滅してしまいます。

クレカ入金をして利益が出ればポイントは付かず、損失が出てクレカ出金できなかった場合にのみポイントが付きます。

もしポイントを付けたい人は、カード入金してから半年ほど経つと入金キャンセルができなくなり、別の方法で出金することになります。

別の出金の場合は「クレジットカード入金のみ」となるので、ポイントは付いたままになります。

 

VISAやMasterCardで入金するならbitwalletかSTICPAYを使う

VISA Master JCB
直接入金 利用不可 利用不可 手数料無料
手数料8% 手数料8% 手数料8.5%
手数料3.85% 手数料3.85% 利用不可

ExnessにVISAやMasterで入金する場合は、bitwalletやSTICPAYを経由して入金する方法もあります。

ただし、bitwalletは手数料が8%~8.5%かかり、STICPAYも手数料が3.85%かかります。

手数料を考えると国内銀行送金などで入金する方が良いですが、もし急ぎの場合はSTICPAYを使って入金するようにしましょう。

(STICAPYには事前に登録しておくのがおすすめです)

 

まとめ:ExnessはJCBカードのみ入金可能

Exnessのクレジットカード入金について紹介して来ました。

私の持っているカードで入金を試してみましたが、リクルートカードのJCBのみ入金ができました。

JCBでも入金できない可能性があるので、Exnessへの入金は国内銀行送金を使うのがおすすめです。

bitwallet経由は銀行送金は手数料が無料なので、Exnessへの入金は基本的に銀行送金での入金がメインになると思います。

Exnessの公式サイトはコチラ