XMの口座タイプ 3種類の口座タイプの使い分けとゼロ口座

海外FX

XMの口座タイプ 3種類の口座タイプの使い分けとゼロ口座

xm 口座タイプ

「XMはどんな口座タイプがあるの?」

「口座タイプの違いや特徴を知りたい」

XMに登録しようとする時、どの口座タイプを選べば良いか分からない人も多いと思います。

このページではXMの口座タイプ「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ゼロ口座」の違いと特徴を紹介して行きます。

ざっくり説明すると、このような使い分けをすると良いでしょう。

XMの口座タイプ
  • スタンダード口座
    ボーナスとレバレッジを活かしたメインの口座
  • マイクロ口座
    1ロット1000通貨になった小規模トレード口座
  • Zero口座
    スプレッド重視のデイトレードやスキャルピング向け口座

まずはスタンダード口座を作り、ボーナスを使い切ったらZero口座に移行するのがおすすめです。

XMの登録はコチラ

 

↓海外FXランキング2022年最新版はコチラ

XMの口座タイプ3種類の比較

XMの口座タイプ3種類を比較してみると次のようになります。

口座タイプ3種類比較

スタンダード口座 マイクロ口座 Zero口座
ボーナス 口座開設ボーナス・入金ボーナス・ロイヤルティポイント 口座開設ボーナス
最大レバレッジ 1000倍 1000倍 500倍
1ロット単位 10万通貨 1000通貨 10万通貨
最大取引量 50ロット 100ロット 50ロット
最小取引単位 1000通貨 10通貨 1000通貨
最低入金額 500円 500円 1万円
取引手数料 なし なし 1.0pips/1ロット往復
スプレッド ドル円平均1.6pips ドル円平均1.6pips ドル円平均0.1pips
注文方式 STP STP ECN
マイクロ口座とスタンダード口座の違い

1ロットの数が違うだけで、基本は同じスペック

スタンダード口座とZero口座の違い

スタンダード口座はスプレッドが広いがボーナスが3種類全部もらえる
Zero口座はボーナスが口座開設ボーナスのみだが、スプレッドが狭い

それぞれの口座タイプの特徴やボーナスの有無などを解説します。

 

[XMの口座タイプ] スタンダード口座

ボーナス レバレッジ 1ロット 最小取引数 最大取引数
3種類 1000倍 10万通貨 1000通貨 50ロット
最低入金額 スプレッド 取引手数料 ゼロカット 両建て
500円 ドル円1.6pips なし 同一口座のみ

スタンダード口座は「ボーナスとレバレッジ重視」のスプレッドが広い口座となります。

豊富なボーナスや高いレバレッジを活かしたトレードをしたい人におすすめです。

入金も500円から可能なので、初心者でも始めやすい金額になっています。

 

スタンダード口座のボーナス
  • 口座開設ボーナス:3000円
  • 100%入金ボーナス:~5万円まで
  • 20%入金ボーナス:5万円超~50万円
  • ロイヤルティポイント:3.3ドル~6.6ドルのキャッシュバック

スタンダード口座は「口座開設ボーナス」「入金ボーナス」「ロイヤルティポイント」の3つとももらうことができます。

入金5万円までは入金100%ですが、5万円を超えると入金20%のボーナスとなります。

入金20%の45万円分のボーナスを全部もらうには225万円の入金が必要になります。

ロイヤルティポイントはランクによってことなり、トレードごとに「XMポイント」がもらえます。

これを証拠金に交換すると、1ロットあたり3.3ドル~6.6ドルとなります。

ロイヤルティポイントをスプレッドに加味すると、実質的なスプレッドは少し狭くなります。

 
スタンダード口座のスプレッド

USDJPY(ドル円) EURJPY(ユーロ円) GBPJPY(ポンド円)
1.6pips 2.6pips 3.5pips
AUDJPY(豪ドル円) EURUSD(ユーロドル) GBPUSD(ポンドドル)
3.0pips 1.6pips 2.3pips

スタンダード口座はスプレッドがかなり広めです。

デイトレードやスキャルピングをやりたい人はZero口座にするのをおすすめします。

どちらかと言うと「ボーナス」や「レバレッジ」を活かしたトレードをするのにおすすめの口座となります。

 

[XMの口座タイプ] マイクロ口座

ボーナス レバレッジ 1ロット 最小取引数 最大取引数
3種類 1000倍 1000通貨 10通貨 100ロット
最低入金額 スプレッド 取引手数料 ゼロカット 両建て
500円 ドル円1.6pips なし 同一口座のみ

マイクロ口座は1ロットが1000通貨となる小資金でも始められる口座です。

0.01ロットからトレードができるので10通貨から取引することが可能です。

基本的なスペックはスタンダード口座と同じです。

 

マイクロ口座のボーナス
  • 口座開設ボーナス:3000円
  • 100%入金ボーナス:~5万円まで
  • 20%入金ボーナス:5万円超~50万円
  • ロイヤルティポイント:3.3ドル~6.6ドルのキャッシュバック

