BA CAPITALの評判や基本情報、メリット・デメリットを徹底紹介

海外FX

BA CAPITALの評判や基本情報、メリット・デメリットを徹底紹介

皆さんは「BA CAPIRL」という海外FXブローカーをご存じですか?
恐らく、『そんなブローカー聞いたことない』という方がほとんどではないでしょうか。

事実、ツイッターで「BA CAPIRL」とサーチしてもほとんど情報は出てきません。
この時点で大半の方がBA CAPIRLへの興味を失ったかもしれませんが、当記事を閉じるのはもう少し待ってください。

BA CAPIRLは今、「口座開設ボーナス1万円キャンペーン」を実施しているのです。
当記事を読まれている方でBA CAPITALの口座を所有している人は少ないと思いますので、逆に言えば誰でも1万円ボーナスを獲得できるチャンスがあるということです。

ただし問題は、『BA CAPITALは信頼できるのか?』『そもそもどういう海外FX会社なのか?』ということですよね。
そこで今回はBA CAPITALについて調査、BA CAPITALの基本情報や特徴を解説します。

BA CAPITALの基本情報

BA CAPITALの基本情報

BA CAPITALの基本情報

BA CAPITALは米国・カナダ・イスラエル・イランの四ヶ国からの登録は現在制限しており、日本や中国といったアジア圏中心に活動を展開しています。

BA CAPITALで取引できるのはドル円といった通貨以外にも、「NASDAQ」「JP225」といった株価指数や「ゴールド」「シルバー」の貴金属、そして「ビットコイン」といった仮想通貨にも対応しています。
人気の取引銘柄にはしっかり対応しているのがポイントです。

通貨と仮想通貨を同時に取引できるブローカーはまだ少ないので、それぞれ業者をわけて取引しているトレーダーも多いはず。
一つの業者で完結するのは資金管理の面などから考えても楽になりますね。
取引プラットフォームはMT4となるので、海外FXメインのトレーダーであれば問題なく移行できます。

BA CAPITALの口座タイプ

BA CAPITALの口座タイプ

BA CAPITALの口座タイプ

BA CAPITALは3種類の口座タイプを提供しています。

BA CAPITALの口座タイプ

  • ECN口座
  • STP口座
  • PRO口座

まずBA CAPITALの全口座タイプは、

『各口座は、外国為替市場と結びついており、取引の際に、弊社、海外のメガバンク、証券会社、及びその他の機関による仲介がありません。』

との記載がされている通り、NDD方式を採用していると考えて良いでしょう。
※NDD方式とは、ユーザーの取引注文を中間業者など挟まずに直接インターバンクに注文を流す透明性の高い注文執行方式です。
口座毎の特徴に入る前に、全口座タイプの共通事項を解説します。

BA CAPITALの口座タイプの共通事項

  • 取引プラットフォームは全てMT4
  • サーバーの拠点は東京
  • 最小取引ロット数は0.01ロット(1,000通貨)
  • 一度に注文できる最大ロット数は50ロット(500万通貨)
  • 最大保有可能ロット数は200ロット
  • CFD取引が可能

共通事項のなかで特筆すべきは、「サーバーロケーションが東京」という点です。
サーバーの安定性は約定率の高さに繋がるので、東京のサーバーであれば信頼できますね。

それでは各口座の特徴を解説します。

まずECN口座の概要としてスプレッドが狭いことが特徴として挙げられます。

ECN口座のメリット

  • スプレッドが狭い

ただし、ECN口座は他の口座タイプと比べるとレバレッジが100倍と低めの設定、初期入金額も高めなので低レバレッジを好む方や資金に余裕があるトレーダー向けといえるでしょう。

ECN口座のデメリット

  • レバレッジが100倍
  • 初期入金額が500ドル(5万円程度)
  • ボーナス無し
  • EA(自動売買プログラム)が利用できない
  • 両建て取引不可

次にSTP口座の特徴を解説します。
STP口座の概要として、ECN口座よりスプレッドが広い代わりにレバレッジが高いという特徴があります。

重要となる最大レバレッジは500倍、最低入金額は100ドル(1万円程度)に設定されています。
何よりボーナスを受け取ることができるので、特別な理由がなければSTP口座を開設するべきでしょう。

