海外FXの安全性|信頼・安心できるオススメ業者7選

海外FX

海外FXの安全性|信頼・安心できるオススメ業者7選

海外FXは金融庁が警告する業者のため、安全で信頼できるのか不安が残りますよね。

海外FXの最大の魅力であるハイレバレッジも、安全性が低い危険な取引という口コミが多く、判断に困ってしまいます。

  • 初心者は海外FXに手を出さない方がいいのか
  • 出金拒否の噂は本当なのか
  • 安全で信頼できる海外FX業者は存在するのか

今回はこのような疑問や不安を解決していきます。

安全性や危険性についての情報が多すぎて、どの海外FX業者を選ぶべきか迷っている人のために、FX専業トレーダーの筆者がおすすめ業者を7社ご紹介します。

ライセンス 信託保全 分別管理 その他保証 日本語 ゼロカット FPA評価
XM ・キプロス証券取引委員会(CySEC) × 3/5点
Land-FX ・英国金融行為監督機構(FCA)

・ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)

3/5点
FXProFxpro ・キプロス証券取引委員会(CySEC)

・英国金融行為監督機構(FCA)

2万ユーロまで 3/5点
Hotforex ・キプロス証券取引委員会(CySEC)

・セントビンセント・グラナディーン金融庁

・南アフリカ金融サービス委員会

・セーシェル金融庁

6億円まで 4/5点
AXIORY
 ・ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC) 4/5点
iForexiforex ・英領バージン諸島金融サービス委員会(BVI FSC) × 4/5点
TradeView ・バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)  4/5点

海外FXは安全?危険?評価する前に知っておくべきポイント

FX取引を始めようとするとき、まずは国内と海外どちらの業者を選ぶべきか悩みますよね。
国内だから安心。海外だから危険と考えるのは少し待ってください。

まずは、海外FXの安全性について理解を深めるために知っておくべきポイントを2つご紹介します。

国内FXは安全で海外FXは危険という認識

海外FXの口コミや評判を調べた際、必ず出てくる評判は以下の通り。

  • 海外FXは少額で取引できるがギャンブルだ。
  • 顧客資金を持ち逃げする海外FX業者がいるから危険
  • ハイレバレッジのトレードはすぐに資金が溶けるから手を出すな

比較的、悪い印象を持っている人が多いですね。

国内FXと海外FXそれぞれに長所と短所があり、その違いを理解してから自分に合った取引手法でトレードしていけば、海外FXと上手に付き合うことは可能です。

まず、FXの国内業者と海外業者の違いは、スプレッド・レバレッジ・ボーナスの3点。

また、海外FX業者を危険という人たちは必ず、金融庁から承認を受けていない違法性について指摘。

詳しい内容は次章で解説していきます。

金融庁の海外FX業者に対する警告

日本の金融庁は国内FXは正式に許可している反面、海外FXは金融庁に登録できない危険な業者と警告を出しています。

日本では、金融商品取引業をおこなう場合、金融庁への登録が必要。

しかし、海外FX業者は日本の金融庁に無登録で営業しているため、違法ととらえられています。

結論、海外FXは違法ではありません。

その理由として、勧誘を行わなければ日本のライセンスがなくても営業は可能と金融庁が言及しているため。

証券会社が「勧誘」および「勧誘に類する行為」をする事なく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をする事ができます。

出典:外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制(金融庁)

すなわち、勧誘行為がなければ違法性はなく、そもそも利用者(トレーダー)を罰する法律が日本にないもの事実。

そのため、日本の金融庁は多くの海外FX業者に警告(日本人トレーダーへの注意喚起)を発していますが、海外FXの利用者には何も利害は発生しないのです。

金融庁の認可を受けているかどうかに関わらず、海外FX業者の使用は違法行為に該当しないため、ご安心ください。

海外FX業者と金融庁の関係についての詳しい内容は、以下の記事で詳しく解説しています。

安全性が高い海外FX業者の見極め方

金融ライセンスの有無・種類で安全性を判断

海外FX業者の安全性を確認する要素のひとつとして、金融ライセンスの有無が挙げられます。
もちろん、ライセンスを持っている業者の方が信頼できますが、大事なのは金融ライセンスのランク。

