副業のリスク5選とその対策!サラリーマンは要チェック

お金を稼ぐ

現状の給料で将来やっていけるのか不安。副業は認められてない会社だけど、副業をやってみたい。でも副業のリスクってあるのかな?あるのだとしたら、どんなリスクがあるのだろう?

こんにちは!Risaです。

FX歴10年の管理人が、サラリーマンが副業することのリスク5選について解説します。

結論から言うと、副業リスクはあるが、対策は十分可能です。

本記事で分かること
・副業のリスク5選
・リスクへの対策方法

副業のリスク5選

副業には下記のようなリスクがあります。

①会社にバレる
②過労から体調を崩す
③人間関係にヒビが入る
④お金を失う
⑤時間を失う

それぞれ解説していきます。

 

①会社にバレる

まず最初に思い浮かぶのは、会社にバレると言うリスクです。

副業を推奨している会社は、まだまだ少ないです。

副業禁止規則がある会社はもちろん、副業を解禁している会社でも「副業がバレるとなんとなく気まずい」と言う状況になることが多いです。

このように「副業がバレる」ことに怖いイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?

2つに分けて考えてみましょう。

・行政の処分
・職場の居心地

 

行政の処分

気になるのは「減給」「降格」「解雇」などの就業規則違反による懲戒ですよね。

しかし、副業をやっていると言う理由だけで、懲戒処分を受けることは基本的にはあり得ません。

なぜなら就業規則の副業禁止規定に法律的な力はないからです。

むしろ逆に法律の専門家は、「会社が副業を禁止することの方が、法律的に問題」といっています。

ただし、公務員は法律で禁止されているので、副業をしてはいけません。

 

会社員が懲戒処分を受けるのは下記の場合が多いです。

・就業時間中に副業していた(職務専念義務違反)
・会社のライバル業種で副業していた(競業禁止違反)
・副業として違反行為をしていた(法令遵守違反)
・副業で会社の秘密を漏洩した(守秘義務違反)

 

このように副業禁止以外のルールに引っかかってしまう場合が多いです。

他のルールに違反しないように気をつけていれば、副業自体が懲戒の理由にはなりません。

 

職場の居心地

一方で、職場の居心地が気になると言う人も多いのではないでしょうか。

職場によって違いがあるのですが、下記が気になると思います。

・なんとなく仲間外れにされる
・いちいち嫌味を言われる
・ミスした時に、副業と関連づけて批判される

 

嫌な思いをすることはあり得ます。

「副業で稼いでるなんてズルイ!」と嫉妬してくる人もいるでしょう。こう言う人はどこにでもいます。

 

そこで下記の対策方法が役立ちます。

副業バレのリスクはサラリーマンが副業を始めるハードルになっていることは確かです。

サラリーマンが副業するための3重の安全策はこちらです。

・バレないやり方をする
・バレても大問題にならないようにする
・最悪の場合は、いつでも転職できるようにしておく

 

副業をバレないようにする

下記のことを徹底しましょう。

・住民税の納付方法を「普通徴収」にする
・会社内で副業をやらない
・副業について会社の人に話さない

この3つが重要です。

逆にこの3つさえ守っていれば、副業がバレることはそうありません。

住民税の納付方法の切替方は、確定申告でできます。

副業を始めた年の確定申告で、「普通徴収」を選択すれば完了です。

会社の人に話さないのも気をつけていただきたいです。

副業がうまくいくと、どうしても人に話したくなるのです。

ここはグッと我慢して、副業のことを話さないようにしましょう。

 

副業がバレても大問題にならないようにする

先ほど解説した、副業禁止以外の就業規則違反をしないように注意してください。

違反しないようにするポイントは下記の通りです。

・就業時間中は本業に集中する
・会社のライバル業種の副業はしない
・法律違反はしない
・会社の秘密を漏らさない

 

当たり前のことを守って、副業をすれば問題ありません。

もしバレてしまっても、法律違反さえやっていなければ、なんとかなります。

 

