TitanFX(タイタンFX)の評価|評判・安全性を徹底解説

海外FX

TitanFX(タイタンFX)の評価|評判・安全性を徹底解説

TitanFXは2014年に誕生した、比較的新しい海外FX業者です。

日本人の利用者も多く、とくにスキャルピングメインのトレーダーからは高く評価されています。

しかし詐欺まがいの運営をする悪質な海外FX業者もいるため、TitanFXは本当に信頼できるのか気になりますよね。

そこでこの記事では、TitanFXを実際に利用したトレーダーからの評判を中心に、TitanFXの特徴を徹底的に解説します。

TitanFXを使うメリットや、注意したいポイント、口座開設方法も紹介しています。

ぜひ最後まで読んで、口座開設の参考にしてくださいね!

TitanFXのいい評判10個

TitanFXは、おもに10個のメリットで評価されています。

それぞれ詳しく解説しますので、一緒に確認していきましょう。

業界一のスプレッドの狭さ

TitanFXは、スプレッドの狭さに定評があります。
メジャー通貨ペアのスプレッドは以下の通り。

通貨ペア スタンダード口座 ブレード口座
USD/JPY 1.33pips 0.33pips
EUR/USD 1.2pips 0.2pips
GBP/USD 1.57pips 0.57pips
AUD/USD 1.52pips 0.52pips
USD/CHF 1.92pips 0.92pips

参照:TitanFX公式サイト

TitanFXには2種類の口座タイプがあります。

TitanFXの口座タイプ
  • スタンダード口座:標準的な口座タイプ
  • ブレード口座:スプレッド特化型

 

スタンダード口座は取引手数料が無料で、トレーダーが負担するコストはスプレッドのみ。

その代わり、スプレッドはブレード口座よりも広く設定されています。

ブレード口座のスプレッドはスタンダード口座と比較してもとくに狭く、1.00pipsを下回るものばかり。

TitanFXのブレード口座は、スプレッドを重視するトレーダーからも人気の口座タイプです。

しかしブレード口座は取引手数料が発生します。

1ロットあたりの往復手数料は7ドル。

これは海外FX業者の中でも格安です。

TitanFXのブレード口座は、コスト削減を目標にするトレーダーに喜ばれています。

NDD方式を採用し取引の透明性が高く安心

DDNDD

TitanFXは取引方式に、NDD方式を採用しています。

そのため、トレーダーの注文は直接インターバンク市場に届けられ、TitanFXは取引を仲介しません。

NDDとはNo Dealing Deskの略で、投資家からの注文を直接インターバンク市場へ流して取引を行う方式のことです。

これに対し、投資家とFX取扱業者が1対1で相対取引を行う方式をDD(Dealing Desk)といいます。

海外のFX取扱業者にはNDDを採用しているところがあり、インターバンク市場の透明性が高い為替レートで取引できるという特徴があります。

出典:SMBC日興証券

NDD方式はブローカーの思惑でレートが変動したり、ストップ狩りやスリッページなどのトレーダーに不利益が生じたりせず、安心して取引できます。

またDD方式とは、インターバンクとトレーダーの間にFX業者のディーラーが介入する取引方式です。

トレーダーの注文は、ディーラーがいったんとりまとめたのち、インターバンク市場に発注します。

そのためディーラーが独自のレートを提示したり、注文拒否やリクオートと呼ばれる価格の再提示がされたりと、トレーダーにとっては不都合な操作が起きる可能性があります。

関連記事:FX初心者が一番見落とすDD方式とNDD方式の違いを徹底解説

ロスカット水準20%・追証なしで最大レバレッジ500倍

ロスカットとは、証拠金維持率が規定の値を下回った際、強制的に決済されるシステムのことです。

急激なレート変動があった際、これ以上ポジションを持ち続けるのはリスクが高いと判断されて、自動的にロスカットが執行されます。

TitanFXのロスカット水準は20%です。

マージンコール ロスカット 最大レバレッジ
TitanFX 90% 20% 500倍
GEMFOREX 50% 20% 1,000倍
XM 50% 20% 888倍
AXIORY
50% 20% 400倍
国内FX業者業者 200~100% 80~50% 25倍