金融ライセンスの中でも、比較的簡単に取得できるものもあれば、厳しい審査基準をクリアした海外FX業者でないとライセンスの取得に至らない場合もあります。

審査基準が多く、取得のハードルが高い金融ライセンスは以下の5つ。

  • FCA英国金融行為監督機構
  • CySECキプロス証券取引委員会
  • IFSCベリーズ国際金融委員会
  • FSPニュージーランド
  • ASICオーストラリア証券投資委員会

中でも、FCAの審査基準は世界最難関と呼ばれており、様々な条件を満たさなければライセンスの取得ができません。

FCAの特徴
  • 信託分別管理の義務
  • 最もスムーズな出金処理の要求
  • ボーナスプロモーション実施に厳格なルールを設置
  • 出金拒否に疑わしい行為がある場合の懲戒およびライセンス取り消し審査の実施

出典:FCA

以上の特徴から、英国のFCAライセンスを取得している業者であれば、資産の安全性は極めて高いと言えます。

資金の分別管理と信託保全

自分の資金の安全性を保つために知ってほしい言葉が2つあります。
それは、分別管理と信託保全。

分別管理とは
金融商品取引業者が預かる顧客の有価証券や金銭などの資産を、証券会社自身が保有する資産と明確に区分して管理することにより、証券会社が万一破綻した場合でも、顧客の資産が保護されるような管理方法のこと。
出典:日本証券業協会

つまり、分別管理とは投資家から預かった資金を証券会社が保有する自社の資産と分けて管理すること。

分別管理がおこなわれていれば、万が一証券会社が破綻してもトレーダーの資金は変換されます。

信託保全とは
投資家から預かった証拠金や取引による損益、またスワップポイントなど、お客さまの資産と自社の資産を分別して信託銀行に信託し、管理することを指します。
これにより、万が一、証券会社やFX会社が破綻した場合にも、お客さまの資産は保全されることになります。
出典:SMBC日興証券

運用年数の長さで見極める

まずは利用したいFX業者の運営年数を確認しましょう。
安全性を確認する基準は以下の通り。

  • 1年未満・・・信頼性が低い
  • 1~3年・・・運営歴の信頼性はまだまだない。
  • 4~10年・・・中堅。一定の信頼性あり。
  • 10年以上・・・老舗。信頼性はかなり高い。

運用実績が短い業者は、一定数資金を調達したのちに持ち逃げするリスクが高まります。

そのため、4~5年以上の運用実績を持つ海外FX業者を選ぶようにしましょう。

業者名 設立年
2009年
2013年
Fxpro 2006年
2010年
2011年
iforex 1996年
2004年

ゼロカットシステムによる安全性の判断

安全性を確認するためには、追証なしのゼロカットシステムが採用されているかも確認しましょう。

FXの王様

ゼロカットシステムは海外FX業者のほどんどが採用していますよ

海外FXの特徴であるハイレバレッジは少額の投資で大きな利益を出すことができます。

その反面、損失が大きくなるデメリットもはらんでいます。

MEMO

ゼロカットシステムとは海外FX独自のシステム。(国内FXはゼロカットシステムなし)
為替相場の急激な変動によりロスカットが間に合わず損失が発生した場合、FX業者が損失分を負担してくれます。

日本人スタッフ常駐でサービスの質は高いのか

海外FX業者を利用する際、サイトが日本語表記なのか、サポートデスクに日本人はいるのか気になりますよね。

特にトラブルが発生したときは、日本語が話せる外国人スタッフより日本人に対応してもらいたいところ。

外国人スタッフの質が悪いということは決してありませんが、やはり微妙なニュアンスを伝えたい場合や、きめ細やかなサービスは日本人に対応してもらえると安心感が増します。

よくあるサポートデスクトラブル

・クレーム内容の微妙なニュアンスが伝わらない。

・利用規約のような難しい内容を英語で説明された。

・メールの返信文が翻訳機械そのままで不自然。

・「わからない」「できない」と冷たい対応を受けた。

以上のことから、やはり、日本人スタッフが常駐しているかはかなり大事な判断材料になるでしょう。

そのため、あなたが口座を開設しようとしている海外FX業者は日本人に対してサービス提供を何年間おこなってきたのか、運用実績も注視しましょう。

先ほど説明した通り、海外ブローカーが日本人向けにサービス提供するのは金融庁の圧力が強いです。

その逆風の中、日本市場を切り開きいまでも撤退していない海外FX業者は信頼がおけるでしょう。

世界のFX口コミサイト(FPA)で評判を確認

ランキングでもご紹介した海外の口コミサイト、ForexPeaceArmy(以下FPA)で気になるFX業者の口コミが確認できます。

英語表記のため、翻訳モードにすれば日本語で内容が見れます。

口コミを参考に安全性を見極めたい人は、こちらから海外FX業者名で検索してみてください。

安全性が高い海外FX業者ランキング

1位 XMtrading

XM

ライセンス キプロス証券取引委員会(CySEC)
英国金融行動監視機構(FCA)
オーストラリア証券投資委員会(ASIC)
セーシェル金融庁ライセンス
信託保全・分別管理 投資家補償基金(ICF)
企業情報 運営実績:9年/従業員数:世界200人以上
設立 2009年
世界の口コミ ForexPeaceArmyの口コミ

