XMの入金方法・反映時間・手数料を解説!おすすめの銀行・クレジットカードは?

海外FX

XMの入金方法・反映時間・手数料を解説!おすすめの銀行・クレジットカードは?

XMの入金方法

XMの入金方法

XMtradingの入金方法は、国内銀行送金、クレジットカード/デビットカード(VISA・JCB)、bitwallet、STICPAY、BXONEの5種類です。

海外FX初心者の方は、どの方法を利用すればいいのか迷ってしまいますよね。

またいざ入金しようとしても、入金手順がわからなかったり、入金できなくて困ることもあるでしょう。

そんな不安や疑問を解消する為に、海外FX歴10年の私”ゴリラ保住”がXMtradingの入金方法について丁寧に解説していきます。

最大45万円の入金ボーナスあり!最新情報はこちら

#joli-toc-wrapper.joli-folded nav#joli-toc #joli-toc-header{padding:0 5px}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc{border-radius:4px}#joli-toc-wrapper.joli-folded nav#joli-toc.joli-expanded,#joli-toc-wrapper.joli-unfolded nav#joli-toc,#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-expanded{border-radius:4px;padding:10px}#joli-toc-wrapper.joli-folded nav#joli-toc.joli-expanded .title,#joli-toc-wrapper.joli-unfolded nav#joli-toc .title,#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-expanded .title{width:100%}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc,#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed{border-radius:4px;background:#f9f9f9;box-shadow:none;font-size:1em;border:1px solid #aaa}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc #joli-toc-toggle-box,#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed #joli-toc-toggle-box{display:flex;align-items:center}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc #joli-toc-toggle,#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed #joli-toc-toggle{font-weight:700;min-width:30px;align-items:center;justify-content:center;border-radius:0 0 0 0}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed .title,#joli-toc-wrapper nav#joli-toc .title{font-size:1em;font-weight:700;width:100%;display:none;color:#7c7c7c}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed li a,#joli-toc-wrapper nav#joli-toc li a{border-radius:4px;padding:0;color:#555}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed li a:before,#joli-toc-wrapper nav#joli-toc li a:before{color:#bbb}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed li a:hover,#joli-toc-wrapper nav#joli-toc li a:hover{color:#000;background:none;text-decoration:underline}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed li a.active,#joli-toc-wrapper nav#joli-toc li a.active{color:#000;background:rgba(0,0,0,.04);padding:0 10px} #joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-expanded, #joli-toc-wrapper.joli-folded nav#joli-toc.joli-expanded, #joli-toc-wrapper.joli-unfolded nav#joli-toc{padding: 55px !important;}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc li a{line-height: 30px !important;}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed ul.joli-nav, #joli-toc-wrapper nav#joli-toc ul.joli-nav{font-size: 0.95em !important;}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-expanded li a, #joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed li a,#joli-toc-wrapper.joli-folded nav#joli-toc.joli-expanded li a, #joli-toc-wrapper.joli-unfolded nav#joli-toc li a{text-overflow: unset !important;overflow: hidden !important;white-space: normal !important;}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc{width: 100% !important;}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed{width: initial !important;}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc .title #title-label{text-align: center !important;}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed .title, #joli-toc-wrapper nav#joli-toc .title{color: #1f264b !important;font-size: 1.65em !important;font-weight: 900 !important;}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed, #joli-toc-wrapper nav#joli-toc {background-color: #ffffff !important;}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed li a, #joli-toc-wrapper nav#joli-toc li a{color: #1f264b !important;}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed li a:hover,#joli-toc-wrapper nav#joli-toc li a:hover {color: #ffffff !important;background-color: #1f264b !important;;}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed li a.active, #joli-toc-wrapper nav#joli-toc li a.active {color: #1f264b !important;background-color: #ffffff !important;} #joli-toc-wrapper #joli-toc ul {counter-reset: jolicpt !important;} #joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed li a:before, #joli-toc-wrapper nav#joli-toc li a:before {counter-increment: jolicpt !important;content: counters(jolicpt,”.”) “. ” !important;color: #1f264b !important;}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed li a.active:before, #joli-toc-wrapper nav#joli-toc li a.active:before {color: #1f264b !important;}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed li a:hover:before, #joli-toc-wrapper nav#joli-toc li a:hover:before {color: #ffffff !important;}#joli-toc-wrapper.joli-unfolded-ufloating nav#joli-toc ul.joli-nav ul,#joli-toc-wrapper.joli-incontent nav#joli-toc ul.joli-nav ul,#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-expanded ul.joli-nav ul {margin: 0 0 0 30px !important;}#joli-toc-wrapper {top: initial !important;bottom: initial !important;margin-left: initial !important;}body.admin-bar #joli-toc-wrapper {top: initial !important;bottom: initial !important;}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed #joli-toc-header, #joli-toc-wrapper nav#joli-toc #joli-toc-header {flex-direction: row-reverse !important;}#joli-toc-wrapper.joli-incontent #joli-toc-wrapper nav#joli-toc .item {margin:20px 0 0;}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed li a:before, #joli-toc-wrapper nav#joli-toc li a:before{font-weight:bold;}#joli-toc-wrapper.joli-folded nav#joli-toc.joli-expanded .title, #joli-toc-wrapper.joli-unfolded nav#joli-toc .title, #joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-expanded .title{margin-bottom:30px;}#joli-toc-wrapper.joli-unfolded-ufloating nav#joli-toc ul.joli-nav ul, #joli-toc-wrapper.joli-incontent nav#joli-toc ul.joli-nav ul, #joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-expanded ul.joli-nav ul{margin:0 0 30px 20px !important;}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc, #joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed{border:5px solid #1f264b24;}#joli-toc-wrapper.joli-folded-floating.joli-unfolded nav#joli-toc #joli-toc-collapse, #joli-toc-wrapper.joli-folded-incontent.joli-unfolded nav#joli-toc #joli-toc-collapse {width:50px;}#joli-toc-wrapper.joli-folded nav#joli-toc .title {padding:10px 0;}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc #joli-toc-toggle-box, #joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed #joli-toc-toggle-box ::before {border-radius:25px;background-color:#ddd;width:50px;height:50px;margin-bottom:30px;}.joli-h2 {font-weight:bold;}@media (max-width: 767px) {#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-expanded, #joli-toc-wrapper.joli-folded nav#joli-toc.joli-expanded, #joli-toc-wrapper.joli-unfolded nav#joli-toc {padding:30px 15px !important;}}.subitem:before{display:none!important;}#joli-toc-wrapper nav#joli-toc.joli-collapsed li a:before, #joli-toc-wrapper nav#joli-toc li a:before{font-size:1.1em;content:counters(jolicpt,”-“) “”!important;margin-right:5px;padding-right:6px;}.joli-h3::before{content:”-“!important;}.subitem{font-size:0.9em;}.joli-h2:before{background:#1f264b26;border-radius:50%;padding-left:6px;}