ロスカット水準が低ければ低いほど、ギリギリまでポジションを保有できるため、ロスカットされにくくなります。

まれにロスカットの執行が間に合わず、口座残高がマイナスに転じることがあります。

通常、マイナス分は追証と呼ばれる追加入金を迫られますが、TitanFXは追証請求がありません。

マイナス分はTitanFXが補填してくれます。

これだけのスペックを取り揃えているにもかかわらず、TitanFXの最大レバレッジは500倍です。

TitanFXならリスクを最小限に抑えつつ、ハイレバレッジをかけたトレードで効率的に稼げます。

関連記事:海外FXで借金地獄?追証なし(ゼロカット)に潜むリスクとデメリット

トレーダー資金は分別管理で安全性を確保

分別管理とは、FX業者の運営資金とトレーダーが入金した資金を別々の金融機関で管理することです。

TitanFXは世界有数のトップ銀行で、信託保管しています。

トレーダーの口座残高はもちろん、含み益も分別管理されており、TitanFXはトレーダーの資金を運営費用に利用できません。

万が一、TitanFXが倒産しても差し押さえの対象とはならず、トレーダーの資金は守られます。

サクサク約定しリクオートなし

TitanFXがトレーダーから好評な理由のひとつに、リクオートが発生しない点が挙げられます。

MEMO

リクオートとは

注文した際の価格で約定されずに、FX業者から別の価格での約定を提示されることを言います。

約定力が高い理由として、TitanFXは最先端のインフラが完備されているため。

FXの王様

ミリ秒単位で評価されるほどの、スピード感のある注文決済が可能ですよ

またTitanFXは、複数のリクイディティプロバイダーと提携しています。

リクイディティプロバイダー(LP)とは、FX市場における流動性を提供する金融機関を指します。

FXにおけるリクイディティ・プロバイダーは、それぞれのFX会社がリスクヘッジのためにカバー取引を行う銀行などの金融機関です。

FX会社は複数のリクイディティプロバイダーと契約している方が有利なレートの選択肢が増えるメリットがあります。

1つのプロバイダーから提示されるレートと、5つのプロバイダーから提示されるレート。

もちろん多くのプロバイダーから提示される方が、より有利なレートを選択できますよね。

選択肢が多いと、リクオートと呼ばれる価格の再提示がないため、リクオートにおけるタイムロスもなく、狙い通りの取引で利益をあげられるでしょう。

証拠金残高によるレバレッジ制限が無い

TitanFXは証拠金残高が増えても、レバレッジに制限がかかりません。

多くの海外FX業者では、残高の増加にともなってレバレッジ制限がかけられます。

高額な証拠金にハイレバレッジをかければ、利益も損失も大きくなり、ハイリスクハイリターンになるからです。

TitanFXはレバレッジ制限のない希少な海外FX。

常に最大レバレッジ500倍のトレードができるため、証拠金残高を気にする必要がありません。

FXの取り扱い銘柄は60種類。貴金属,原油,日経225などもOK

TitanFXは取り扱い銘柄が多い点でも有名です。

通貨ペアは60種類と平均的ですが、マイナーペアやエキゾチック通貨の取り扱いもあります。

通貨ペア Zeroスタンダード口座
平均スプレッド
Zeroブレード口座
平均スプレッド
EUR/USD(ユーロ/米ドル) 1.2 pips 0.2 pips
GBP/USD(英ポンド/米ドル) 1.57 pips 0.57 pips
AUD/USD(豪ドル/米ドル) 1.52 pips 0.52 pips
USD/JPY(米ドル/日本円) 1.33 pips 0.33 pips
USD/CHF(米ドル/スイスフラン) 1.92 pips 0.92 pips