XMの口座詳細

口座種別 マイクロ口座 スタンダード口座 ゼロ口座
片道取引手数料 無料 無料 5ドル
片道取引手数料
(pips)
0.00 0.00 0.50
スプレッド 変動型 変動型 変動型
平均スプレッド
円/ドル
1.80 1.80 1.80
最小スプレッド
円/ドル
1.00 1.00 1.00
最大レバレッジ 2万ドルまで:888倍
2万ドルから:200倍
10万ドル以上:100倍
2万ドルまで:888倍
2万ドルから:200倍
10万ドル以上:100倍
2万ドルまで:500倍
2万ドルから:200倍
10万ドル以上:100倍
約定スピード 1秒以内に99.35% 1秒以内に99.35% 1秒以内に99.35%
最低取引通貨 10通貨 1,000通貨 1,000通貨
最低入金額 日本円で500円相当 日本円で500円相当 日本円で10,000円相当

2位 LAND-FX

Land-fx

ライセンス 英国金融行為監督機構(FCA)
ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)
信託保全・分別管理 信託保全あり/保証:FSCS(金融サービス補償機構)
企業情報 運営実績:6年/従業員数:非公開
設立 2013年
世界の口コミ ForexPeaceArmyの口コミ

LandFxの口座詳細

口座種別 Live口座 100%ボーナスPlus口座 ECN口座
片道取引手数料 無料 無料 3.5ドル
片道取引手数料
(pips)
0.00 0.00 0.35
スプレッド 変動型 変動型 変動型
平均スプレッド
円/ドル
0.90 0.90 0.40
最小スプレッド
円/ドル
0.70 0.70 0.10
最大レバレッジ 500倍 500倍 200倍
約定スピード 0.035秒 0.035秒 0.035秒
最低取引通貨 1,000通貨 1,000通貨 10,000通貨
最低入金額 日本円で30,000円相当 日本円で10,000円相当 日本円で200,000円相当

3位 FXPro

Fxpro

ライセンス キプロス証券取引委員会(CySec)
英国金融行為監督機構(FCA)
信託保全・分別管理 2万ユーロまで信託保全あり/保証:ICF(投資家補償基金)・FSCS(金融サービス補償機構)
企業情報 運営実績:13年/従業員数:200名以上
設立 2006年
世界の口コミ ForexPeaceArmyの口コミ

FxProの口座詳細

口座種別 MT4口座
(即時決済)
MT4口座
(マーケット決済)
MT5口座
(マーケット決済)
FxPro Markets口座
(マーケット決済)
cTrader口座
片道取引手数料 無料 無料 無料 無料 4.5ドル
片道取引手数料
(pips)
0.00 0.00 0.00 0.00 0.45
スプレッド 変動型 変動型 変動型 変動型 変動型
平均スプレッド
円/ドル
1.60 1.40 1.60 1.40 0.50
最小スプレッド
円/ドル
0.60 0.60 0.60 0.60 0.00
最大レバレッジ 30倍 30倍 30倍 30倍 30倍
約定スピード 42ミリ秒以内に99.9% 42ミリ秒以内に99.9% 42ミリ秒以内に99.9% 42ミリ秒以内に99.9% 42ミリ秒以内に99.9%
最低取引通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 10,000通貨
最低入金額 日本円で50,000円相当 日本円で50,000円相当 日本円で50,000円相当 日本円で50,000円相当 日本円で50,000円相当

4位 HotForex

HotForex

ライセンス キプロス証券取引委員会(CySec)
セントビンセント・グレナディーン金融庁(FSA)
南アフリカ共和国金融業界行為監督機構(FSCA)
セーシェル金融庁(FSA)
モーリシャス共和国金融サービス委員会(FSC)
イギリス金融行動庁(FCA)
ドバイ金融サービス機構(DFSA)
分離別理 民事賠償保障制度:500万ユーロまで
企業情報 運営実績:9年/従業員数:250名以上
設立 2010年
世界の口コミ ForexPeaceArmyの口コミ

