GEMFOREX(ゲムフォレックス)はスワップポイントだけで稼げる?儲かるコツ&スワップの注意点を解説

海外FX

GEMFOREX(ゲムフォレックス)はスワップポイントだけで稼げる?儲かるコツ&スワップの注意点を解説

意外と見落としがちな、GEMFOREXでの安定した稼ぎ方をご存じでしょうか?それは、スワップポイントです。両建てを利用すれば為替差損もないため、リスクを限りなく小さくすることが可能です。わずかなリスクと引き換えに、金利の良い預金ができると言ってもよいでしょう。そのため、スワップポイントを利用した両建ては、初心者の方にとてもおすすめできる手法です。

この記事では、スワップポイントを利用した安定した稼ぎ方とその注意点、禁止事項について詳しく解説していきます。

そもそもスワップポイントとは?

スワップポイントとは、2つの通貨間の金利差のことです。例えば、米ドル/円を取引する場合、金利は米ドルが2.50%、日本円が0.1%となります。この金利差2.4%がスワップポイントです。

円を売ってドルを買った場合は、ポジションを持ち越すことでこのスワップポイントを受け取ることができ、ドルを売って円を買った場合はこのスワップポイントを支払うことになります。

スワップポイントは、通貨間の金利差によって増えた分が付与されるというシステムですが、スワップポイントを支払う必要がある場合もあります。必然的に利益があがるサービスではなく、マイナスになるポジションを持ち続けると損失になってしまう可能性があるということをおさえておきましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)でスワップポイント狙いのポジション保有は要注意!

スワップポイントは、プラスになれば常に利益を得ることができるシステムです。しかし、スワップポイントだけを目当てにしてポジションを持つと痛い目にあうかもしれません。なぜなら、FXの利益はスワップポイントよりもだんぜん為替差益の方が大部分を占めているからです

たとえスワップポイントで1万円近くの利益が出ても、何十万円もの損失になってしまうケースはざらにあります。

ただし、スワップポイントを利用して安定的に利益を上げている人は存在します。ここからは、その手法を詳しく見ていきましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスワップポイントで稼げる?

スワップポイントで稼ぐ手法、それは「両建て」です。「え?GEMFOREXでは両建てが禁止されているはず!」と思った方、あなたの考えている「両建て」は複数口座間での両建てでしょう。

確かにGEMFOREXでは複数口座間での両建てが禁止されていますし、最悪は口座の凍結にもなりえます。ここでの「両建て」は、同一口座間での両建てのことです。決して禁止事項ではないので安心して実践してください。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスワップポイント&両建てで稼ぐ【儲かるコツ】

両建てを利用して稼ぐには、売りと買いの合計スワップポイントがプラスになる通貨ペアで両建てをする必要があります。GEMFOREXでのスワップポイントがプラスになる通貨ペアは、USD/JPYとEUR/USDの2つのみです。つまり、この2つの通貨ペアでなら両建てによる利益が見込めるということです

スワップポイントは、通貨量(lot) × 金利率 × 換算レートで求めることができます。ここでは、USD/JPYを売りと買いで1lotずつ両建てするケースを考えます。※換算レートは105円です。

その場合、買いスワップは0.21300、売りスワップは0.28700となります。すると、スワップポイントはロングポジションが22.365、ショートポジションが30.135となるため、一日当たり52.5円、月間1575円を受け取ることができるのです。

1つ注意点としておさえておきたいのは、GEMFOREXが変動制スプレッドであるという点です。スプレッドが広がっているタイミングでポジションを持つと、損してしまうので注意しましょう。

ロールオーバーにおいても知っておこう

スワップポイントは、ポジションをロールオーバーするときに反映されます。夏時間はAM6:00、冬時間はAM7:00、金曜日は土曜日サーバー時間0:00に3倍付与となっているので、覚えておきましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスワップポイントにおける注意点

スワップポイントで利益を得る際に、遵守する必要がある3つの禁止事項を解説します。

複数口座間の両建て

14.当社複数口座で両建て取引する行為(同通貨ペア、相関性の高い通貨ペアも含みます)

GEMFOREXの公式サイト「禁止行為」より引用

GEMFOREXでは、複数口座間での両建てが禁止されています。今回は、規約に引っかからないように同一口座間での両建てを説明しましたが、複数口座間で両立てを行なえばもっと大きく利益をあげることが可能です。

ただし、最近では複数口座間での両建てはすぐにバレるなり、最悪の場合は口座を凍結されてしまいます。両建ては同一口座間のみで行ないましょう。

事前連絡なしの大ロット取引

18.事前連絡なしで大きなロット数での取引

GEMFOREXの公式サイト「禁止行為」より引用

「大きなロット」と少し曖昧な表現なので分かりずらいですが、ここでは10lot以上の取引がそれに該当するようです。事前にサポートへの連絡を行なえば禁止行為としてペナルティを受けることはまずないので、10lot以上の両建てを行なう際は事前に連絡するようにしましょう

スワップポイントのみの出金

スワップポイントは、毎日付与されていきますが、途中でスワップポイントを単体で出金することはできません。ポジションを決済したタイミングでのみ受け取りが可能なので、注意しましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスワップポイント×両建てにおける注意事項

スワップポイントで両建てする際の、注意事項を解説します。

ロスカットのリスクあり

両建てをする際は、ロスカットだけは防ぐようにしましょう。GEMFOREXのロスカット水準は証拠金維持率20%未満です。

両建てでロスカットされては元も子もないので注意しましょう。

急に変わる可能性あり

スワップポイントは、急に変更される可能性があります。「実際に変更されることはあるの?」と思うかもしれませんが、あります。

実際に2020年の5月、USD/HKDの買いスワップがプラスからマイナスに変更されています。USD/HKDも両建てで利益を上げることができる通貨ペアでしたが、変更により使えなくなってしまいました。

スワップポイントの変更に気づかずにポジションを放置すると、損失がどんどん貯まっていきます。定期的に長期保有中のスワップポイントを確認するようにしましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスワップポイントまとめ

いかがでしたでしょうか?GEMFOREXでは、米ドル円、ユーロドルのスワップポイントがロングショート共にプラスになっています。さらに、両建ても同一口座間では禁止されていないため、安定して稼ぐことが可能です。

ただし、スワップポイントはいつの間にか変わってしまう可能性があります。過去にも変更された例があるため、油断は禁物です。毎日、保有しているポジションのスワップポイントを確認するようにしましょう。

スプレッドを回収することさえできてしまえば、後はただの高金利預金です。少しでも興味を持った方は、今すぐにでもGEMFOREXの口座開設をして、この手法を利用してみてください。