TitanFX法人口座の特徴と開設方法・手順と必要書類

海外FX

TitanFX法人口座の特徴と開設方法・手順と必要書類

titanfx 法人口座

TitanFX法人口座の特徴と開設方法を紹介していきます。

法人口座を作ることで、特に特典などはありませんが、税金対策をすることができ、経費の範囲も増えていきます。

法人口座作成の書類についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

TitanFXの口座開設はコチラ

 

↓海外FXランキング2022年最新版はコチラ

TitanFX法人口座の特徴とメリット

参照:TitanFX 法人口座を開設できますか?

TitanFXでは法人口座を作ることが可能で、法人口座の特徴やメリットを紹介します。

法人口座は個人口座と取引条件は同じ

法人口座は個人口座と同じ条件で取引をすることができます。

大きな資金が必要なく、ロットも個人と同じ0.01ロットで取引ができるので、取引環境も問題ありません。

法人としての特典は特にありませんが、税金対策が出来る範囲が増える分、メリットはあると思います。

 

おすすめはブレード口座

スタンダード口座 ブレード口座
取引方式 STP方式 ECN方式
ボーナス なし なし
レバレッジ 500倍 500倍
スプレッド 広い 狭い
取引手数料 かからない 7㌦/1ロット往復
最小ロット 0.01ロット 0.01ロット
最大ロット 100ロット 100ロット
最低入金額 1円(初回2万円) 1円(初回2万円)
ゼロカット 追証なし 追証なし
プラットフォーム MT4・MT5 MT4・MT5

法人口座も個人と同じようにスタンダード口座とブレード口座の2つから選択します。

トータルコストの安いブレード口座がおすすめですが、スタンダード口座も比較的スプレッドは狭くなっています。

初回入金は2万円ですが、2回目以降は入金方法によって1円から入金が可能となります。

 

税金対策・節税になる

個人 法人
国税 所得税:5~45% 法人税:15~23.2%
地方法人税:2~2.4%
地方税 住民税:10% 法人事業税:3.5~7%
法人住民税:1.3~1.6%
合計 15%~55% 21.8%~33.2%

参照:国税庁 No.2260 所得税の税率国税庁 No.5759 法人税の税率

個人の場合は海外FXは雑所得となり、税率が高く、損益通算や損失繰越は不可となっています。

法人口座を作ることで税率が低くなり、損益通算や損失繰越が可能となり、経費にできる範囲も増えてきます。

法人化することによる税金のメリットについては以下のページで詳しく解説しているので参考にしてください。

> 海外FXの法人化は税金対策になる?法人口座おすすめ業者と開設方法

 

法人口座に必要な書類

TitanFX法人口座に必要な書類は以下の3つの書類が必要となります。

登記簿謄本(履歴事項全部証明書)

登記簿謄本 履歴事項全部証明書

法人確認書類
・日本法人:履歴事項全部証明書(登記簿謄本)

法人が存在する証明となる書類が必要となり、日本法人の場合は登記簿謄本が必要となります。

データでアップロードするだけなので、原本を郵送する必要はありません。

 

代表者の本人確認書類

代表者の本人確認書類
・パスポート
・マイナンバーカード
・自動車運転免許証
・在留カード
・特別永住者証明書

続いて代表者の本人確認書類(身分証明書)が必要です。

運転免許証やマイナンバーカードなどを準備しておきましょう。

 

代表者の住所確認書類

代表者の住所確認書類
・公共料金の明細書・請求書
・銀行・カード利用明細書
・各種健康保険証
・印鑑証明書
・税関係書類等

代表者の住所を証明する書類も必要になります。

公共料金やクレジットカードの明細などがあれば大丈夫です。

住所が最後まで書かれている書類を準備しましょう。

 

法人口座の開設手順を画像付きで紹介

ここからはTitanFX法人口座の開設手順を画像付きで紹介していきます。

あらかじめ登記簿などの書類だけ準備しておきましょう。

トップページからリアル口座開設をクリック

TitanFXトップページから「リアル口座開設」をクリックしましょう。

 