HotForexの口座詳細

口座種別 マイクロ口座 プレミアム口座 ZERO口座
(cTrader)
片道取引手数料 無料 無料 3ドル
片道取引手数料
(pips)
0.00 0.00 0.60
スプレッド 変動型 変動型 変動型
平均スプレッド
円/ドル
1.70 1.70 0.20
最小スプレッド
円/ドル
1.00 1.00 0.00
最大レバレッジ 1,000倍 500倍 500倍
約定スピード 0.355秒以内に99.45% 0.355秒以内に99.45% 0.355秒以内に99.45%
最低取引通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨
最低入金額 日本円で500円相当 日本円で10,000円相当 日本円で20,000円相当

5位 AXIORY

AXIORY

ライセンス ベリーズ国債金融サービス委員会(IFSC)
信託保全・分別管理 信託保全あり/特別保証基金(全額保証)
企業情報 運営実績:12年/従業員数:200名以上
設立 2011年
世界の口コミ ForexPeaceArmyの口コミ

AXIORYの口座の種類と詳細

口座種別 スタンダード口座 ナノスプレッド口座 スタンダード口座
(cTrader)
ナノスプレッド口座
(cTrader)
片道取引手数料 無料 3ドル 無料 3ドル
片道取引手数料
(pips)
0.00 0.30 0.00 0.30
スプレッド 変動型 変動型 変動型 変動型
平均スプレッド
円/ドル
1.60 0.60 1.60 0.60
最小スプレッド
円/ドル
1.10 0.70 1.10 0.70
最大レバレッジ 10万ドルまで:400倍
20万ドルまで:300倍
10万ドルまで:400倍
20万ドルまで:300倍
10万ドルまで:400倍
20万ドルまで:300倍
10万ドルまで:400倍
20万ドルまで:300倍
約定スピード 0.326秒 0.326秒 0.326秒 0.326秒
最低取引通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨
最低入金額 20,000円 20,000円 20,000円 20,000円

6位 iForex

iForex

ライセンス 英領バージン諸島金融サービス委員会(BVI FSC)
信託保全・分別管理 信託保全あり/
企業情報 1996年創業
設立 1996年
世界の口コミ ForexPeaceArmyの口コミ

iForexの口座詳細

口座種別 口座タイプは1種類のみ
片道取引手数料 無料
片道取引手数料
(pips)
0.00
スプレッド 0.7pips
平均スプレッド
円/ドル
0.8pips
最小スプレッド
円/ドル
最大レバレッジ 400倍
約定スピード 公開なし
最低取引通貨 750通貨
最低入金額 10,000円

7位 Trade View

TradeView

口座タイプ MT4 ILC口座
MT5 ILC口座
MT4 Xレバレッジ口座
MT5 Xレバレッジ口座
cTrader口座
バイキング(CURRENEX)口座
最大レバレッジ 500倍
ボーナス なし
スプレッド平均(USD/JPY) 2.0pips
注文方式 NDD方式
約定力・約定スピード 高い・早い
最大取引可能枚数 750万通貨
最低入金額 100ドル~1000ドル
取り扱い商品 通貨ペア:36種類
貴金属:5種類
株価指数:7種類
株式:37種類
ETF:27種類
スキャルピング
入出金対応 入金:リアルタイム/3営業日
出金:数日~1ヶ月
入出金手数料 入金:無料
出金:35ドル
ライセンス 英国領ケイマン諸島金融監督庁(CIMA)

まとめ

安全性の高い業者の判断基準
  • 金融ライセンスの有無・種類で安全性を判断
  • 資金の分別管理と信託保全
  • 運用年数の長さで見極める
  • ゼロカットシステムによる安全性の判断
  • FX業者の実績による安全性の判断
  • 世界のFX口コミサイト(FPA)で評判を確認

FXをこれからはじめようとする人。

あるいは、国内業者から海外業者へ乗り換えようと検討中の人はこの7つのポイントを確認しましょう。

海外FX業者は危険という認識が広まっていますが、ごく一部の詐欺的な業者を選ばない限り、あなたの資金が危険にさらされることはないと言えます。

本記事の内容を参考に、安全な業者と取引をおこない、コツコツと利益を積み上げていきましょう。