出典:TitanFX公式サイト

通貨ペア Zeroスタンダード口座
平均スプレッド
Zeroブレード口座
平均スプレッド
AUD/CAD(豪ドル/カナダドル) 2.51 pips 1.51 pips
AUD/CHF(豪ドル/スイスフラン) 2.41 pips 1.41 pips
AUD/NZD(豪ドル/NZドル) 3.03 pips 2.03 pips
AUD/SGD(豪ドル/シンガポールドル) 3.55 pips 2.55 pips
EUR/AUD(ユーロ/豪ドル) 2.75 pips 1.75 pips
EUR/CHF(ユーロ/スイスフラン) 2.04 pips 1.04 pip
EUR/GBP(ユーロ/英ポンド) 1.53 pips 0.53 pips
GBP/AUD(英ポンド/豪ドル) 3.94 pips 2.94 pips
GBP/CHF(豪ドル/スイスフラン) 3.32 pips 2.32 pips
NZD/USD(NZドル/米ドル) 1.86 pips 0.86 pip

出典:TitanFX公式サイト

通貨ペア Zeroスタンダード口座
平均スプレッド
Zeroブレード口座
平均スプレッド
AUD/JPY(豪ドル/日本円) 2.12 pips 1.12 pips
CAD/JPY(カナダドル/日本円) 2.1 pips 1.1 pips
CHF/JPY(スイスフラン/日本円) 2.31 pips 1.31 pips
CNH/JPY(人民元/日本円) 1.55 pips 0.55 pips
EUR/JPY(ユーロ/日本円) 1.74 pips 0.74 pips
GBP/JPY(英ポンド/日本円) 2.45 pips 1.45 pips
MXN/JPY(メキシコペソ/日本円) 1.32 pips 0.32 pips
NZD/JPY(NZドル/日本円) 2.62 pips 1.62 pips
THB/JPY(タイバーツ/日本円) 2.95 pips 1.95 pips
ZAR/JPY(南アランド/日本円) 1.44 pips 0.44 pips

出典:TitanFX公式サイト

通貨ペア Zeroスタンダード口座
平均スプレッド
Zeroブレード口座
平均スプレッド
CAD/CHF(カナダドル/スイスフラン) 2.64 pips 1.64 pips
EUR/CAD(ユーロ/カナダドル) 2.4 pips 1.4 pips
EUR/NZD(ユーロ/NZドル) 4.69 pips 3.69 pips
GBP/CAD(英ポンド/カナダドル) 3.86 pips 2.86 pips
GBP/NZD(英ポンド/NZドル) 5.81 pips 4.81 pips
USD/CAD(米ドル/カナダドル) 1.55 pips 0.55 pips

出典:TitanFX公式サイト

通貨ペア Zeroスタンダード口座
平均スプレッド
Zeroブレード口座
平均スプレッド
CHF/SGD(スイスフラン/シンガポールドル) 5.95 pips 4.95 pips
EUR/CZK(ユーロ/チェココルナ) 13.53 pips 12.53 pips
EUR/SGD(ユーロ/シンガポールドル) 5.18 pips 4.18 pips
EUR/ZAR(ユーロ/南アランド) 8.01 pips 7.01 pips
GBP/SGD(英ポンド/シンガポールドル) 6.48 pips 5.48 pips
GBP/TRY(英ポンド/トルコリラ) 27.43 pips 26.43 pips
NZD/CAD(NZドル/カナダドル) 4.24 pips 3.24 pips
NZD/CHF(NZドル/スイスフラン) 3.99 pips 2.99 pips
SGD/JPY(シンガポールドル/日本円) 3.16 pips 2.16 pips
USD/CNH(米ドル/人民元) 9.28 pips 8.28 pips
USD/CZK(米ドル/チェココルナ) 61.8 pips 60.8 pips
USD/MXN(米ドル/メキシコペソ) 4.52 pips 3.52 pips
USD/RUB(米ドル/ロシアルーブル) 801 pips 800 pips
USD/SGD(米ドル/シンガポールドル) 3.37 pips 2.37 pips
USD/THB(米ドル/タイバーツ) 3.22 pips 2.22 pips
USD/ZAR(米ドル/南アランド) 36.69 pips 35.69 pips