XMTradingの入金方法・手数料・反映時間一覧

XMtradingでは、入金方法により入金手数料、反映時間、最低入金額が異なります。

XMの入金手数料

XMtradingの入金手数料は、次のとおりです。

入金方法 XMの手数料 金融機関の手数料
銀行送金 無料 銀行振込手数料
クレジットカード 無料 無料
bitwallet 無料 824円
STICPAY 無料 入金額の2.5%+$0.3
BXONE 無料 入金額の0.5%

XMtradingでは、いずれの入金方法でも手数料は無料です。

ただし、XMへの入金額が1万円以下の場合、980円(決済代行会社によっては1,500円)の入金手数料がかかります。

関連:XMtradingの手数料は高い?入金・出金・取引コストや計算方法

XMの入金反映時間

入金方法 入金反映時間
銀行送金 1時間以内※
VISAカード 即時
JCBカード 即時
bitwallet 即時
BXONE 即時
STICPAY 即時

※銀行の営業時間外の入金は翌日の反映となる場合あり

いずれの入金方法でも当日中にXMの口座に入金額が反映されますが、銀行送金では営業時間外の入金が翌日の反映となることがあります。

XMの最低入金額・入金上限額

入金方法 最低入金額 入金上限額
銀行送金 1万円 上限なし
VISAカード 500円 1回あたり
300万円
JCBカード 1万円 1ヶ月あたり
100万円
bitwallet 500円 上限なし
BXONE 500円 上限なし
STICPAY 500円 上限なし

XMでは、銀行送金とJCBカードの入金上限額が1万円となっています。それ以外の入金方法では、500円の少額から取引を開始できます。

また、XMではクレジットカード入金の場合、カード会社ごとに入金上限額が設定されています。

VISAカードの場合は、入金1回あたりの上限額は300万円です。JCBカードは1回の入金に上限額はなく、1ヶ月の入金上限額が100万円です。

XMの条件別おすすめ入金方法

XMtradingにおける、条件別のおすすめ入金方法は以下のとおりです。

条件 おすすめの入金方法
少額資金からトレードを始めたい Visaカード
STICPAY
BXONE
入金手数料を抑えたい クレジットカード/デビットカード
反映時間重視 銀行送金以外
外貨建て口座を利用している VISAカード

青字をタップすると、該当の入金方法にジャンプできます。

XMtradingでは以下の出金ルールがあるため、出金を見越して入金方法を選ぶ必要があります。

XMの出金ルール
  • 入金額までは入金方法と同じ方法で出金する
  • 利益の出金ができるのは銀行送金のみ

入出金の手間を抑えたい方は、入出金を一括化できる銀行送金がおすすめです。

入金時の手数料の面では、VISAカードが最も安くおすすめです。
 

続いては、XMtradingの各入金方法と手順を解説していきます。

まだ口座をお持ちでない方は、「XMtradingの口座開設方法と口座有効化(本人確認)の手順」を参考に口座開設してみてください。

XMの入金方法①国内銀行送金(おすすめ)

XMtradingでは出金方法が銀行送金に限定されています。入出金方法を一括化するには、国内銀行送金による入金がおすすめです。

XMtradingの国内銀行送金の特徴は、次のとおりです。

手数料 反映
時間
最低
入金額
入金
限度額
各銀行規定の
振込手数料
30分~
1時間以内
※1
2,000円
※2
300万円

※1:銀行が営業時間外の場合は翌日反映
※2:1万円の入金には別途手数料980円

国内銀行送金は、XMtradingでは入金限度額が最も高い入金方法です。そのため、一度に大きな金額を入金したいときに適しています。

なお、銀行振込時の手数料を抑えたい方には、振込み手数料が77円と格安の住信SBI銀行がおすすめです。

国内銀行送金の注意点

XMtradingでは、銀行送金で少額(2,000円~1万円)を入金する場合、980円(決済代行会社によっては1,500円)の手数料がかかるため、XMtradingの銀行送金は1万円以下の少額入金には向いていません。

また、銀行の営業時間外に入金した場合、着金に時間がかかることがあります。

銀行送金の反映時間
  • 銀行営業日15時までの入金:当日中
  • 銀行営業日15時以降の入金:翌日
  • 金曜日の15時以降の入金:翌週の月曜日

XMtradingで入金をお急ぎの方は、銀行送金以外の入金方法をご利用ください。

国内銀行送金の入金方法

XMtrading入金方法(銀行送金)
  1. XMtradingの入金ページを開く
  2. 入金方法・入金額を入力する
  3. 銀行振込先情報に従ってXMtradingに入金する

①XMtradingの入金ページを開く

まずは、XMtradingの会員ページにログインしてください。

XMのログイン画面XMのログイン画面
XMのログイン画面XMのログイン画面

 

