Exness(エクスネス)の評判・口コミ|安全性について徹底解説

海外FX

Exness(エクスネス)の評判・口コミ|安全性について徹底解説

レバレッジ無制限が選択可能で、ここ最近FXトレーダーたちの注目を集めるExness。

一瞬で100万円の利益を得たという口コミを見かけるほど、いま一番勢いのある海外FX業者です。

  • ハイレバが気になるけど、本当にExnessは安全なのか
  • 実際にExnessを利用している人の評判や口コミを知りたい
  • Exnessを使うメリット・デメリットを知りたい

本記事では、Exnessに関する評判を徹底的に紹介。

Exnessで口座開設するメリットやデメリット、利用するにあたって注意したいポイントも解説します。

最後まで読めば、あなたがExnessでのトレードに向いているか判断できるでしょう。

口座開設の方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

目次

Exnessは信頼できる安全な業者なのか

まずはExnessの安全性や信頼性をはかるため、運営している会社の実態や資金管理について確認しましょう。

セーシェル金融(FSA)の承認を受けた証券会社

Exness

出典:FSA(セーシェル金融サービス庁)

Exnessはセーシェル金融庁のライセンスを保有しています。

運営会社 Nymstar Limited(2008年設立)
所在地 セーシェル共和国

F20, 1st floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles

金融ライセンス FSA:セーシェル共和国金融庁
(登録番号:SD025)

セーシェル諸島とはインド洋にある小さな島国です。

セーシェルの金融ライセンス取得は、比較的簡単に取得可能で海外FXではメジャーなライセンス。

ライセンス取得が容易な場合、信頼性に不安が残りますが、その反面ボーナスやキャンペーンの豊富さやハイレバレッジの恩恵を受けれるのは魅力的。

また、同じライセンスを保有業者は、XMFXGTが挙げられます。

どちらの海外FX業者も日本人に人気で、出金拒否などの多いなトラブルは聞いたことがありません。

資金は分別管理で信託保全なし

Exnessは、運営資金とトレーダーの資金を別々に管理(分別管理)していますが信託保全はなし。

分別管理の場合、知らぬ間にExnessに資金を使い込まれる心配がない点はメリットと言えます。

しかし、信託保全がないため、万が一Exnessが倒産した場合、あなたの資金が全額帰ってくる保証がないためデメリットになります。

投資家から預かった証拠金や取引による損益、またスワップポイントなど、お客さまの資産と自社の資産を分別して信託銀行に信託し、管理することを指します。
これにより、万が一、証券会社やFX会社が破綻した場合にも、お客さまの資産は保全されることになります。

