Tradeview法人口座の開設手順と提出書類・おすすめ口座

海外FX

Tradeview法人口座の開設手順と提出書類・おすすめ口座

tradeview 法人口座

Tradeview法人口座の特徴やメリット・口座開設方法について紹介していきます。

法人口座は提出書類がいくつかあるので、書類についても解説していこうと思います。

Tradeviewの法人口座の取引条件は個人口座と変わりはありませんが、法人にすると税金対策になるので年間利益の多い人は法人化して節税すると良いでしょう。

Tradeviewの口座開設はコチラ

 

↓海外FXランキング2022年最新版はコチラ

Tradeview法人口座の特徴とメリット

Tradeviewの法人口座の特徴やメリットを紹介します。

法人口座は個人口座と取引条件は同じ

Tradeviewの法人口座は個人口座と取引条件が同じで、大きな資金や大きなロットで取引する必要がなく、取引しやすいのが特徴です。

入金はXレバレッジ口座で1万円から、その他の口座は10万円から入金が可能です。

ロットもXレバレッジ口座とcTrader口座は0.01ロットから、ILC口座とCurrenex口座で0.1ロットから取引ができます。

 

おすすめはILC口座とcTrader口座

Xレバレッジ口座 ILC口座 cTrader口座 Currenex口座
注文方式 STP方式 ECN方式 ECN方式 STP方式
プラットフォーム MT4・MT5 MT4・MT5 cTrader Currenex
レバレッジ 500倍 200倍 400倍 400倍
スプレッド 広い 狭い 狭い 広い
取引手数料 無料 5ドル/1ロット 5ドル/1ロット 6ドル/1ロット
最小ロット 0.01ロット 0.1ロット 0.01ロット 0.1ロット
初回入金額 1万円 10万円 10万円 10万円

Tradeviewでおすすめの口座はILC口座とcTrader口座となり、スプレッドが非常に狭い口座となっています。

MT4やMT5を使いたい人はILC口座となり、cTraderを使いたい人はcTrader口座となります。

ILC口座はレバレッジが200倍、最低入金額が10万円と少しハードルが高めとなっていますが、Tradeviewを使う場合はILC口座かcTrader口座を使うようにしましょう。

 

法人口座は税金対策・節税になる

個人 法人
国税 所得税:5~45% 法人税:15~23.2%
地方法人税:2~2.4%
地方税 住民税:10% 法人事業税:3.5~7%
法人住民税:1.3~1.6%
合計 15%~55% 21.8%~33.2%

参照:国税庁 No.2260 所得税の税率国税庁 No.5759 法人税の税率

個人の場合は海外FXは雑所得となり、税率が高く、損益通算や損失繰越は不可となっています。

法人口座を作ることで税率が低くなり、損益通算や損失繰越が可能となり、経費にできる範囲も増えてきます。

法人化することによる税金のメリットについては以下のページで詳しく解説しているので参考にしてください。

> 海外FXの法人化は税金対策になる?法人口座おすすめ業者と開設方法

 

法人口座開設に必要な書類は4つ

Tradeviewで法人口座を作るには以下の4つの書類が必要となります。

口座開設をする前に事前に準備をしておきましょう。

 

法人の登記簿謄本

登記簿謄本 履歴事項全部証明書

まずは会社の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)が必要になります。

法務局に行って取得しましょう。

 

法人の住所確認書類

法人 印鑑証明書

会社の住所確認書類も必要となります。

公共料金の明細やクレジットカードの明細、銀行の通帳のコピーなどでも良いですが、印鑑証明書もでも大丈夫です。

登記簿を取りに行くついでに、印鑑証明書を発行しても良いでしょう。

 

役員の本人確認書類

写真付き公的身分証明書いずれか1点
運転免許証 パスポート マイナンバーカード

法人口座には代表者や役員の身分証明書も必要になります。

役員全員の身分証明書が必要になりますので、他に役員がいる人は、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

役員の住所確認書類

現住所確認書類いずれか1点
健康保険証 住民票 公共料金等の請求書
銀行取引明細書 クレジット請求書

代表者・役員全員の住所確認書類も必要になります。

住所を確認できる公的な書類を準備しておきましょう。

 

法人口座の開設手順を画像付きで解説

Tradeview法人口座の開設手順を画像付きで解説していきます。

新規口座開設

まずはトップページの「新規口座開設」をクリックします。

 
法人口座を選択

「Tradeview法人口座」を選択しましょう。

 

取引プラットフォームと口座通貨を選択

取引プラットフォームと取引口座を選択します。

Tradeviewの取引プラットフォーム

MT4/MT5 世界で一番使われているプラットフォーム。自動売買システム(EA)にも対応
cTrader スキャルピング専用のプラットフォーム。板情報を見ることができ、ワンクリック機能・複数ポジション同時決済が出来る
Currenex プロトレーダー向けのプラットフォーム。プラットフォームを介して複数のプロバイダーに直接注文を出せる