出典:TitanFX公式サイト

通貨ペア Zeroスタンダード口座
平均スプレッド
Zeroブレード口座
平均スプレッド
EUR/NOK(ユーロ/ノルウェークローネ) 52.95 pips 51.95 pips
EUR/PLN(ユーロ/ポーランドズロチ) 21.31 pips 20.31 pips
EUR/SEK(ユーロ/スウェーデンクローナ) 30.73 pips 29.73 pips
EUR/TRY(ユーロ/トルコリラ) 26.92 pips 25.92 pips
GBP/NOK(英ポンド/ノルウェークローネ) 87.57 pips 86.57 pips
GBP/SEK(英ポンド/スウェーデンクローナ) 57.73 pips 56.73 pips
NOK/JPY(ノルウェークローネ/日本円) 2.07 pips 1.07 pips
NOK/SEK(ノルウェークローネ/スウェーデンクローナ) 2.49 pips 1.49 pips
SEK/JPY(スウェーデンクローナ/日本円) 3.05 pips 2.05 pips
USD/NOK(米ドル/ノルウェークローネ) 41.47 pips 40.47 pips
USD/PLN(米ドル/ポーランドズロチ) 3.24 pips 2.24 pips
USD/SEK(米ドル/スウェーデンクローナ) 29.25 pips 28.25 pips
USD/TRY(米ドル/トルコリラ) 11.57 pips 10.57 pips