出典:SMBC日興証券

信託保全がない点に不安を感じているなた、少額から入金する、利益が出たらこまめに出金するなど、最悪の場合に備えておくといいでしょう。

2022年現在、日本の金融庁からの規制対象ではない

多くの海外FX業者は、金融庁から「無登録で金融商品取引業を行う者」として警告を受けています。

しかし2022年現在、Exnessはこの警告業者に該当していません。

FX

出典:金融庁

そもそも多くの海外FXがなぜ日本の金融庁で登録していないかというと、デメリットが多いからです。

日本の金融庁に許可を得るためには、厳しい制限を守らなくてはいけません。

レバレッジやゼロカットシステム、豪華なボーナスなどは提供できなくなります。

そのため、あえて日本のライセンスを保有せずに運営しています。

補足説明

海外FXが日本居住者にサービスを提供したり、日本居住者が海外FXを利用しても違法ではありません。

しかし日本居住者向けにプロモーション活動をおこなうと、法律に反します。

毎月の会計報告を公式サイトで公開中

CFD

出典:Exness公式

Exnessは公式サイトで毎月、取引量や顧客数、出金額などの業績を公開しています。

スプレッドや約定力、約定スピードなどの実績を公開する海外FXは多いですが、取引量や出金額を公開する海外FXは非常に少ないです

実績公開はExnessの自信の証と言えます。

レアルマドリードの公式スポンサー

Exnessは2017年から2020年までの3年間、レアルマドリードの公式スポンサーをつとめていました。

レアルマドリードの知名度は非常に高く、日本にも多くのファンが存在。

世界的に有名なレアルマドリードが、Exnessを公式スポンサーに採用するには、厳重な審査や調査が必要。

レアルマドリードの評判が下がるような怪しいFXブローカーなら事前審査に落選するため、Exnessは信頼性のある海外FXといえますね。

Exnessの良い評判と口コミ

Exnessを利用しているトレーダーからの評判や口コミを確認しておきましょう。
まずは良い評価について紹介します。

人気通貨ペアがスワップフリー

Exnessを利用しているトレーダーからもっとも高く評価されているのは、人気の通貨ペアのスワップが0(ゼロ)で保有できる点です。

スワップとは

スワップとは、日をまたいで保有するポジションに適用される金利のこと。

スワップがマイナス表示されている場合は、毎日ポジションから差し引かれてしまいます。

長期のトレードでは、大きなコストになるでしょう。

Exnessは通常マイナススワップになる通貨ペアでも、スワップが発生しないサービスを実施しています。

とはいえ全員にスワップフリーが適用されるわけではありません。

トレーダーのステータスに準じて、スワップフリーの適用可否が判断されます。

MEMO

優待スワップフリーステータスとは、Exnessでの取引に応じてステータスレベルが上がっていくシステムです。

優待スワップフリーステータスに到達すると、対象の金融商品はスワップゼロで保有できます。

現在のスワップフリーレベルはパーソナルエリアの「プロフィール」もしくは「設定」から確認可能です。

「スワップフリーレベル」のページから「スワップフリーレベルのスコア」をひらきましょう。

Swaplevel

スコアを表すバーが「拡張」まで到達していると、スワップフリーが適用されます。

スワップフリー対象の通貨ペアや金融商品も確認できますので、定期的にチェックしてみましょう。

レバレッジ無制限で小額から大きく稼げる

Exnessは、最大レバレッジが無制限です。

つまりレバレッジを1,000倍でも5,000倍でも、自由に設定できます。

たとえば500円にレバレッジを3,000倍に設定して発注すると仮定してみましょう。

500円×3,000倍=150万円

わずか500円の自己資金でも、3,000倍のレバレッジをかければ、150万円分のポジションが保有できます。

大きなポジションを保有していれば、その分まとまった利益が望めて効率的です。

自己資金の少ない人、リスクを抑えて少額を入金したい人には、レバレッジ無制限のExnessはおすすめです。

ただしレバレッジ無制限には、取引回数や取引ロット数などの利用条件があります。

とくに口座残高におけるレバレッジ制限には注意しましょう。

有効証拠金(USD) 最大レバレッジ
0~999 無制限
1,000~4,999 2,000倍
5,000~29,999 1,000倍
30,000以上 500倍