マイページ上部の「入金」をクリックします。

入金画面への遷移入金画面への遷移

緑色の「資金を入金する」というボタンをタップします。

入金画面への遷移入金画面への遷移

 

②入金方法・入金額を入力する

「Local bank Transfer」をクリックします。

銀行送金入金1銀行送金入金1

 
入金額を入力し、「入金」を押しましょう。

銀行送金で入金2銀行送金で入金2

 
次の画面では入金額の確認ができます。希望した入金額か確認できたら、「確定」を押します。

銀行送金で入金3銀行送金で入金3

 
「確定」ボタンをクリックします。

送金先がXMtradingになっているか確認し、「Continue」をクリックしましょう。

③銀行振込先情報に従ってXMtradingに入金する

銀行送金で入金4銀行送金で入金4

 
振込先の銀行情報が記載されています。

 
銀行への振込時には、上記の銀行情報をもとに入金を行いましょう。

銀行振込名義は、「MT4/MT5口座番号+お名前(ローマ字)」を入力しましょう。
例)12345678 Hozumi Gorilla

XMのMT4/MT5口座番号の記載がないと、入金反映までに時間がかかってしまうことがあります。

海外銀行送金ではなく国内銀行送金なので、国内の銀行であればXMに入金可能です。

XMで入金可能な銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 住信sbiネット銀行
  • 楽天銀行
  • セブンネット銀行

入金が反映されると、XMtradingから入金処理が完了した旨を知らせるメールが届きます。XMtradingマイページでも、着金の進捗を確認できます。

銀行送金での入金は、XMの口座へ着金するまでに30分~1時間程度かかります。

XMの入金方法②クレジット/デビットカード

XMtradingへのクレジットカード入金には、VISAカードとJCBカードが利用できます。

手数料 反映
時間
最低
入金額
入金
限度額
無料 即時 VISA:500円
JCB:1万円
VISA:80万円
JCB:30万円

クレジットカード/デビットカード入金は、XMtradingの中で唯一手数料が一切かからない入金方法です。XMtradingからもとクレジットカード会社からも手数料を請求されることはありません。

VISA/JCBともに、入金は即時反映されます。

基本的には、入金限度額の多いVISAカードがおすすめです。

クレジット/デビットカード決済の注意点

XMtradingの入金に使えるクレジットカード、デビットカードは、VISAカード、JCBカードのみです。Masterカード、AmericanExpress(アメックス)、DinersClubなどは入金に利用することができません。

また、VISAカードやJCBカードでもXMに入金できない場合、カード会社が海外FXの口座への送金を禁止していることがあります。VISA/JCBカードで入金できないときは、まずはカード会社へ連絡してみましょう。

クレジットカード/デビットカードが利用限度額に達していると入金はできないので、カードの利用枠を確認してから、XMに入金を行いましょう。

クレジット/デビットカード入金方法

クレジットカード/デビットカードで入金する手順を解説します。

まずは、XMtradingマイページでMT4/MT5にログインします。

XMのログイン画面XMのログイン画面
XMのログイン画面XMのログイン画面

 

マイページ上部の「入金」をクリックします。

入金画面への遷移入金画面への遷移

「資金を入金する」をタップします。

入金画面への遷移入金画面への遷移

 
遷移先の入金方法選択ページで、VISA、またはJCBを選択しましょう。

カード入金1カード入金1

 
入金額の入力画面に遷移します。希望する入金額を入力してください。

VISAカードは500円~、JCBカードは1万円~入金可能です。

カード入金2カード入金2

 
入金額が確認出来たら、「確定」を押します。

カード入金3カード入金3

 
カード情報の入力ページに遷移します。

カード入金4カード入金4

 
利用するカードの「カード名義」「カード番号」「有効期限」「CVV」を入力して、「Deposit」をクリックすれば入金は完了です。

CVVとは?
クレジットカードの裏面に記載されている、3~4桁のセキュリティコードのこと

XMの入金方法③bitwallet

bitwalletは、オンライン上で決済が完了するオンラインウォレットと呼ばれるサービスのひとつです。

以前はXMtradingにおけるおすすめの入金方法でしたが、2019年から出金にbitwalletが利用不可となったことから、そこまで便利ではなくなってしまいました。