MT4やMT5に慣れている人や自動売買をしたい人はMT4かMT5を選択すると良いでしょう。

裁量トレードの人はcTraderを使うと動作も早く、たくさんの機能が視覚的に使えるので便利です。

Currenexはあまりメリットがないので止めておきましょう。

 
口座に使う通貨

取引口座の通貨
JPY(日本円) USD(米ドル) EUR(ユーロ) AUD(豪ドル) CAD(カナダドル)
CHF(スイスフラン) GBP(英ポンド) MXN(メキシコペソ) ZAR(南アフリカランド)

取引口座は基本的にJPYで良いと思いますが、ドル口座が良い人はUSDを選択しましょう。

 

基本情報のご登録

基本情報記入例
・会社名:(例)AAA Trade
・法人形態:Corporative(株式会社)、Partnership(合名会社)、Limited(合資会社)、Sole Proprietorship(個人事業主)
・住所(ローマ字):(例)1-11-1-111 Akasaka Tower(番地、マンション名など)
・電話番号:(例)+311223344(国番号+最初のゼロを抜かして入力)
・住所(ローマ字):(例) Akasaka
・市区町村(ローマ字):(例)Minato-Ku
・郵便番号(半角数字):(例)1070052(ハイフンなし)
・国:(例)Japan
・都道府県:(例)Tokyo
・Eメールアドレス:(例)taro.yamada@aaa-trading.co.jp
・業務内容:(例)FX trading

まずは会社情報を入力していきます。

住所なども英語で入力しましょう。

 

法人に関する情報

法人に関する情報
・設立日:(例)2020年1月1日
・登録国:Japan
・株式:(例)非公開
・純資産:会社の純資産額を入力
・親会社の名称:必要があれば入力
・社員数:(例)10人
・こちらにご登録の役員のみが~:はい

会社の設立日や株式の公開状況、純資産などを入力します。

 

役員に関する情報

役員に関する情報
・姓(ローマ字):(例)Yamada
・名(ローマ字):(例)Taro
・ミドルネーム(該当する場合):空白のままでOK
・出生地:(例)Japan(リストから選択)
・生年月日:(例)05-Jan-1985(リストから選択)
・パスポート番号:空白のままでOK
・パスポートの有効期限:空白のままでOK
・国籍:(例)Japan(リストから選択)

代表者の情報について入力していきます。

パスポート番号や有効期限は空白のままでも審査は通るので空白で大丈夫です。

 

居住地に関する情報

居住地に関する情報記入例
・国:(例)Japan
・都道府県:(例)Tokyo
・市区町村(ローマ字):(例)Minato-Ku
・住所(ローマ字):(例)1-1-1, Akasaka
・住所(必要な場合・ローマ字):(例)#111 Akasaka Tower(マンション名などを入力)
・郵便番号(半角数字):(例)1070052(ハイフンなし)
・電話番号:(例)+819011223344(国番号+最初のゼロを抜かして入力)
・Eメールアドレス:(例)taro.yamada@gmail.com
・性別:(例)男性(リストから選択)
・婚姻の有無:(例)既婚(リストから選択)

代表者の個人の住所やメールアドレスを入力していきます。

 

米国市民権に関する情報

米国籍以外の場合の身分証明書番号
・国:(例)Japan
・本人確認書類の種類:(例)Driver’s License
・本人確認書類の番号:(例)1234567890

米国の市民権に関する情報を入力します。

米国に住んでいると口座開設ができないので、日本の場合はJapanを必ず選択するようにしてください。

 

収入源に関する情報

収入源に関する情報です。

最初の「収入源」についてはどれを選択しても大丈夫ですが、2つ目の「破産された経験」は”いいえ”を選択するようにしましょう。

 

投資のご経験

注意点
全く投資経験がない場合、「追加リスク開示書」の提出が必要になります。

投資の経験については、全て”なし”だと追加リスク開示書の提出が必要になるので、どれかの経験はあるように選択してください。

 

以下の分野に関してご理解はございますか??

全て「はい」を選択します。

 

その他の情報

個人口座を既に持っている場合は、「弊社で既に口座をお持ちですか」の質問に”はい”と答えましょう。

その他、年間投資予定額や口座の目的などを入力していきます。

 

書類の提出

身分証明書のアップロード

代表者個人の書類をアップロードしていきます。

アップロードする書類を選択してアップしましょう。

 
住所確認書類のアップロード

続いて個人の住所確認書類をアップロードしましょう。

 

署名

最後に署名をローマ字でしたら完了となります。

ここで一旦、Tradeviewからメールが来るのを待ちましょう。

メールに返信で法人の書類提出が必要になります。

 

法人・役員の書類提出

Tradeviewからメールが来たら、会社の証明書、住所確認書などの書類提出が必要になります。

代表者以外の役員の情報もここでメール返信で提出しましょう。

 

法人口座開設の完了

審査に通過すると、このように「Tradeview Live Account」のメールが届きます。

これで入金して取引を開始できます。

 

まとめ

Tradeviewの法人口座の特徴と口座開設方法を紹介して来ました。

Tradeviewの法人口座は難しい手続きは必要なく、法人書類が2枚追加になるだけです。

スプレッドも狭く他の業者よりも有利に取引できるので、ぜひTradeviewで法人口座を作って取引していきましょう。

Tradeviewの口座開設はコチラ

関連記事
海外FXの法人化は税金対策になる?法人口座おすすめ業者と開設方法
Tradeviewの口座開設方法と時間・日数を紹介