ThreeTraderの特徴と評判・スプレッドが最も狭い業者

海外FX

ThreeTraderの特徴と評判・スプレッドが最も狭い業者

threetrader 評判

Threetraderの特徴や評判・口コミを調査しましたので紹介していきます。

ThreeTraderはスプレッドが非常に狭いことで人気海外FX業者です。

ここでは実際に使っている人の評判や、メリット・デメリットについて解説していきます。

ThreeTraderの公式サイトはコチラ

 

↓海外FXランキング2022年最新版はコチラ

当サイトのThreetraderの評価

ThreeTraderの総合評価:58点/100点

口座開設ボーナス 入金ボーナス キャッシュバック レバレッジ スプレッド
0点 0点 0点 6点 10点
ロスカット ゼロカット スキャルピング 日本語対応 ライセンス/補償
8点 10点 10点 7点 7点

メリット:スプレッドが業界No.1に狭くポイントプログラムがある
デメリット:ポイント以外のボーナスは無し。実績が少な目

口座開設ボーナス:なし
入金ボーナス:なし
キャッシュバック:なし
レバレッジ:500倍(残高による制限なし)
スプレッド:ドル円0.47pips、ユーロドル0.47pips
ロスカット:20%
ゼロカット:採用
スキャルピング:無制限に可能
日本語対応:サポート、公式サイトともに日本語対応
ライセンス/補償:バヌアツ(VFSC)、補償なし
情報提供元:ThreeTrader公式サイト

当サイトのThreeTraderの評価は非常に高く、業界No.1のスプレッドやポイントプログラム、口座残高によるレバレッジ制限がないことなど評価が高いです。

ただ、2021年に設立された新しい海外FX業者のため実績も少なく、今後、トラブルなどが起こらないかが懸念材料です。

海外FX業者が出金拒否などをする理由として会社の資金繰りが挙げられるため、今後も長期的にトラブル等がないか調査していこうと思います。

 

ThreeTraderの評判と口コミ

TwitterでThreetraderの評判を調査しましたが、全体的に非常に高評価で、スプレッドの狭さとポイントプログラムについて評価されている口コミが多かったです。

また、Threetraderは日本にサーバーがあるため、約定力の高さについても評価されていました。

 

Threetraderの特徴とメリット

Threetraderの特徴や利用するメリットを紹介します。

スプレッドが業界No.1の狭さ

Pureスプレッド口座 Rawゼロ口座
USDJPY 0.59pips 0.47pips(0.07pips)
EURJPY 0.71pips 0.61pips(0.21pips)
GBPJPY 1.14pips 1.04pips(0.64pips)
AUDJPY 0.93pips 0.77pips(0.37pips)
NZDJPY 1.07pips 0.95pips(0.55pips)
EURUSD 0.59pips 0.47pips(0.07pips)
GBPUSD 0.74pips 0.66pips(0.26pips)
AUDNZD 1.36pips 1.16pips(0.76pips)
XAUUSD 1.63pips 1.67pips(1.27pips)

(カッコ内)は取引手数料を除いたpips数(取引手数料:往復400円もしくは4USD)

Threetraderの一番の特徴は業界No.1のスプレッドの狭さです。

他のスプレッドの狭い業者よりも圧倒的に狭く、取引手数料も往復4ドルとかなり安くなっています。

AxioryやTitanFX、Tradeviewなどと比べても全体的にスプレッドが狭いため、Threetraderは非常におすすめです。

CFDのスプレッドも狭く、以下のページで24時間スプレッド計測をしているので参考にしてください。

> ThreeTraderのスプレッド全通貨ペア一覧と最大・最小スプレッド

 

レバレッジは500倍で口座残高による制限なし

Pureスプレッド口座 Rawゼロ口座
500倍 500倍

Threetraderのレバレッジは500倍で平均的となりますが、口座残高によるレバレッジ制限がないのが特徴となっています。

大きな資金でも制限なくトレードができるので、とても良いと思います。

CFDは貴金属以外はレバレッジが500倍ではないので、注意しましょう。

> ThreeTraderの最大レバレッジと必要証拠金・CFDレバレッジ一覧

 