ただ海外FXではbitwalletを入出金方法としているブローカーが多いので、bitwalletのアカウントをすでにお持ちの方は、利用してみてもよいでしょう。

手数料と反映時間:高額入金におすすめ

手数料 反映時間 最低入金額 入金限度額
824円 即時 500円 80万円

bitwallehtへの入金手数料は、入金額に関わらず一律824円のため、入金額によって手数料が増えるSTICPAYやBXONEよりは高額入金に向いています。

一方でXMへの入金額が少額の場合は、STICPAYやBXONEより手数料が割高です。

またXMtradingでは、bitwalletはJPY口座にしか入金できません。XMのEUR口座やUSD口座など外貨建ての口座には、bitwalletで入金できないのでご注意ください。

bitwalletの入金方法

XMtradingの入金ページで、bitwalletを選択しましょう。

bitwallet入金1bitwallet入金1

 
遷移した先のページで、「bitwallet口座のメールアドレス」と「入金額」を入力します。

入力が完了したら、緑色の「入金」をクリックしてください。

bitwallet入金2bitwallet入金2

 
入金内容の確認画面が出てきます。

「確定」を押すとbitwalletのページに遷移します。必要な情報を入力し、入金を完了させましょう。

XMの入金方法④STICPAY

STICPAYは、bitwalletやBXONEと同じ「オンラインウォレット」のひとつです。

STICPAYを利用すれば、銀行口座にある資金や保有している仮想通貨などを一括管理することができます。

手数料と反映時間:少額入金におすすめ

手数料 反映時間 最低入金額 入金限度額
入金額の2.5%+$0.3 即時 500円 80万円

STICPAYからXMへの入金は手数料計算が複雑であるものの、入金条件は悪くないので利用候補のひとつと考えて良いでしょう。

STICPAYの入金手数料は、「0.3ドルに入金額の2.5%を加えた金額」です。

STICPAY経由でXMtradingに1万円入金したケースを見てみましょう。

1万円をSTICPAYで入金した場合の手数料は?
入金額:1万円
相場:1ドル=100円
手数料:$0.3+入金額の2.5%

手数料=30円(o.3$)+10,000円×0.025(2.5%)=30円+250円
   =約280円

上記の例では1万円を入金しましたが、1万円より低い金額を入金すると当然その分手数料も下がります。

手数料が変動するSTICPAYでは、少額入金がおすすめです。高額入金ほど手数料もかさむので、その場合は銀行送金などXMの別の入金方法を利用しましょう。

またSTICPAYはUSD口座やEUR口座にも対応しており、XMで外貨建て口座を利用している方にもおすすめできます。

STICPAYの入金方法

XMtradingの入金ページで、STICPAYを選択します。

STICPAY入金1STICPAY入金1

 
入金額を入力する画面に遷移するので、希望する金額を入力しましょう。

入力できたら、「入金」を押します。

STICPAY入金2STICPAY入金2

 
遷移先のページで、もう一度入金内容を確認できます。

「確定」を押しましょう。

STICPAY入金3STICPAY入金3

 
STICPAYのページへ遷移します。

STICPAY入金4STICPAY入金4

 
STICPAYアカウントのメールアドレスとパスワードを入力しましょう。

ログイン後にSTICPAYのページ内での作業が終われば、STICPAY入金は完了です。

XMの入金方法⑤BXONE

BXONEはbitwalletやSTICPAYと同じオンラインウォレットのひとつです。

知名度こそに劣るものの、利用条件に大きな差はありません。

手数料と反映時間:JPY口座のみ利用可能、少額入金におすすめ

手数料 反映時間 最低入金額 入金限度額
入金額の0.5% 即時 500円 80万円

XMtradingでは、BXONE入金は即時反映されます。

ほかの入金方法と大きく違うのは手数料です。BXONEでの入金では入金額の0.5%分の手数料がかかるため、高額入金では手数料がかさむ恐れがあります。

また、BXONEは円建て口座(JPY口座)でのみご利用いただけます。USD口座やEUR口座には入金できないので注意してください。