いつでも転職できるようにしておく

もし、副業がバレて、職場の居心地が悪くなったら、転職すればOKです。

このように思うだけで気持ちは随分軽くなるんじゃいかと思います。

いつでも転職できるようにしておくには、下記の努力が重要です。

・会社が変わっても使えるスキルを学ぶ
・他社から興味を持たれる実務経験をする
・定期的に転職エージェントから情報収集しておく

 

こう言う努力を欠かさないことで、副業にも安心して取り組むことができるでしょう。

そのため、自分の「稼ぐ力」を磨いて、自分の市場価値を高めておきましょう。

 

おすすめの転職エージェントについてはこちらから

 

②過労で体調を崩す

副業を行うことで、体調を崩すリスクもあります。

本業で働いている上に、副業をプラスするため、普通に考えれば労働時間が長くなります。

当然働きすぎは体に悪影響があります。誰でも想像できると思います。

長時間労働による過労死のニュースは後を絶ちません。

働きすぎで体調を崩した知人が身近にもいると思います。

 

過労を防ぐ対策

体は資本です。

生活リズムを整えましょう。体調崩したら何もできなくなります。

だから副業を始めるときは働きすぎにならないための工夫が必要です。

・生活リズムを一定に保つ(22時就寝・5時起床など)
・本業は就業時間中に頑張って、残業は止める
・副業は平日朝90分だけやる。夜と休日はやらない

 

例として上げましたが、このような対策が必要です。

ポイントとしては、時間で区切ることです。

私も副業を始めた時は、無茶なスケジュールでしたが、今は無理なく継続できるやり方を設定しています。

副業を頑張るのは良いですが、体調を崩さないように気をつけましょう。

 

③人間関係にヒビが入る

副業に夢中になりすぎると、人間関係に悪影響がある可能性があります。

・家族との時間を副業に当てる
・親族の集まりを断る
・友人との遊びの誘いを断る

 

また、本業+副業でキャパオーバーになってしまうと、他のことに当てる時間がなくなってしまいます。

時間に追われるのはダメです。

「俺は忙しい」「そんな暇はない」と言うような発言が増えたり、家事・育児に当てる時間がなくなったり、人からの誘いを断ることが続いたりすると要注意です。

こう言う場合は自分の状況を見直す必要があります。

大事な人との関係を傷つけてしまっては、元も子もありません。

 

人間関係を保つための対策

優先順位を間違えないようにしましょう。

人間関係を壊すことなく、副業を続けていくには、優先順位を意識しておくことが重要です。

副業を始める前に、副業の目的をはっきりさせておくと良いでしょう。

・家族とゆとりを持って暮らすために
・余裕資金が欲しい
・旅行にいきたい

 

このような理由で副業を始めるのであれば、家族との関係が最優先です。

これさえ意識していれば、家族との時間をないがしろにしてしまうことはないでしょう。

ある程度調整は必要かと思いますが、最優先のことだけは間違えないようにしましょう。

 

④お金を失う

副業を始めることで、逆にお金を失うリスクも考えておきましょう。

・事業を始めるための初期投資が回収できなかった
・詐欺やぼったくり商品に騙された

 

と言ったケースがあります。

特に詐欺や詐欺まがいの商品はいくつもあるので、注意が必要です。

例えば「簡単副業」と歌った詐欺まがいの商品は少なくないです。

世間で副業解禁が話題になっている今、特に流行しています。

政府による就業規則の改定が行われたこともあり、副業への関心は高まっています。

ところが、詐欺師は「このタイミングはチャンスだw」と考えて商品を売り付けてきます。

・誰でも稼げる副業
・スマホで簡単副業
・隙間時間で月5万稼ぐ
・まずはLineに登録してください
・30万円払えば、稼ぎ方を教えます

 

このような魅力的なキャッチコピーでサラリーマンを引きつけ、不当に高額な商品を売ってきます。

役に立たないセミナーに数十万円も払わされたり、使えないテキストに数万円も払わされると言った事態が起こっています。

確実に稼げる方法なんて、あかの他人に教える訳がないので、気をつけてください。

 