ボーナスは無しだが期間限定でレア商品が当たることもある

口座開設ボーナス 入金ボーナス キャッシュバックボーナス ポイントプログラム
なし なし なし ある

Threetraderはボーナスがなく、口座開設ボーナス、入金ボーナスなどはありません。

(次の項目で説明するポイントプログラムしかありません。)

ただ、新規開設によるキャンペーンがあり、レアな商品がもらえることがあります。

ぜひ欲しい商品があるタイミングで口座開設をすると良いでしょう。

> ThreeTraderはボーナスがある?ThreeTraderのキャンペーン情報

 

ポイントプログラムで現金や商品がもらえる

ポイントプログラムの商品(抜粋)
現金 Apple Watch MacBook BLACK BAY CHRONO

Threetraderでは取引をするとポイントが貯まり、貯まったポイントで現金や商品と交換することができます。

商品はAppleWatchやiPhone、MacBookなどの電子機器や、ダイソン、プレイステーション、時計などの価値の高いものが多いです。

現金の方が交換率が良いですが、物に交換することによって税金対策になるので、ぜひ商品に交換することも検討しましょう。

> ThreeTraderのポイントプログラムとは?商品の種類と交換方法

 

ロスカット水準は20%で平均的

マージンコール ロスカット水準
80% 20%

Threetraderのロスカット水準は20%で平均的な数値となります。

マージンコールは80%となり、80%を下回るとMT4で証拠金箇所などの色が変わって証拠金が少ないことをアナウンスしてくれます。

ロスカットの計算方法などは以下のページで紹介しているので参考にしてください。

> ThreeTraderでロスカットになる証拠金維持率の条件とルール

 

ゼロカットシステム採用で追証請求なし

ThreeTrader よくある質問

Threetraderはゼロカットを採用しているので、追証請求されることはありません。

ただ、複数口座で両建てをしている場合、わざとゼロカットを狙うとマイナス残高を解消してくれないことがあるので気を付けましょう。

以下のページでゼロカットや注意点などを紹介します。

> ThreeTraderのゼロカットとは?ゼロカットの仕組みと条件・ルール

 

スキャルピングや自動売買などの制限なし

ThreeTraderは特に取引の制限を設けていないので、スキャルピングや自動売買なども可能となっています。

ThreeTraderはスプレッドが狭いので、ぜひスキャルピングなどの取引で利益を上げていくと良いでしょう。

 

金融ライセンスはバヌアツにて取得

日本語名 特徴 WEBサイト
VFSCの概要金融サービス委員会 オフショアライセンス https://www.vfsc.vu/

Threetraderの金融ライセンスはバヌアツで取得しています。

バヌアツの金融ライセンスは取得が比較的簡単で、信用度はあまり高くありません。

ただ、ライセンスを取得していることで一定の安心感はあるでしょう。

 

ThreeTraderのデメリット

続いてThreetraderのデメリットを紹介します。

 

取引ロットが1回の注文で8ロットまで

最大ロット 最大ポジション数
8ロット 80ロットまで

Threetraderは最大ロットが8ロットとなり、1回の注文で最大8ロットまでしかエントリーができません。

また、最大ポジション数は合計80ロットまでとなるので、大きなロットで取引したい人には不向きです。

1回の注文で10ロットなどの大きな注文をしたい人は他の海外FX業者を使いましょう。

 

信託保全(倒産した時の補償)は無し

Threetraderでは今のところ信託保全制度はなく、万が一倒産した場合にトレーダーの資金を補償してくれる信託銀行はありません。

海外では日本のように信託保全が義務付けられていなかったり、信託保全という制度が存在せず、独自で信託契約をする必要があります。

今後、万が一の場合にトレーダーの資金が補償されるように、信託保全をしてくれるように期待しましょう。

 

まとめ

Threetraderの評判や口コミ、特徴について紹介して来ました。

Threetraderの評判はかなり良く、スプレッドの狭さやポイントプログラムなどが多くの人に評価されています。

今後も狭いスプレッドをキープしつつ、健全な運営を続けられるように期待したいと思います。

ThreeTraderの公式サイトはコチラ