STP口座のメリット

  • レバレッジが高い
  • ボーナスの付与対象
  • 100ドルから入金化
  • EAが使える
  • 同一口座であれば両建て取引ができる
STP口座のデメリット

  • スプレッドが広い

3つ目のPRO口座の特徴についてですが、主なスペックはSTP口座と同じなので割愛させていただきます。

BA CAPITALのメリット4選をご紹介

BA CAPITALのメリット4選をご紹介

BA CAPITALのメリット4選をご紹介

ここまで、BA CAPITALのおおまかな特徴についてご説明させていただきました。

ここからは、『他の海外FXブローカーと比較した際にBA CAPITALにはどんなメリットがあるのか?』という点に焦点を当てていきます。

BA CAPITALの口座の開設を検討されている方は是非チェックしてください。

メリット①サポートが充実している

BA CAPITALは確かにマイナーな海外FXブローカーではあるものの、サポート体制の面がしっかりしています。

メールでの問い合わせに関しては、原則24時間以内(土日除く)に日本語での返答が返ってくるので安心です。

『BA CAPITALに問い合わせたけど24時間以上返事がない!』って方は迷惑メールフォルダを確認してみてください。

海外FXブローカーからのメールは迷惑メールとして認識されることが多いので注意。

迷惑メールとして処理されないように、口座開設時に下記のメールアドレスを登録しておくと良いでしょう。

Email:BACapitalFX@gmail.com

メリット②ボーナスが充実している

BA CAPITALはボーナスキャンペーンが充実しています。

認知度が低い海外FXブローカーほど、利用者を増やすために豪華なボーナスを用意していることが多いです。

BA CAPITALでは現在3種類のボーナスが用意されています。

まだBA CAPITALがあまり知られていない今だからこそ行われているキャンペーンもあるかもしれないので、次の項目で紹介するキャンペーン内容をチェックしてみてください。

口座開設ボーナス10000円キャンペーン

今、BA CAPITALで初めて口座開設すると取引ボーナス1万円分を獲得することができます。

ボーナスをゲットするまでの流れは3ステップです。
BA CAPITALの口座開設ボーナスを獲得するまでの流れ

STEP1
口座開設
公式ホームページより口座開設申請を行う
STEP2
アカウント認証
本人確認書類等を提出してアカウント認証されるのを待つ
STEP3
ボーナスを受け取る
ボーナス対象口座の開設完了時にボーナスが付与される

入金不要で獲得できるのはもちろん、1万円分のボーナスは高額なので気になりますね。

なお、口座開設までの審査にかかる時間は7営業日と長めなので注意。
その他の注意点として、ECN口座は対象外であること、仮想通貨FXはボーナスの適用外などが挙げられます。

BA CAPITALの口座開設ボーナスの注意点

  • ボーナスの有効期限は一か月
  • 仮想通貨は対象外
  • MAM、EA、コピートレードにはボーナスは使えない(裁量取引のみ)
  • ボーナスで取引した場合の利益の出金は最低7ロットの取引が必要
  • 入金無しで出金できる利益の上限額は最大2万円

特に、出金条件と仮想通貨やEAにはボーナスが利用できない点には注意しましょう。

初回入金100%ボーナス

BA CAPITALは初回入金時に金額に応じて100%のボーナスが付与されます。
100%ボーナスの上限額は約6万円、なので6万円の入金で合計12万円分の資金でトレードが開始できます。

100%ボーナスは初回入金時のみに適用されるため、できれば最大まで獲得しておきたいところ。
それ以降の入金については、200万円相当まで30%のボーナスが自動的に付与されます。

つまり、100%ボーナスと併用することで最大66万円分相当のボーナスを獲得できる計算になります。
30%ボーナスに期限や回数制限はありませんが、イベント期間中に出金申請もしくは口座間での資金移動を行ってしまうとイベント対象外となってしまうので注意してください。