また、BXONEは日本語非対応なので、英語が分からない方はXMのその他の入金方法を利用した方が良いかもしれません。

BXONEの入金方法

XMtradingの入金ページで、BXONEを選択しましょう。

BXONE入金BXONE入金

 
遷移先のページで、BXONE口座のIDと入金額を入力します。

続いて、「入金」を押しましょう。

入金入金

 
入金内容の確認ページが表示されます。

入金内容の確認が終わったら、そのページ内の「確定」ボタンをクリックすればBXONEのサイトに遷移します。

あとはBXONEのサイト内で入金作業を完了させれば、BXONE入金は完了です。

XMtradingの入金方法に関するルール

ここでは、XMtradingの入金ルールを解説します。

上記のルールに気を付けていないと、入金できない、反映に時間がかかるといったトラブルにつながることもあるので、ポイントをおさえて、正しい方法で入金を行いましょう。

XMtradingの入金ルール
  • 口座通貨によって利用できない入金方法がある
  • XMtradingの口座と同名義で入金する
  • 入金額までは入金時と同じ方法で出金する
  • 利益の出金ができるのは、国内銀行送金のみ

XMの口座通貨によって利用できない入金方法がある

XMtradingUSD口座やEUR口座では、一部の入金方法が利用できません。

口座の基本通貨ごとに、各入金方法の利用可否をまとめた以下の表をご覧ください。

        

入金方法 JPY口座 USD口座 EUR口座
国内銀行送金
VISA
JCB
bitwallet × ×
STICPAY
BXONE × ×

このようにXMtradingでは、「JCBカードからEUR口座への入金」、「bitwallt/BXONEからUSD/EUR口座への入金」ができません。

USD口座やEUR口座を利用している方は、外貨建て口座対応で使い勝手のいいVISAカードをおすすめします。

XMtradingでは口座の基本通貨の変更はできません。異なる基本通貨の口座を利用したい場合は、XMtradingマイページより追加口座を開設しましょう。

関連:XMtradingの追加口座(複数口座)開設方法

振込名義とXM口座名義は同一表記にする

XMtradingでは、入金時の「振込名義」とXMtradingの「口座名義」は、同一表記でなければいけません。

振込名義と口座名義が異なっている場合、その入金は拒否されてしまいます。

XMで入金拒否される事例
  • 口座名義が「山田太郎」であるXMの口座に、振込名義「山本太郎」からの入金
  • ※一文字でも名義が違うと、入金を受け付けられません。

  • 口座名義が「山田太郎」であるXMの口座に、振込名義「山田花子」からの入金
  • ※家族や親族からの入金も受け付けられません。

必ず口座名義を事前にチェックし、入金時には振込名義と口座名義が一致しているか確認しましょう。

入金額までの出金には入金時と同じ方法を用いなければならない

XMtradingでは、入金額まで入金時に利用した方法と同じ方法で出金する必要があります。

例)

  • クレジットカードで10万円入金した後の出金は、10万円まではクレジットカードでのみ出金可能
  • それ以降の利益の出金は、国内銀行送金を利用

マネーロンダリング(資金の出どころを分からなくする行為)防止の観点から、XMtradingに限らずすべての海外FX業者が同様のルールを設定しています。

XMで利益の出金ができるのは、銀行送金のみ

XMtradingでは、利益の出金ができるのは国内銀行送金のみです。

銀行送金以外の入金方法では、入金額までは入金方法と同じ方法で出金し、取引の利益は銀行送金で出金することになります。

XMでの資金管理を一括化したい場合は、入金時にも銀行送金を利用するのがおすすめです。

入金できない・反映されない原因と解決方法

XMtradingに入金できない、入金が反映されない場合、以下の原因が考えられます。

XMに入金できない5つの原因
  1. 最低入金額、入金上限額の条件を満たしていない
  2. XMの取引口座と別名義で入金している
  3. XMへの着金/反映途中である
  4. 非対応のクレジットカード/銀行経由で入金している
  5. クレジットカードが利用限度額に達している