ユーザー登録

「法人取引口座」にチェックを入れて、メールアドレスとパスワードを入力します。

 

取引口座を選択

取引口座情報
・プラットフォーム:MT4かMT5を選択
・口座タイプ:ブレード口座の方がスプレッドが狭いのでおすすめ
・レバレッジ:500:1がおすすめ
・ベース通貨:JPYを選択

取引口座の内容を選択します。

プラットフォームはMT5の方が新しいですが、MT4で使っているお気に入りのインジケーターやEAがある人はMT4を選択しましょう。

口座タイプはブレード口座の方がトータルコストが安くなるのでおすすめです。

レバレッジは高い方が有利に取引できるので500倍が良いと思います。

ベース通貨は何もなければJPYを選択しましょう。

 

お客様情報の入力

お客様情報
・法人名:〇〇Co., Ltd 〇〇Inc.など

・国名:Japanを選択
・電話番号:(例)03-0011-2233
・住所:(例)1-1-1,Minamiaoyama
・市区町村:(例)Minato-ku
・都道府県:(例)Tokyo
・郵便番号:(例)107-0062

法人の会社名(英語)、電話番号、住所などを入力しておきます。

株式会社は「Co., Ltd.」や「Inc.」ですが、有限会社や合同会社は「LLC」と入力しましょう。

 

メールを確認

ここでメールアドレスの確認がおこなわれますので、メールボックスをチェックしましょう。

 
確認をクリックする

TitanFXからメールが届くので、「確認」をクリックしましょう。

 
登録プロセスを開始

「クライアントキャビネットへようこそ」と表示されるので、「開始する」をクリックします。

 

会社情報と取締役情報

会社の法人番号と設立日を入力します。

設立日は”日/月/年”の順番になります。

秘密の質問は忘れないように、メモをしておきましょう。

 
取締役の氏名や住所を入力

取締役の情報を入力していきます。

取締役が2名以上の場合は2名を選択して、後ほどバックオフィスにメールをするようにしてください。

名前と生年月日、住所などを入力していきます。

 
実質支配者情報を入力

実質支配者情報を入力していきます。

実質支配者とは株式が10%以上保有している人のことを指し、実質支配者の情報を入力していきます。

通常は代表者となるので、代表者の情報をもう一度入力しましょう。

 

必要書類の提出

登記簿謄本のアップロード

続いて登記簿謄本の画像データをアップロードしてきます。

 
投資額に関する質問

投資額に関する必要に回答しましょう。

どれを選択しても問題ありません。

 
取締役の本人確認書類と住所確認書類をアップロード

次に取締役の本人確認書類と住所確認書類をアップロードします。

 
提出可能な書類

身分証明書
運転免許証 パスポート マイナンバーカード

※通知カードは不可

本人確認書類は写真付きのもの(パスポートや運転免許証、マイナンバーなど)が必要になります。

現住所確認書類
住民票 公共料金の支払明細 銀行残高証明書 クレジットカード利用明細

住所確認書類は、住所が最後までキッチリと書かれた公的な書類であればOKです。

 
実質支配者の本人確認書類をアップ

実質支配者の本人確認書類をアップしていきます。

通常は代表者や取締役の人だと思いますので、データをアップしましょう。

 
役員・実質支配者の証明書

役員及び実質的支配者の証明書をダウンロードして記入・署名をしてアップロードしていきます。

コチラは後で提出してもOKです。

 
口座開設手続きの完了

これでTitanFXの口座開設手続きの完了です。

審査が通れば取引を開始することができますので、入金して始めていきましょう。

 

まとめ

TitanFXの法人口座開設方法を紹介して来ました。

TitanFXの法人口座は個人と取引条件は変わりませんが、法人になることで税金対策になるのでおすすめです。

特に大きな資金やロットで取引するわけではないので、気軽に始めやすいのがメリットです。

ぜひ法人化をしたらTitanFXで法人口座を作って取引しましょう。

TitanFXの口座開設はコチラ