200%入金ボーナス

BA CAPITALの200%入金ボーナスキャンペーンは抽選式となっています。
キャンペーンの対象となるのは当選メールを受け取った口座所有者のみ、当選者にはBA CAPITALより当選メールが届きます。
当選者は最大150万円相当まで入金ボーナスが付与されます。

しかもこの入金ボーナスの良いところは、「回数制限がない」という点です。
複数回にわけて入金することもできるため、当選できればかなりラッキーですね。
抽選は自動的に行われるため、参加するために特別することはありません。

ただし、当選メールを受け取れるようにはしておきましょう。
BA CAPITALのメールアドレスは『メリット①サポートが充実している』のページに記載しています。

メリット③スプレッドが狭い

BA CAPITALでは『業界最小基準のスプレッド』を設定しています。

BA CAPITALの最低スプレッド値一覧

  • USDJPY 1.6pips
  • GBPJPY 2.6pips
  • EURJPY 2.1pips
  • XAUUSD 2.8pips

※公式ホームページより引用

日本人によく取引されるクロス円の最低スプレッドも低いですが、ドルストレートのスプレッドになると全体で2.0pips以下となっています。

特に、今人気がある「XAUUSD(ゴールド)」のスプレッドが低めなのは嬉しいポイントですね。

低スプレッドかつ300通貨ペアの取引が可能なので、取引の選択肢が多いのも特徴です。

メリット④MT4が使える

BA CAPITALがMT4に対応しているのは、海外FXメインのトレーダーにとって助かりますよね。

海外FX初心者に向けて簡単にご説明すると、MT4とは「FXで売買するときに使用するソフトウェア、もしくはアプリケーション(取引プラットフォーム)」になります。

独自の取引プラットフォームやMT5専用の業者が増えているなかで、MT4に対応しているのはメリットが多いです。

MT4の具体的なメリット

  • 信頼性と安定性に優れている
  • 最もパフォーマンス力がある
  • インジケータと自動売買ツールが利用できる

MT4は、全世界で最も利用者が多く開発されてからの期間も長いこともあり一番優れている取引ツールです。
利用者が多いということはそれだけ信頼されているということになり、歴史も長い分多くの改善がされておりパフォーマンスは最適化されています。
前述したMT5はMT4の次のバージョンとなるので機能面では優れているのですが、対応しているEA(自動売買プログラム)や追加インジケータが少ないというデメリットがあります。

特にEAの利用者が増えているなかでMT4が対応していない業者だと、『せっかく購入したEAが使えない!』という問題が発生する可能性があります。
EAを使わないトレーダーであってもMT4の利用者のほうがMT5より多いので、慣れ親しんだ取引プラットフォームで取引できるというのはやはり大きなメリットとなります。

BA CAPITALのデメリット2選をご紹介

BA CAPITALのデメリット2選をご紹介

BA CAPITALのデメリット2選をご紹介

BA CAPITALのデメリットは大きくわけて2つあります。

デメリット①ブローカーの情報が少ない

BA CAPITALは取引を行ううえでの基本的な条件には問題なくむしろボーナス面では比較的豪華なのですが、情報が少ないことがネックとなります。

マイナーな海外FX会社全般にいえますが、やはり情報が少ないと海外FX初心者にとっては不安ですよね。

大手海外FXブローカーと比べて情報が圧倒的に少ない分サポート体制でカバーされてはいるのですが、サポート面にもやや問題があります。(次の項目で解説します)

デメリット②日本語対応が完全ではない

こちらもマイナーな海外FXブローカーにはよくあることなのですが、日本語対応が完全ではありません。

大手ブローカーになるほど日本人スタッフが在籍しているのですが、マイナーな海外FX業者だと日本人スタッフがいないことが多く、結果的に直訳的な文章になりがちです。

そのためサポート体制に問題はないのですが、メール本文の日本語がおかしい場合があります。

とはいえ理解できないレベルの日本語では決してないので、そこまで大きな問題とはならないでしょう。

BA CAPITALの入出金方法

BA CAPITALの入出金方法

BA CAPITALの入出金方法

BA CAPITALの公式ホームページだけでは入出金方法がわかりにくいと思うので、当記事で補足させていただきます。

BA CAPITALの入金方法

入金方法 手数料 最低入金額 反映時間
銀行送金 なし 1万円 入金確認後
Bitwallet なし 1万円 現在メンテナンス中
ビットコイン なし 0.02BTC 1分~30分
Tether なし 25USDT(OMNI) 1分~30分
Ethereum なし 0.05ETH 1分~30分