入金できない理由①最低入金額、入金上限額の条件を満たしていない

XMtradingでは、最低入金額と入金上限額は各入金方法ごとに決められています。

入金方法 最低入金額 入金限度額
銀行送金 2,000円 300万円
VISA 500円 80万円
JCB 10,000円 30万円
bitwallet 500円 80万円
STICPAY
BXONE

最低入金額以下、または入金限度額以上の金額は入金できません。

入金できない理由②第三者名義の金融機関は利用できない

XMtradingの口座名義と、入金に利用する銀行やクレジットカードの名義は同一である必要があります。

第三者名義の金融機関からは一切入金することはできません。

入金できない理由③XMの取引口座と異なる銀行名義は利用できない

銀行送金でXMtradingに入金できない時は、まず振込名義と入金額を確認してみましょう。

取引口座の名義と異なる名義からは一切入金できません。

入金できない理由④XMへの着金/反映途中である

国内銀行送金を利用したXMへの入金反映時間は、銀行営業時間内であれば30分~1時間、銀行営業時間外であれば翌営業日の反映となります。

XMへの入金額が反映されない場合は、銀行の営業日・営業時間をご確認ください。

入金できない理由⑤XMで利用できないクレジットカード・デビットカードを選択している

クレジットカード・デビットカードでXMtradingに入金できない場合は、利用しているカード会社とカードブランドを確認しましょう。

現在XMtradingで利用できるクレジットカードはVISAとJCBのみです。VISAやJCBでも、カード会社によっては利用できない場合があります。

また、クレジットカード・デビットカード入金では利用限度額にご留意ください。利用限度額を超えていると、もちろん入金できません。

最大50万円!入金ボーナスキャンペーンの活用法

XMtradingの入金ボーナスXMtradingの入金ボーナス

 
XMtradingには2段階の入金ボーナスがあり、最大総額$4,500(約45万円相当)もの金額を誰でも受け取ることができます。

最新のXM入金ボーナス情報はこちら

XMの入金ボーナスキャンペーンは、スタンダード口座またはマイクロ口座でご利用いただけます。(Zero口座は対象外)

入金ボーナスを活用すればより多くの証拠金で有利に取引できますので、ぜひ活用してみてください!

XM入金ボーナスの特徴
  • 最大$500まで100%入金ボーナスを付与
  • 最大総計額$5,000まで20%入金ボーナスを付与
  • 入金ボーナスによる利益は出金も可能!

また、XMtradingは入金ボーナスのほかにも、多様なボーナスキャンペーンを開催しています。

  • 新規口座開設ボーナス:3,000円
  • 取引の度にキャッシュバック:XMポイント
  • 友達紹介ボーナス:紹介一人当たり最大$35

XMtradingのキャンペーンの情報はこちらさらに詳しく解説していますので、合わせてお楽しみください!

関連:XMtradingのボーナスキャンペーン最新情報

よくある質問

最後に、XMtradingの入金に関連するよくある質問にお答えします。

XMtradingへ送金可能な銀行やカードの種類、入金可能な時間帯など細かい質問にも答えたのでぜひ参考にしてくださいね。

XMtradingではいくらから入金できますか?

XMtradingでは、Visaカードやbitwalletなどで最低500円から入金可能です。

XMtradingでは土日、夜間でも入金可能ですか?

夜間、土日、祝日などのでもXMtradingに入金可能ですが、口座への着金・反映は翌月曜日以降となることがあります。

銀行の営業時間外に銀行送金で入金した場合、口座への反映は翌営業日です。

ちなみに、XMではゴールデンウィークなどの大型連休でも、入金自体は可能です。

XMtradingの入金手数料はいくらですか?