ポジション保有中も資金移動や出金ができる

Exnessでは、ポジションを保有している最中にも資金移動や出金が可能です。

海外FXの中には、ポジションをすべて決済していないと出金できない業者もあります。

出金のためにすべてのポジションを決済すると、想定外の損失が発生する可能性があります。

Exnessは、出金や資金移動に関する制限が少なく、自由度の高い海外FXです。

海外最大級のFX掲示板「FPA」では高評価

FPA

FPA(ForexPeaceArmy)は、海外FX業者を比較して採点する掲示板サイトです。

総合評価は星5つで表されますが、2022年7月現在、Exnessは3.177と高評価。

中には低評価をつける口コミもありますが、それはどの海外FXでも同じことがいえます。

負けた腹いせの口コミ、システムを正しく理解していないための勘違いなど、たくさんの声があげられるからです。

ただし多くの口コミには、Exnessのサポートセンターが回答しています。

誠実に対応している姿勢も感じられるので、むしろ安心できるでしょう。

仮想通貨・金・個別株・株式指数のスワップがゼロ

先ほどは、人気の通貨ペアのスワップがゼロになるステータス制度を紹介しました。

Exnessは通貨ペア以外の金融商品でも、スワップがゼロのものがあります。

  • 金(GOLD)
  • すべての仮想通貨
  • すべての個別株
  • すべての株式指数

上記の金融商品は、売り・買いともにスワップゼロ。

長期保有でもコストがかからないため、多くのトレーダーから注目されています。

スタンダード口座なら$1から入金できる

Exnessには4つの口座タイプがあります。

  • スタンダード口座
  • ロースプレッド口座
  • ゼロ口座
  • プロ口座

このうち、スタンダード口座は最低入金額が1ドルです。

最低入金額が低いため、少しずつ入金できます。

一度にたくさんの資金を預けずに済むため、リスクを低減できるでしょう。

Exnessのレバレッジ無制限を利用すれば、少ない自己資金でも充分な取引量を確保できます。

取引量が増えれば、利益も比例して増え、効率よく稼げるでしょう。

Exnessの悪評判と口コミ

ここまではExnessの信頼性や高評価な口コミを紹介しました。

念のため、悪い評判も確認しておきましょう。

経済指標の発表前のレバレッジ制限

Exnessでは、経済指標が公開される15分前から5分後までの合計20分間に、新規で発注されるポジションに最大レバレッジ200倍が適用されます。

これはトレーダーの資金を守るためのルールです。

経済指標の発表前後は相場が急激に変動する可能性があります。

変動幅の大きい市場でハイレバレッジをかければ、一気に証拠金維持率が下がります。

ロスカットのリスクも高まり、大きな損失を受け入れなくてはいけないおそれもあるでしょう。

レバレッジ制限はデメリットでもありますが、リスク低減を目的とした措置です。

そのほか、週末や祝日にも最大レバレッジは200倍に制限されます。

口座開設や入金ボーナスがない

多くの海外FXでは、口座開設や入金でボーナスがもらえます。

豪華なボーナスが目的で、海外FXを利用する人も多いでしょう。

しかしExnessではボーナスキャンペーンがほとんど開催されていません。

口座開設ボーナスを活用してコツコツと利益を出す、ローリスクな手法も利用不可。

Exnessでは、自己資金のみでトレードに参加しなくてはいけません。

手出しゼロで海外FXを始めたい人には、Exnessはおすすめできません。

クレジットカード入金が拒否される

ネット上には「Exnessはクレジットカード入金が拒否されてうまくいかない」と悩む口コミが多く見られます。

Exnessの入金ページには、VISA・JCB・Mastercardのクレジットカードが利用できると記載がありますが、日本で利用できるのはJCBのみです。

VISAやMastercardからの入金はできません。

クレジットカード入金が拒否される際は、カードブランドを確認しましょう。

またクレジットカード入金を利用するには、Exness口座の完全認証を終わらせなくてはいけません。

完全認証には、本人確認書類と住所確認書類の提出が必要です。

口座開設から30日以内に完全認証が完了しないと、入金や資金移動、トレーディングの機能も利用できなくなります。

早めに必要書類を用意し、Exnessに提出しましょう。

中級者向け口座以外は最低入金額$1,000

スタンダード口座以外の3つの口座タイプは、最低入金額が1,000ドルです。

  • ロースプレッド口座
  • ゼロ口座
  • プロ口座

FX初心者にとっては、一度に1,000ドルを入金するのはハードルが高いといえます。

1,000ドルの入金に抵抗のない人は、Exnessでも気軽に入金できるでしょう。

Exnessが向いているトレーダー

ここまでのポイントをまとめると、Exnessが向いているトレーダーは以下の通りです。

  • ボーナスは必要ない中級者以上のトレーダー