マイクロ口座も「口座開設ボーナス」「入金ボーナス」「ロイヤルティポイント」の3つとももらうことができます。

入金5万円までは入金100%ですが、5万円を超えると入金20%のボーナスとなります。

入金20%の45万円分のボーナスを全部もらうには225万円の入金が必要になります。

ロイヤルティポイントはランクによってことなり、トレードごとに「XMポイント」がもらえます。

これを証拠金に交換すると、100ロットあたり3.3ドル~6.6ドルとなります。

ロイヤルティポイントをスプレッドに加味すると、実質的なスプレッドは少し狭くなります。

 
マイクロ口座のスプレッド

USDJPY(ドル円) EURJPY(ユーロ円) GBPJPY(ポンド円)
1.6pips 2.6pips 3.5pips
AUDJPY(豪ドル円) EURUSD(ユーロドル) GBPUSD(ポンドドル)
3.0pips 1.6pips 2.3pips

スプレッドもスタンダード口座と同じです。

全体的にスプレッドは広いので、スキャルピングは難しいと思います。

狙うpips数にもよりますが、デイトレードも少し厳しめかもしれません。

1トレードあたりが大きいpipsを狙うトレード向きの口座となります。

 

[XMの口座タイプ] Zero口座

ボーナス レバレッジ 1ロット 最小取引数 最大取引数
1種類 500倍 10万通貨 1000通貨 50ロット
最低入金額 スプレッド 取引手数料 ゼロカット 両建て
1万円 ドル円0.1pips 10ドル/1ロット 同一口座のみ

Zero口座は「スプレッド重視」の口座でボーナスは「口座開設ボーナスのみ」、レバレッジは「500倍」になります。

入金も1万円からとなるので、少しハードルが上がってきます。

デイトレードやスキャルピングなどの頻繁にトレードする人向きの口座です。

 

ゼロ口座のボーナス
  • 口座開設ボーナス:3000円
  • 100%入金ボーナス:なし
  • 20%入金ボーナス:なし
  • ロイヤルティポイント:なし

Zero口座は入金ボーナスとロイヤルティポイントは付きません。

口座開設ボーナスも「1人1回」になるため、追加口座をした場合には口座開設ボーナスをもらうことはできません。

スタンダード口座やマイクロ口座で得たボーナスを、資金移動でZero口座にもってくることも不可能です。

 
ゼロ口座のスプレッド

USDJPY(ドル円) EURJPY(ユーロ円) GBPJPY(ポンド円)
1.1pips(0.1pips) 1.6pips(0.6pips) 2.1pips(1.1pips)
AUDJPY(豪ドル円) EURUSD(ユーロドル) GBPUSD(ポンドドル)
1.8pips(0.8pips) 1.1pips(0.1pips) 1.4pips(0.4pips)

Zero口座はECN口座となり、スプレッドに加えて「取引手数料」がかかります。

カッコ内がスプレッドのみのpips数、カッコの外がスプレッド+取引手数料を合わせたトータルコストです。

スタンダード口座と比べて0.5pips~1.5pipsほどスプレッドが狭くなります。

デイトレードやスキャルピングなど頻繁にトレードする人におすすめの口座です。

 

XMのおすすめ口座タイプは?

さまざまなタイプがあるXMの口座ですが、どれを選択すれば良いのかは「ボーナスを重視」するか「スプレッドを重視」するかで異なります。

 
ボーナス重視ならマイクロ口座かスタンダード口座

XMのマイクロ口座とスタンダード口座のボーナス制度は非常に魅力的です。

ボーナスを重視するなら、この2種類の口座がおすすめです。

2種類のうちどちらにするかは、1回あたりの最大取引量と最小取引単位で判断してください。

マイクロ口座は、1回あたり1000通貨(1ロット)、最小取引単位は10通貨(0.01ロット)と少ない資金でトレードできます。

一方のスタンダード口座は、1回あたり10万通貨(1ロット)、最小取引単位は1,000通貨(0.01ロット)と、ハイレバトレードで一気に収益をあげたい人向きの口座です。

トレード経験と使える資金によって、選択するのが良いです。

 
スプレッド重視ならZero口座

Zero口座の強みは圧倒的なスプレッドの狭さにあります。

また、売買が成立する約定力の高さにおいて、XMは99.92%と非常に高い数値です。

スプレッドの狭さと約定力の高さがポイントになるスキャンピング(超短期売買)やデイトレード(短期売買)をメインに考えているなら、断然Zero口座がおすすめです。

 

XMの口座タイプまとめ

マイクロ口座 スタンダード口座 Zero口座
ボーナス 口座開設ボーナス、入金ボーナス、ロイヤリティボーナス 口座開設ボーナスのみ
レバレッジ 1000倍 1000倍 500倍
1ロット 1,000通貨 100,000通貨 100,000通貨
最小取引数 10通貨 1,000通貨 1,000通貨
最低入金額 500円 500円 1万円
スプレッド 1.6pips 1.6pips 0.1pips
取引手数料 10ドル/1ロット
CFD取引 42銘柄 42銘柄
貴金属 5種類 5種類

XMの口座タイプを比較してきましたが、結論はこのような選択がおすすめです。

XMの口座タイプ選び方
  • ボーナスを重視するならスタンダード口座
  • 小ロットでのトレードならマイクロ口座
  • スプレッドを重視するならZero口座

XMは1アカウントにつき、最大8つまで口座開設ができます。

後から追加で口座開設する事が可能です。

私の個人的なおすすめは、初めに「ボーナスの豊富なスタンダード口座」でトレードをし、ボーナスを全てもらったら「Zero口座を追加口座する」ことです。

スタンダード口座の100%入金5万円ボーナスは、不定期でリセットされるため、5万円分のボーナスはもらっておきましょう。

XMの登録はコチラ

 
【XM関連記事】