出典:TitanFX公式サイト

そのほか、エネルギーや貴金属、株価指数の取り扱いもあり、ボラティリティの大きいゴールドの取り扱いがあるのは魅力的でしょう。

最大レバレッジ500倍を利用して、人気のゴールドを取引した場合、最低取引量は0.01ロットと小さく、少額から挑戦したい人にも最適です。

また、TitanFXは、最近注目を浴びる米国株式の取引も可能になりました。

世界でも有名な米国個別株式を、最大レバレッジ20倍をかけて取引できます。

通貨ペア以外の取引にも挑戦したい人にも、TitanFXはおすすめです。

bitwallet・国内銀行送金・bitwalletでの入出金に対応している

TitanFXは、国内銀行送金を使った入出金が可能です。

入金は最短1時間、入金手数料はかかりません。

出金は最短2営業日で完了するため、確実に出金できるか不安な人にもおすすめです。

bitwalletとは、オンライン決済サービスです。

使える海外FX業者も多く、使い勝手がいいので重宝されています。

入金手数料は無料、口座へも即時反映され便利です。

TitanFXからbitwalletへの出金は手数料無料。基本的に即時反映されます。

しかしbitwalletから銀行への出金には一律777円の手数料がかかります。

本人確認書類の提出なしでクイック口座開設ができる

TitanFXは本人確認書類を提出しなくても、口座開設ができます。

多くの海外FX業者は、免許証やパスポートなどの本人確認書類を提出しないと口座開設できません。

本人確認書類を揃えるのが面倒で、なかなか口座開設に至らない人もいるようです。

しかしTitanFXなら、本人確認書類や住所確認書類がなくても口座が開設できます。

少しでも早く海外FX業者で口座開設したい人は、TitanFXを選択しましょう。

なお、初回入金時までには、本人確認が必要です。

忘れないうちに、口座開設後は本人確認書類と住所確認書類の準備をしましょう。

サポート体制が万全でライブチャットは24時間OK

TitanFXには、充実したサポート体制があります。

TitanFXで利用できるサポートは3種類。

  • 電話
  • ライブチャット
  • メール

このうちライブチャットとメールで、日本語のサポートが受けれます。対応しています。

ライブチャットなら、不明点もすぐに解決できます。

ライブチャットの対応時間は、月〜土曜日の24時間。

日本人スタッフが対応してくれるので、英語の苦手な人でも安心して利用できます。

意外と少ないTitanFXの悪評

どんなブローカーでも、メリットがあればデメリットもあります。

TitanFXのデメリットも確認しておきましょう。

両建ての禁止行為が分かりにくい

TitanFXでは両建てを禁止していません。

両建てとは、ある通貨ペアを売りと買いの両方向で、同時にポジションを持つことです。

有利に動いた方向のポジションを保有しつつ、反対に動いたポジションのみを決済すると、リスクを最小限にした取引ができます。

TitanFXは同一口座内でのみ、両建て取引が可能。

別口座間での両建ては、利用規約で禁止されています。

意図していなかったとしても、両建てになっていたらそれは規約違反です。

ペナルティを受ける可能性もあるため、充分に注意しましょう。

金融ライセンスの取得難易度は高くない

TitanFXはバヌアツ金融サービス委員会(VFSC)のライセンスを取得しています。

以下、金融ライセンスの取得難易度を表にまとめました。

金融ライセンスの取得難易度
【最難関】イギリス金融行動監視機構 (FCA)
(5.0)
キプロス証券取引委員会 (CySEC)
(4.5)
モーリシャス金融サービス委員会 (FSC)
(4.0)
バヌアツ金融サービス委員会 (VFSC)
(4.0)
英領バージン諸島金融サービス委員会 (FSC)
(3.0)
【簡単】セイシェル共和国金融庁 (FSA)
(3.0)