  • 「爆益」を狙いたいハイレバトレーダー
  • スプレッドの狭い口座を探しているスキャルピングトレーダー

海外FXは豪華なボーナスが魅力で、ボーナス目当てで口座開設するトレーダーもいます。

しかしExnessはボーナスが一切ありません。

その分スプレッドや取引手数料を下げて、トレーダーに還元しています。

Exnessは、ボーナスよりもスプレッドや手数料などのコストを削減したい、FX中級者以上のトレーダーにおすすめです。

また一気に高額の利益を出したいトレーダーにも適しています。

Exnessのレバレッジ無制限を活用すれば、一攫千金も狙えるでしょう。

逆にExnessに向いていないトレーダーは、以下の通り。

  • FXを始めたばかりの初心者トレーダー
  • 自己資金を1円も使いたくないトレーダー

先述したように、Exnessにはボーナスがないため初期費用が必要です。

口座開設ボーナスがもらえる海外FXでは、手出しゼロでもFXが始められます。

自己資金を一切使わず、少しずつ利益を積み重ねて、大きな資金を作ることもできるでしょう。

しかしボーナスのないExnessでは、自己資金を使ってトレードするしか方法がありません。

1円たりとも自己資金を無駄にしたくないトレードには、Exnessは向いていないでしょう。

しかしExnessにはハイレバレッジがあります。

少額の資金でも、ハイレバレッジをかければ大口の取引が可能です。

ワンコインでもトレードを始められますので、ぜひ検討してみましょう。

【5分で完了】Exnessの口座開設から取引までの手順

ここまでの解説を読み、Exnessを使ってみようと思った人に向け、Exnessでの口座開設方法を紹介します。

Exnessでの口座開設手続きは約30分です。

新規会員登録をおこなう

まずはExnessの公式サイトをひらき「今すぐ開始」をクリックしましょう。

STEP.1
Exnessの公式サイトへアクセス

新規会員登録ページが表示されたら、居住国/地域を選択し、メールアドレスを入力。

STEP.2
パスワード設定

次に、任意のパスワードを設定しましょう。

パスワードは、数字と大文字・小文字を含むアルファベットの両方を組み合わせ、8〜15文字で作成しましょう。

STEP.3
各種入力

米国市民、米国居住者でないかを問われますので、チェックボックスにチェックを入れましょう。

取引口座の選択画面では「本取引口座」をクリックします。

STEP.4
個人情報の入力

メールアドレス認証と電話番号認証をおこない、個人情報を入力します。

STEP.5
完了
名・姓、生年月日、住所を入力のうえ「続行」をクリックすれば口座開設は完了

口座開設しただけでは出金や入金額に制限があります。

面倒ですが、職業や年収、取引経験の有無ばどのプロフィールも入力しておきましょう。

本人確認書類を提出する

プロフィールの入力が終わったら、本人確認書類の提出にうつります。

本人確認には、身分証明書と現住所確認書類、2種類の書類を提出する必要があります。

身分証明書と現住所確認書類に利用できる書類以下の通り。

身分証明書
  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 永住許可証
現住所確認書類
  • 電気ガス水道などの公共料金の領収書
  • クレジットカードの利用明細書
  • 納税通知書
  • 住民票など

これらを手元に用意した状態で本人確認書類の提出手続きを開始しましょう。

STEP.1
本人確認書類の提出

本人確認書類の認証ページで、身分証明書の発行国を「日本」に選択しましょう。

STEP.2
書類のアップロード

身分証明書の種類も選択すると、アップロード画面が表示されます。

撮影しておいた画像データをアップロードします。

画像データを選択し「書類を送信」をクリックしましょう。

STEP.3
書類の撮影

続いて現住所確認書類も提出します。

書類の隅々まで写るように撮影し、画像データを保存しておきましょう。

STEP.4
書類の提出

身分証明書と同様、画像データを選択し「書類を送信」をクリックするとデータが検証されます。

データの検証は、通常3〜7分です。 

STEP.5
提出完了
検証が完了すると、メールで通知がきます。

口座に入金する

Exnessは入金方法も豊富です。そして、すべての入金方法で手数料無料。

  • 国内銀行送金
  • クレジットカード(JCBのみ)
  • bitwallet
  • STICPAY
  • Perfect Money(USDのみ)
  • WebMoney(USD/EURのみ)
  • 仮想通貨(bitcoin/Tether)

国内銀行送金は20分〜24時間、仮想通貨は最大72時間、そのほかの入金方法は即時反映されます。

入金の手順は、入金方法によって異なりますが、どれも簡単に手続きできます。

以下、入金方法で一番利用されているクレジットカード入金のやり方について解説していきますよ!