XMtradingの入金手数料は次のとおりです。

入金方法 入金手数料
銀行送金 各銀行振込手数料※1
クレジットカード
/デビットカード
無料
bitwallet 824円
STICPAY 入金額の2.5%+$0.3
BXONE 入金額の0.5%

※1万円以下の入金には別途手数料980円(代行会社によっては1,500円)

STICPAYとBXONEの手数料は変動制で、入金額によって変わります。

XMでは、楽天銀行から入金できますか?

XMtradingでは、楽天銀行から入金可能です。

楽天銀行からの送金時には、楽天ポイントもたまります。日頃からポイントをためている方にはおすすめです。

ちなみに、楽天カードもご利用いただけます。どちらでも楽天ポイントはたまるので、お好きな方をご利用ください。

関連:XMへの入金は楽天銀行がおすすめ?手数料や反映時間・入金方法を解説

XMでは、三井住友銀行から入金できますか?

XMtradingでは、三井住友銀行から入金可能です。

現在三井住友銀行の口座しかもっていない方も、入金のための銀行口座やカードなどを新規契約する必要はありません。

また、三井住友銀行は入金だけでなく出金先銀行としても利用できます。

XMでは、住信SBIネット銀行から入金できますか?

XMtradingでは、住信SBIネット銀行から入金可能です。

SBIネット銀行は入金手数料が安く、反映時間も早いのでXMtradingのおすすめの入金方法の一つです。

SBIネット銀行の最低入金額と入金上限額
最低入金額 500円
入金上限 1000万円

SBIネット銀行では、1万円未満の入金は1,750円の手数料がかかります。

振込手数料が最も安いネット銀行はどこですか?

XMtradingへの入金の際、入金手数料が最も安い銀行を選びたい方には、住信SBIネット銀行がおすすめです。

住信SBIネット銀行 楽天銀行 ソニー銀行
入金手数料 77円 145円 110円
特典 最大月20回まで
手数料無料※1
最大月3回まで
手数料無料※2
月1回まで無料

※1:住信SBIネット銀行のランクによる
※2:楽天銀行のキャンペーンによる

住信SBIネット銀行なら振込手数料が最も安く、さらにランクによっては最大で月20回まで手数料無料で振込ができます。

VISAカードなのに入金できないのはなぜですか?

VISAカードでも、利用限度額を超過しているとXMtradingへの入金ができません。

またカードブランドがVISAでも、カード会社が海外FX口座への送金を禁止している可能性があります。

利用限度額に達しておらずカードブランドがVISAの場合は、ご利用のカード会社に問い合わせてみましょう。

それでも入金できない場合は、XMtradingカスタマーサポートに問い合わせてみてください。

銀行送金での入金がXMの口座に反映されません

XMtradingでは銀行送金での入金は反映に30分~1時間程度の時間かかります。入金に時間がかかる場合は、銀行の営業時間をご確認ください。

また、入金する銀行が海外FX業者への送金を禁止している場合は、XMtradingに入金ができません。

XMtradingでは入金はキャンセルできますか?

一度XMtradingの取引口座へ入金した資金はキャンセルできません。

再度取引口座から出金することで、資金を取り出す(出金する)ことができます。

どうしても入金した資金を取り戻したくなったら、出金申請を行いましょう。

関連:XMtradingの出金方法完全ガイド!手数料・日数・時間・できない時の対処法

まとめ

今回は、海外FX業者「XM(XMTrading)」での入金方法について解説しました。

どの入金方法を利用しても入金の反映は素早く、手数料が低めなのは嬉しいですね。

XMtradingにはお得な入金ボーナスがあるので、ぜひ活用してFXトレードを有利に進めましょう!

【2022年最新版】
海外FX業者おすすめランキング

【2022年最新版】海外FX業者おすすめランキング【2022年最新版】海外FX業者おすすめランキング

結局どこの海外FX業者が良いの?
安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの海外FX業者ランキング【2022年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。

総合ランキングを見る
海外FX業者1~15位