お金を失うリスクの対策

初期投資の小さい副業からスタートしましょう。

お金が欲しいから副業を始めたのに、お金を失ったら意味がないです。

ちなみにサラリーマンが副業をするメリットはお金だけではありません。

・新しいスキル
・社外の人脈
・視野の広がり
・稼ぐ力に対する自信

 

副業で様々なものが得られます。

とはいえ、お金は重要なポイントです。

副「業」と言う以上は、お金を得るのは一つの目的だと思います。

だから、騙されたり大失敗してお金を失わないために、初期投資の小さい副業から始めると良いです。

私も初期投資の小さい副業(ブログ)から始めました。

 

また、副業初心者のうちに、下記のことをやるのは避けた方が良いでしょう。

・高額セミナーへの参加
・大量の仕入れ
・設備投資

 

初めから大金をかけるのはやめた方が良いです。

給料以外を稼いだことのないサラリーマンなら、なおさらやめましょう。

お金をかけるのは、副業で稼いだお金で払えるようになってからでOKです。

 

誰でも初めは「ビジネスってどうやって始めるの?」と言う状態です。

わからないまま大金を使ってしまうのは、ただのギャンブルになってしまいます。

今は、インターネット上で初期投資が少ないビジネスがたくさんあります。

お金を失うリスクをしっかり抑えて、手ごろなチャレンジから始めましょう。

 

⑤時間を失う

もちろん成果が全く出ないことも考えられます。

「頑張ったのに全然成果がでない」
「何百時間もかけたけど1円にもならなかった」
「副業の時給は10円くらいかも」

 

なんてことになれば、「時間の無駄だった。。。」と感じてしまうかもしれません。

ちなみに「頑張ったけど稼げなかった」は、副業において普通にあり得ます。

 

副業を始める場合、給料のように○○時間働いたからお金がもらえるのではありません。

成果を出して、初めてお金がもらえるのです。

そのため、短時間でも成果が上がれば高報酬はあり得ます。

一方で、どんなに長い時間頑張っても、成果が出なければ報酬は0です。

 

さらに交渉や代金回収も自分で行う必要があります。

「お客様とトラブルになって、約束の報酬が支払われなかった」と言うケースもあるようです。

どんな副業を選ぶかで、リスクの大きさや種類は違いますが、時間をかけてもお金にならない可能性があります。

このことは覚えておきましょう。

 

時間を失うリスクへの対策

実績のある分野に近い副業を始めましょう。

「時間も無駄になったら嫌だなあ」と言う気持ちは分かりますが、副業はビジネスである以上は、一度も失敗しないで成功したいと言うのは無茶です。

・試してみて、成果が出なければ止める
・お金にならなくても、スキルが上達すれば無駄ではない

 

と言った考えがないと、副業を継続することは難しいです。

とはいえ、成功確率は高い方が良いですよね。

だから、自分の持っているスキル・実績を活かせるのが良いのです。

本業で得たスキルを活かしても良いし、趣味で得た実績を活かしても良いのです。

 

成果が出るかどうかは、やっぱりやってみるしか分かりません。

自分のスキル・実績を活かせそうな副業を考え、順番に試していきましょう。

本業がある状態でスタートする副業だから、時間の無駄を恐れる必要もないです。

成果が出なくても、懲りずにチャレンジし続けてみましょう。

 

まとめ

副業には下記のリスクがあります。

・会社にバレる
・過労で体調を崩す
・人間関係にヒビがはいる
・お金を失う
・時間を失う

 

ですが、対策は十分可能です。

副業を始めて良かったと言う人は、かなり多いです。

逆に副業をしないことも選択できますが、実はそれにもリスクがあります。

収入が伸び悩みやすかったり、会社が倒産するといきなり収入は0になります。

普通のサラリーマンをやっているだけでは豊かな生活を得ることは難しいでしょう。

せっかく副業に興味をもたれたと思うので、この機会に一歩行動していきましょう!

 

 

コメント