STEP.1
ログイン

まずはExnessのパーソナルエリアにログインし、ページ左側にあるメニューより「入金」をクリック。

希望の入金方法を選択します。

STEP.2
決済内容の確認

必要事項をすべて入力後、決済内容の確認ページが表示されますので、確認して「確定」をクリックしましょう。

STEP.3
入金手続き完了

「OK」をクリックすると入金手続き完了です。

国内銀行送金では、送金先の口座情報が表示された後に、指定の銀行口座に、入金したい額を振り込みましょう。

振込の際には、振込人名義欄に「表示の振込IDと氏名(カタカナ)」を記載します。

記載を忘れたり、IDを間違って記載したりすると、入金反映が送れる可能性があるため、忘れないように、正しく記載しましょう。

 

bitwalletやSTICPAYは入金リクエストページで「確定」をクリックすると、自動的に各オンラインウォレットのサイトへジャンプします。

アカウント情報を入力し、ログインします。

決済情報を確認し「決済する」もしくは「今すぐ支払う」をクリックしましょう。

入金できたかどうかは、メニュー内の「取引履歴」から確認できます。

MT4/MT5にログインして取引開始

Exnessの取引プラットフォームはメタトレーダーでMT4とMT5の両方が利用可能。

インストール不要のウェブターミナルも利用可能なため、パソコンの容量に悩んでいる方は試してみましょう。

ウェブターミナルの利用方法は以下の通り。

STEP.1
ウェブターミナルにサインイン

ウェブターミナルの利用方法は、Exnessのトップページにある「ツール&サービス」をクリックし「ウェブターミナル」を選択。

「ウェブターミナルにサインイン」をクリックしましょう。

STEP.2
初期設定①

「ログインを入力」の欄には、MT4とMT5の口座IDを入力します。

「パスワード」の欄には、口座開設時に設定したパスワードを入力します。

STEP.3
初期設定②

「サーバー」の欄から取引サーバーを選択。

「プラットフォーム」はMT4かMT5から選択しましょう。

「YES」をクリックすると、ログインできます。

STEP.4
確認方法

取引サーバーはExnessのパーソナルエリア内、マイアカウントに並んでいる口座情報から

から確認できます。

Exness(エクスネス)に関するよくある質問

最後に、Exnessに関する疑問や質問を紹介します。

Exnessは稼ぎすぎると出金拒否するのか

これまでに「Exnessで出金拒否された」との情報はありません。

Twitterや2チャンネルでも検索してみましたが、該当する口コミは見つかりませんでした。

ただし、利用規約に違反したり悪質な取引をおこなったりすると、出金拒否やアカウント凍結される可能性があります。

利用規約は必ず確認し、ルールに従ってトレードしましょう。

Exnessの取引時間・営業時間は?

Exnessの取引可能時間は、夏時間と冬時間で異なります。

  • 夏時間:月曜AM6:05~土曜AM5:59
  • 冬時間:月曜AM7:05~土曜AM6:59

Exnessの口座タイプは何種類ありますか?

Exnessには4種類の口座タイプがあります。

  • スタンダード口座
  • ロースプレッド口座
  • ゼロ口座
  • プロ口座

それぞれMT4とMT5、どちらか好きな方を選択できます。

MT5は最大レバレッジが2,000倍ですが、MT4はレバレッジ無制限。

より高いレバレッジを希望するなら、MT4を選択しましょう。

Exnessの入金方法を教えてください

Exnessで日本円の入金ができるのは、以下の4つです。

  • 国内銀行送金
  • クレジットカード(JCBのみ)
  • bitwallet
  • STICPAY

そのほかにも、オンライン決済方法のPerfect MoneyやWebMoneyが利用できますが、日本円には対応していません。
仮想通貨での入金も可能です。

サポートは日本語で対応してくれますか

Exnessは日本語での問い合わせが可能です。

サポートは日本人スタッフが対応しているため、自然な日本語での返信があります。

メールやライブチャット、LINEから選択して、問い合わせてみましょう。

まとめ:Exnessは信頼してトレードできる業者

 

Exnessはセーシェル金融庁のライセンスを保有し、規約に則って運営している海外FX業者です。

最大レバレッジは驚異の無制限。

レバレッジ無制限は数ある海外FX業者でも、Exnessのほかにありません。

Exnessは出金や資金移動に関する制限もゆるいため、こまめに出金して自己資金を手元で管理するのも容易です。

しかしボーナスがなくレバレッジ制限もあるため、初心者トレーダーにはおすすめできません。

すでに他社でFX経験があり、それなりの資金を用意できる中級者トレーダーなら、Exnessの魅力を存分に感じられるでしょう。