TitanFXが保有するバヌアツのライセンスは審査がそれほど厳しくなく、比較的取得しやすい金融ライセンスといわれています。

そのためTitanFXのライセンス保有にインパクトはなく、信頼性はごく平均的でしょう。

ボーナスやキャンペーンが実施されていない

海外FXは新規口座開設ボーナスや入金ボーナスなど、豪華なボーナスが魅力のひとつです。

しかし、TitanFXは積極的にボーナスキャンペーンを開催していません。

新規口座開設ボーナスや、入金ごとにキャッシュバックされるボーナスなどがないため、ある程度の自己資金が必要です。

少なすぎる自己資金で戦うのはリスクが高いため、不満に感じるトレーダーもいるでしょう。

初回最低入金額が2万円で高い

TitanFXの初回最低入金額は2万円です。

ほかの海外FX業者の初回入金はでは数千円が多くのところもあるため、TitanFXの2万円はややハードルが高いといえます。

また先述した通りTitanFXには、口座開設ボーナスもありません。

いきなり口座開設ボーナスで数万円ゲットできる業者とは異なり、全額自己資金からのスタート。

となるため、「初回から2万円を入金するのは抵抗がある」という人は、TitanFX以外の海外FX業者を検討しましょう。

しかし、2回目以降の最低入金額はクレジットカードで1円以上、bitwalletで110円以上。

一気にハードルが下がりますので、このあたりも考慮してみましょう。

実はTitanFXは日本の金融庁から警告を受けている

TitanFXは日本の金融庁から「無登録で金融商品取引業を行うもの」として警告を受けています。

日本で金融商品を取り扱うためには、金融庁に届け出をし、許可を得なくてはいけません。

しかし金融庁から許可を得るには、以下の2つの条件を満たす必要があります。

  • 最大レバレッジは25倍以内
  • ゼロカットシステムの採用は不可

この条件を満たすと、トレーダーが海外FX業者を利用するメリットがありません。

多くの日本人トレーダーが海外FX業者を利用する理由は、ハイレバと追証請求なしで安全にFXトレードをしたいから。

海外FX業者も、日本人トレーダーのがFX業者に求める需要を満たす理解しています。

そのためTitanFXは、あえて金融庁の許可を得ずに運営しているのです。

実際、日本人向けのサービスを提供しているほとんどの海外FX業者が、金融庁からの警告を受けています。

金融庁の警告を受けているからといって、危険な海外FX業者とはいえませんので安心してください。しましょう。

TitanFXの口座開設の手順

TitanFXで口座を開設する場合の手順を開設します。

入金や出金方法についても、よく確認しておきましょう。

口座開設方法

STEP.1
口座開設ボタンをクリック

まずはTitanFXの公式サイトをひらき「リアル口座開設」のボタンをクリックします。

「個人取引口座」か「法人取引口座」のどちらかを選択しましょう。

STEP.2
IDとパスワード入力

ログインに利用するメールアドレスとパスワードを入力します。

パスワードは合計7文字以上で、大文字1文字・小文字1文字・数字1つを含める必要があります。

「さぁ、始めましょう」のボタンをクリックして、次に進みましょう。

STEP.3
口座を選択

取引口座の選択画面が表示されます。

プラットフォームはMT4/MT5のどちらかを、口座タイプはスタンダード口座かブレード口座のどちらかを選択しましょう。

レバレッジは500倍から1倍まで、6段階から選択できます。

とくにこだわりがなければ、最大の500倍がおすすめです。

STEP.4
ベース通貨を選択

最後にベース通貨を選択しましょう。

JPYにしておけば問題ないでしょう。

続いて個人情報をを上から順に入力します。

  • ローマ字で名・姓
  • 生年月日
  • 現住所
  • 電話番号
STEP.5
認証作業

登録した電話番号にSMSが届くので、認証コードをコピーして、該当の欄に貼り付けましょう。

「認証」ボタンをクリックし「取引口座を開設する」ボタンをクリック。

今度は登録したメールアドレスに、認証メールが届きます。

メールの中ほどにある「確認」ボタンをクリックすると、メールアドレスの認証も完了です。

メールアドレスとパスワードで、TitanFXのマイページにログインできます。

ここまでで、TitanFXの口座開設は完了です。

TitanFXは最短5分で、簡単に口座開設ができます。

本人確認方法

TitanFXでは、アカウント登録とSMS認証のみで口座が開設できます。

しかし入金や出金には、本人確認も必要です。

TitanFXの公式サイト内からマイページをひらき「ご本人様確認を開始する」をクリックしましょう。

STEP.1
ユーザー情報の登録

まずはユーザー情報を登録します。

秘密の質問とその答えを入力。

雇用業種・雇用形態・今後の投資計画を選択しましょう。

「次へ」をクリックすると、身分証明書の提出を求められます。

STEP.2
身分証明証の提出

利用できる身分証明書は以下の3種類。

  • 顔写真付きのパスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード

提出予定の書類情報を選択し、居住国や氏名、免許証番号、有効期限を入力します。

STEP.3
本人確認書類のアップロード

TitanFXでは、本人確認書類の自動認証システムが導入されています。

自動認証システムの利用を選択した場合は、カメラが起動するため、書類を撮影して提出しましょう。

マニュアル認証を選択した場合は、あらかじめ撮影した画像データをアップロードします。

「次へ」をクリックして、住所確認書類の提出に移ります。

STEP.4
住所確認書類の提出

住所確認書類は、6ヶ月以内に発行された書類を1点提出しましょう。
提出方法は本人確認書類と同じです。

入金方法

口座の開設ができたらさっそく入金してみましょう。
TitanFXで利用できる入金方法は以下の通り。