BA CAPITALの出金方法

出金方法 手数料 最低出金額 着金までの時間
銀行送金 なし 1万円 2営業日
Bitwallet なし 1万円 現在メンテナンス中
ビットコイン なし 0.02BTC 2営業日
Tether なし 25USDT(OMNI) 2営業日
Ethereum なし 0.05ETH 2営業日

Bitwalletは現在メンテナンス中なので注意。

海外FXで肝心となる、出金申請から着金までの時間は2営業日と短めなので安心できますね。

なお、『口座開設ボーナス10000円キャンペーン』の項目で書きましたが、ボーナスのみの取引で得た利益の出金は7ロット以上で可能です。

入金無しの場合の出金上限額は最大2万円となります。

また上限額が設定されているからといって、利益出金目的のみでの入金も無効なので注意してください。

BA CAPITALの評判

BA CAPITALの評判

BA CAPITALの評判

ここまでがBA CAPITALの基本情報となりますが、BA CAPITALの評判は実際のところどうでしょうか?

インターネット上の口コミを検索したところ、日本のトレーダーによる口コミはまだ見つかりませんでした。

そこで海外のトレーダーの口コミを確認したところ、『出金ができない』との口コミが数件見受けられました。

これらの評判を見る限り、多額の入金は避けたほうが無難です。

結論:BA CAPITALはボーナスを活用したFX取引が出来る!

結論:BA CAPITALはボーナスを活用したFX取引が出来る!

結論:BA CAPITALはボーナスを活用したFX取引が出来る!

BA CAPITALはボーナス面が豪華、特に今このブローカーを利用するなら口座開設ボーナスを使ってFX取引するのがオススメです。

口座開設ボーナスなら入金が不要なので、万が一の場合もリスクがありません。

BA CAPITALの利用を考えている方は、まずは口座開設ボーナス1万円分を使って実際の使用感を確かめてみましょう。

海外FX大学独自!BACAPITALさんに直接取材しました!

海外FX大学独自!BAcapitalさんに直接取材しました!

海外FX大学独自!BAcapitalさんに直接取材しました!


インタビュアー

BACAPITALさんはどのような会社か教えてください
ACapitalがAnguilla諸島に登録している海外FX取引所です。BACapitalの本社はオーストラリアにあります。そのほかにも香港、シンガポールなどに事務所を置いています。


BACAPITALさん


インタビュアー

BACAPITALさんを利用するメリットを教えてください
BACapitalは最大1000倍までレバレッジを適用することができます。さらにボーナス制度については口座開設ボーナスと入金ボーナスがあります。


BACAPITALさん


インタビュアー

入出金は簡単にできますか?
BACapitalは現在、日本のローカル銀行、国際送金、仮想通貨の3つの入金方式をサポートしています。入金は30分以内に反映されます。
出金方法は、日本銀行、国際送金の2種類用意があります。
出金までにかかる時間は以下の通りです。
日本銀行の出金時間:24時間以内。
国際送金の出金時間:1-3営業日。


BACAPITALさん

【BA CAPITALの評判や基本情報、メリット・デメリットを徹底紹介】まとめ

【BA CAPITALの評判や基本情報、メリット・デメリットを徹底紹介】まとめ

【BA CAPITALの評判や基本情報、メリット・デメリットを徹底紹介】まとめ

マイナー海外FXブローカーであるBA CAPITALの主な特徴は以下の通りです。

BA CAPITALのメリット

  • 新しい海外FXブローカーだからボーナスが豪華
  • マイナーでありながらサポート体制は万全
  • 豊富な銘柄数と低スプレッド
  • MT4に対応

現在のところ利用者の口コミがほとんどないので、入金前にまずは口座開設ボーナスだけでFX取引してみて実際の使用感を確かめてみましょう。