  • クレジットカード(VISA・Mastercard・JCB)
  • 国内銀行送金
  • bitwallet
  • STICPAY

※以前はNETELLERも入金に利用できましたが、現在はサービス停止中です。

すべての入金方法で、入金手数料がかからないため、無料でTitanFXに入金できます。

しかし国内銀行送金を利用した場合は、振込手数料や両替手数料がかかりますので注意しましょう。

それでは、TitanFXの入金の手順を解説します。

STEP.1
入金方法の入力

マイページ左側にある「入金」ボタンをクリック。

もしくは取引口座の欄にある「資金の入金」をクリックします。

入金する取引口座を選択し、希望の入金方法を選択しましょう。

STEP.2
入金額の設定

次に入金額を設定します。

表示されている金額から選択するか、手入力で入金金額を指定することもできます。

STEP.3
銀行送金とクレジットカード入金のやり方

国内銀行送金を選択した場合は、振込方法を選択し、表示された銀行口座に振込みましょう。

クレジットカードで入金する場合は、カード情報の登録やクレジットカードの写真提出が必要です。

STEP.4
STICPAYとbitwallet入金のやり方

STICPAYとbitwalletを使った入金は、入金額とメールアドレスを入力するだけで、簡単に入金できます。

しかし、TitanFXに登録しているメールアドレスと同じメールアドレスで登録した口座しか利用できませんので、注意しましょう。

STEP.5
入金完了

必要事項を入力したら、ページの下にある「入金」をクリックすると、STICPAYとbitwalletのサイトへジャンプします。

画面の指示通りに操作すると、TitanFXへの入金は完了です。

出金方法

TitanFXでは、4つの出金方法が利用できます。

  • クレジットカード(VISA・Mastercard・JCB)
  • 国内銀行送金
  • STICPAY
  • bitwallet

出金の手順も解説します。

STEP.1
出金元口座の選択

まずTitanFXのマイページをひらき、左側のメニューボックスになる「出金」ボタンをクリックしましょう。

出金元口座を選択し、出金方法を選択します。

STEP.2
出金先口座情報の入力

出金先の口座情報やカード情報を入力し、出金したい額を入力します。
「出金」をクリックしましょう。

STEP.3
出金申請の審査

しばらくすると、TitanFXから出金リクエストの確認メールが届きます。
「確定」をクリックし、TitanFXでの出金申請の審査を待ちましょう 

STEP.4
出金処理の完了と着金

出金処理が完了すると、再度TitanFXからメールが届きます。
その後は2〜3営業日で着金されます。

なおTitanFXには、入金額までは同じ方法で出金するルールがあります。

たとえば2万円をクレジットカードで入金し、5万円を出金したいと仮定します。

この場合、2万円は必ずクレジットカードで出金しなくてはいけません。

残りの3万円については、自由に選択できます。

また出金先は、TitanFXと同一名義の口座やカードにしか出金できません。

誤った方法で出金申請をしたり、TitanFXと別名義の口座を指定したりすると、出金エラーとなります。

TitanFXに関するよくある質問【FAQ】

最後に、TitanFXについてのよくある質問に回答しておきます。

スキャルピングするならどの口座がおすすめか

ブレード口座がおすすめです。

ブレード口座のスプレッドは0.0pipsと非常に狭く、高速光ファイバーECNで注文執行もスピーディー。

手数料も1ロットの往復で、わずか7ドルほど。

業界最安レベルのコストで、満足度の高いスキャルピングトレードが実現できます。

日本語で問い合わせても大丈夫か

もちろん日本語で問い合わせても問題ありません。

TitanFXは、日本人スタッフがサポート対応してくれます。

海外FXにありがちな「不自然な日本語で話がかみ合わない」といった心配は不要です。

質問の意図を正しくくみ取り、親切・丁寧な対応が期待できるでしょう。

出金拒否の噂を聞きましたが本当ですか

TitanFXはこれまで、大きなトラブルや出金拒否を起こしたことはありません。

インターネット上でTitanFXの出金拒否の噂を耳にした人もいるでしょう。

しかし多くの出金拒否の噂の噂は、トレーダーの勘違いが原因です。

TitanFXに限らず、海外FX業者で出金する際にはいくつかのルールを守らなくてはいけません。

入金と出金の一致原則や、出金申請時のポジション決済ルールなど、業者ごとに細かい規約が定められています。

この規約を知らずに出金申請しても、出金はキャンセルされます。

TitanFXに出金キャンセルされたことに腹を立てたトレーダーが、ネット上に口コミを掲載したのでしょう。

TitanFXは理由もなく出金を拒否するFX業者ではありません。

利用規約を守り、正しい手順で出金申請すれば、出金拒否されない口コミもよく見かけます。

実際のトレーダーの評判や口コミが一番参考になります。

TitanFXの取引できる時間帯は?

TitanFXで取り扱いのある全通貨ペアはロールオーバー時間を除き、平日24時間にわたって取引できます。

ただし金曜日は、サーバー時間の23:55までです。

ロールオーバー時間は23:59〜00:01で、この時間は取引できません。

まとめ:TitanFXはボーナスよりスペック重視のトレーダーにおすすめ

TitanFXには多くの魅力があり、日本人トレーダーからも高く評価されています。

とくに取引環境が優秀である点については、他社海外FXに圧倒的な差をつけています。

TitanFXのデメリットは、ボーナスがない点や初回入金額が高額な点。

しかしそれほど大きな問題ではないでしょう。

考え方次第では、デメリットと呼ぶほどでもありません。

TitanFXは取引の透明性や約定力の高さ、スピード感を重視するトレーダーに、とくにおすすめです。